「体力」は作るもの

==========
令和2年9月26日  今日もクルクル通信768号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

体力

これこそ、ビジネスパーソンにとって最も大事なことだ。

そんな話をしばしば聞きます。

例えば、漫画家の三田紀房さんも、

「体力が自分の強み。

漫画家という職業は1日数時間も椅子に座りっぱなし、書きっぱなし。これには体力が必要。だから、体力がない人はできない」

そう仰っていました。

確かに「体力」ってめちゃくちゃ重要ですよね。

漫画家だけでなく、全ての仕事においても一番大事なのではないでしょうか。

「体力」と言うと、

風邪を引かない、体調を崩さない、物理的体力。

追い込まれても負けない、逃げない、精神的体力。

考え続けることができる、知的体力。

この三つがありそうですが、今回は三田紀房さんも仰っている、物理的体力について書きます。

 

風邪をひかない、仕事を休まない。

当たり前すぎて、基本中の基本過ぎて、語られないことかもしれませんが、超重要です。

どんな時でも、淡々と仕事をしている、その元気な姿を毎日見せる。

ひょっとしたら、これ以上に大切なことはないかも?とすら思います。

この体力は、

体育会系の人はありますよね。

4年間ガチで運動してきているのですから、心肺機能も高いし、筋肉量も多い。それに合わせて、基礎代謝も高いでしょうから、

何もやっていなかった人に比べたら、明らかにあります。

私も、大学4年間ラクロスをやっていましたので、新卒時点では、体力があった部類に入ります。

ただ、もう卒業して20年の月日が経っていますから、さすがに当時の貯金だけでやっていたとしたら、

とっくに食いつぶして、貯金ゼロな状態。それどころか借金を抱えていたでしょう。

でも、今もなお、

体力はあります

それは、「体力が大事だ」と心底思っていますので、「体力がある」状態でいられるようにしています。

体力を作っています。

体力を作るとはどういうことか?

基本的に体力は、

睡眠と食事と運動によって作られるもの

と信じています。

ここに、時間とお金を投じています。

まずは睡眠。

ショートスリーパーの人もいますし、「それの方が良い」なんて話を聞くこともありますが、少なくとも現状、私は寝なきゃダメなので、7時間睡眠を目標にしています。

ハードに働きながら、毎日7時間って確保できなくない?

って話もありそうですが、

ハードワークをするために7時間睡眠が必要なので、

最初に睡眠時間を天引きしています。

そのために、不要なものは出来るだけカットしています。

それでもなお、物理的な量をこなす時間が足りないとしたら、

「どうしたらその量をこなすことができるようになるのか?」

睡眠時間を削る前に、そんな問いを回し、それを潰そうとします。

睡眠時間の確保のために力を投下します。

睡眠の質を向上させるための風呂上りのストレッチマインドフルネスは、書くことができないルーティーンです。

 

食事も、もちろん、かなり気を使っています。

「低糖質高タンパク」を基本の考えにしつつ、量とタイミングも考えて日々行動しています。

平均すると、1日2食くらいでしょうか。

基本、満腹にはしません。

腹がいっぱいになると眠くなり、考えることができなくなりますからね。

頭の回転が良い、午前中の満腹はご法度です。

お酒もほぼ摂取しません。

コンビニで食事を済ますこともありません。

サプリメントも、プロテイン、ビタミンC,Bを軸に、亜鉛やマグネシウム等、それなりに取り入れています。

 

運動で言えば、

毎日一万歩を目標に歩いています。

確認したら、2020年の1日平均が9,400歩でした。

4~5月は、自転車を導入していたので、ここでかなり落ちたので、それを除けば一万歩に届ています。

週1回の加圧トレーニングも3年目に突入しました。

最近は、この錆びきった身体に油を差すために、週一のヨガも導入しました。

朝晩のストレッチポール&ストレッチも毎日の習慣です。

 

こんな感じで、

「体力を作る」ために、お金も時間も結構投資しています。

なぜ、そこまでやっているのか??

それは、もちろん、良い仕事をするためです。

それが、結果的に、人生の幸せに繋がるからです。

物理的体力が充実してくれば、自然と精神的体力も充実してくるとも思っています。

健全な精神は健全な肉体に宿る

って、古代ローマ時代から言われてますしね。

「精神的体力」も改めて書きたいと思いますが、これは多少なりとも、生まれながらの性格も関係するかもしれません。

私の場合は、大抵のことは寝れば忘れてしまいますし笑

 

こんなにやってるのに、風邪を引くこともあります。

風邪がゼロにはなりません。

ジムのトレーナーは、「最後に風邪ひいたのか?記憶にない」って言っているので、ちょっと憧れています笑

風邪とは無縁の体力作りを目指して、日々、習慣をチューニングしていくのです。
*****
【今日のうねり】
一流のビジネスパーソンは体力づくりが欠かせない。
なぜなら、物理的な体力が全ての基盤になるからだ。
体力は、睡眠と食事と運動で作られる。
そこの時間も金も投資を怠らない。
というか、最も投資すべきところだ。
体力があれば、精神力も自ずからついてくる。
良い仕事のために、体力作りは欠かせないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA