飲み会の翌日は、這ってでも出社しろ。

==========
令和2年9月28日  今日もクルクル通信770号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

「遅くまで飲んだ次の日こそ、早く出社しろ。

たとえ、二日酔いになったとしても、定時にデスクに座っておけ。這ってでも出社しろ。

その後、一日中トイレにいても、サウナに行っても構わないから笑」

新入社員の時に、こんなことを言われました。

そもそも、二日酔いだろうが、明け方まで酒を飲もうが、翌日に仕事があるならば定時に出社することは、社会人としての常識です。

「そんなの出来て当たり前だろう」って話なのかもしれません。

でも、それが簡単ではないことも事実ですよね。

誰もが、あの徹夜明けや二日酔いの朝の気だるさを感じた時に、

あー、このまま午前休でも使おうかな?

クライアント直行にしちゃおうかな?

なんなら終日休んじゃおうかな?

なんて、葛藤を経験したことがあるのではないでしょうか。

たとえ、そんな葛藤が生まれたとしても、

這ってでも会社に行った方が良い

と思うのです。

それは、常識というのが理由ではなく、単純に「お得」だと思うからです。

何がお得なのか?

と言うと、この日が、

「ちゃんとしているやつ」というイメージがお得に醸成できるってことです。

中でも、所属している組織全体での打ち上げなど、誰もが「この日は遅くまで飲んでいる」という共通認識を持っている日は重要です。

なぜなら、

この「ちゃんとしている奴かどうか?」ってことを、伝えるのって簡単じゃないから。

特に、若手時代は、自分の所属している部署の偉い人たち(管理職の方)に顔が売れているわけでもないから、この日を使わない手はないとすら思っています。

大抵、管理職の方々って早く出社しているじゃないですか。

だから、この日に早く出社して、朝イチから涼しい顔してデスクに座っている。

内心、気持ち悪くて死にそうだったとしても、涼しいふりをして座っている。

これが、分かりやすく、印象に残りやすいと思うんですよね。

若手なんて、管理職の方々との接点を持つことってそんなにないですし、彼らも、

毎日、その若手がどんな仕事をして、どんなスケジュールで動いているのか?

なんて知らないですからね。

でも、そういった日に「座っていること」自体がメッセージになる

そんな風に思うのです。

もちろん、お客様との深酒をしたり、遅くまで議論をした日でも同じです。

そんな翌日だからこそ、朝一から仕事をする。メールなどを送って、

「今日も今朝も変わらず活動していますよ」

って、メッセージを送るのです。

「せこいやつだ」って思う人がいるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

だって、「ちゃんとしている人」と思われることに一切にマイナスはないですから。

仕事が円滑に進むプラスの要素しかないですからね。

であるならば、

分かりやすく、そういったイメージを持ってもらえる、飲み会翌日を使わない手はないのです。

逆に、そんな飲み会翌日に、

「午前休」や「時差出勤」を使っている人を見ると、いいイメージを持てないですよね?

むしろ、マイナスのイメージを持ちますよね?

深酒して、休んでいるのね。

自分をコントロールできない奴なのね。

ルールを守れない、そういう奴なのね。

って。

飲み会翌日はおさえるべきポイントの日

と言っても良いのかもしれません。

おさえるところをおさえておけば、会社生活は快適になっていくばかりですから。

 

とは言いながら、

二日酔いだろうが、徹夜しようが、槍が降ろうが、いつも変わることなく、あさイチから仕事をすることが一番。

そんな有事に備えて、体力を作ることが大切なのです。
*****
【今日のうねり】
組織人としては、おさえるべきポイントがある。
それをおさえるかどうか?
で、組織での生活の快適さが変わるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA