これぞ「究極の商売」の出来上がり。

==========
令和2年10月11日  今日もクルクル通信783号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

感動をすると、誰かに言いたくなる。

これは、止めることができない生理現象と言っても良いでしょう。

例えば、

超美味しいシュークリームに出会ったとき、

「〇〇ってお店があって、ここのシュークリームがめちゃ美味しい!」

って、家族や友人に言っちゃいますよね。

そして、次回のお土産要員にリストアップし、誰かに届けちゃいます。

映画でも本でも、ラーメンでも焼き肉でも、美術展でも、美しい景色でも。

どんなことでも、感動すると人に言ってしまうのです。止められません。

最近の私で言えば、映画の<テネット>。

見終わった直後に、映画好きの友人に、

「テネット見た?一回じゃわからなかったけど、凄かった」

ってLINEしていました。

 

私の友人が、

「感動」サービスをお客様に届けた

という話を聞きました。

正直、めっちゃ嬉しかったです。

その友人は最近、「そんなミラクルあるんですか?」ってことを実現しました。

まだ、そのミラクルを形にしている道中でありますが、すでに、お客様に感動を与えていたようなんですよね。

だって、お客様が、勝手に「ある人」に話をしてしまって、「是非、私にもお願いします!」って話が来ているらしいですから。

また、その「ある人」ってのが、

「まじですか?そこいくんですか?」

ってところなんで、腰を抜かしました笑

彼のサービスの特性上、数多くの方に同時にサービスを提供するのが難しいので、悩ましいところらしいのですが。

そして、ここでは多くをここで書けないのも残念ではありますが…

とはいえ、

紹介されて、一発で相手を心を動かすわけですから、友人ながら、「凄いな」って思わざるを得ません。

もう止められない気配が出て来ています笑

 

「〇〇さんを友人や同僚に勧める可能性はどれくらいありますか?」

これは、<顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」>という書籍の中に書かれていた、その「究極の質問」です。

友人は、この質問に対して、「100%」を引き出しているってことです。

おそらく、この質問に「100%」と言わせ続けることができたら、

文字通り「究極の商売」が出来上がる

とも思います。

なぜなら、これさえできれば、お客様がお客様を呼ぶ。

感動が感動を呼ぶ。

営業もマーケティングも不要のビジネスができる

と言うことですから。

負けようがないのです。

その友人に負けないように、「続け!」と言わんばかりに、一剣を研ぎ続けます。

*****
【今日のうねり】
感動を届ける。これぞ、究極のビジネスだ。
なぜなら、感動をすれば、人は誰かに言いたくなってしまうものだから。
感動が感動を呼び、紹介が紹介を呼ぶのだから。
「〇〇さんを友人や同僚に勧める可能性はどれくらいありますか?」
この問いに、常に100%を引き出せるように、一剣を研ぎ続けるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA