続けるコツ

==========
令和2年10月2日  今日もクルクル通信774号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

お試しヨガをやってから、とりあえず週1回行くことにしました。

もちろん、まだ成果の実感はないですが、「錆びた体に油を差す」ことができる。そんな感覚はあるので、

とりあえず。でも、やってみるが大事。

です。

ぶっちゃけ、私の身体、問題だらけです。

もちろん、前屈は指先が地面に尽きません。かする予感もありません。

長座もできません。

足首が硬すぎて、正座もできません。

顎を引いても、胸(身体)につきません。

てか、これ、20年くらい前、<スーパードクターK>で「顎が体につかない、指が3本以上入るとガン」って書いてあったんですよね。

焦ったので、よく覚えています。幸いなことに、まだガン宣告を受けていません笑

などなど、とにかく柔軟性とは無縁な身体です。

そんな中、たった週1回のヨガで、身体を変えることができるのか??

正直、甚だ疑問です。

たぶん、週1回だったら、

やらないよりはやった方が良い=現状維持にしかならない

と思っています。

もし、このまま何もやらなかったとしたら、下り坂に下っていくだけですから、現状維持でもそれなりに価値はあるとは思います。

でも、やる以上は必ずプラスに変えていきたい。

スラムダンクで言えば、

オフェンスリバウンドを取って、得点も奪う。

何もしなかったら、-2点のところを、ヨガをやることで、+2点。

合計4点分の働きにしたい。

(ヨガを週1回やるだけなら、オフェンスリバウンドを取るだけ止まり)

そのために、私が先生にお願いしたことは、

「あれこれやらせないでください。一番やばそうなところを重点的に指導してください。

それがどこなのか?は先生にお任せします」

ということでした。

 

私は、継続することだけは得意です。このブログももうすぐ800日連続になりますし。

「得意」と言うくらいですから、普通の人よりは「続けることの経験値も忍耐力」もあるとは思います。

ただ、今回のヨガは「成果が見えにくいのではないか?」と思ったので、

まずは、テーマを一つに絞ることにしました。

人間は、成果が得られないことを続けることはできないからです。

ましてや、できないことを同時にいくつも導入しようとすると、必ず失敗すると思っています。

新しいことは、たった一つでも、認知も肉体も全力でやらなきゃならないのに、同時に複数のことができるわけないんですよね。

難しいことは、できるだけ簡単にして取り組むしかない。難しいことを複雑にしたら、できるわけがないのです。

なので、新しいことやる時は単元は1つが理想だと思っています。

 

今回のヨガは、まずは「股関節周り」を特化することになったんですけど、

当然、宿題をもらっています。

週1回だけでは、維持にしかならない。プラスに変えていくには、日々の積み重ねは必須ですからね。

宿題も1日1回、理想は、朝晩二回が目標です。(最悪、一回になったとしても問題なし)

宿題の数も二個にしてもらっています。

それ以上だと、数を多すぎてやりきれないからです。

しかも、時間の問題も出てきます。

既に出来上がっている朝晩の習慣があって、そこに新しいこと導入するとなると、それらの調整が必要になりますよね。

例えば、5種目同時に導入なんてことになると、追加で20~30分が必要になると思いますが、

いきなり、そんな時間を捻出することは無理ですよね。

面倒。大変。辞めるのが関の山。

だから二つくらいがちょうど良いと思っています。

5分で終わりますから。

それでも、朝晩二回なら10分/日。一週間で70分。

になりますからね、バカにできません。

けっこうな投資になります。小さく積み上げることが大事なのです。

もちろん、これに慣れてくれば、追加であと2種目みたいに増量もできるとは思いますが、

とにかく、出だしこそは小さく始めることが大事なのです。

 

新しいことを始める時は、

負荷をかけすぎずに、小さく始めることが大事。

新しいことの導入は一回につき一つに絞る。

これが、続けるコツ。

だとするならば、

どこの単元を最初に潰すのか?

何が一番のボトルネックになっているのか?

を診断できること。

これが、先生的な仕事に求められる、最も重要な力の一つと言えますし、

やる方も、そこの適切な見定めが必要だと思います。

余談ですが、ぶっちゃけ、私の一番のボトルネックが「股関節周りなのか?」は分かりません。

別の人は、他を指摘するかもしれません。

他のヨガスクールは行ったことがないですし、先生のレベル感も分かりません。

条件に合うのが他になかったですし、今回は始めること重視で進めてしまっています。

まあ、そもそもダメすぎるんで、やったらやったで何か得られるだろうぐらいに始めています。

どっかのタイミングで、ヨガの世界が分かってきたら、「先生を選ぶ」ということが出てくるかもしれませんが。

 

戦略とは順序

という言葉があります。

その順序を定めるには、まずは、

全体像を描き、それを理解することが大切です。

その上で、最も成果が上がる場所はどこか?

を定める。そこから着手することになります。

問題を細分化し、最もクリティカルなところを見定める。

そこを集中砲火し、確実に一つ成果を上げる。

それができたら、次に進む。

ヨガだろうが、筋トレだろうが、商売だろうが、戦だろうが、成果をあげる方法は、古今東西変わっていないと思うのです。
*****
【今日のうねり】
新しいことを始め、続けるコツは、
負荷をかけすぎず、小さく始める。
1回に新しく導入することは1つに絞る。
ことだ。
いくつも同時に導入しても、続かないし、成果も得られない。
どうせ1つに絞るなら、最も効果が上がることに絞りたい。
なので、どこに絞るのか?この診断力がめちゃ重要になるのだろう。
「戦略とは順序」ともいわれる通り、絞っていく順序に力量が出る。そして、成果もそれによって変わるのだ。
この重要性は古今東西変わらないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA