決断して分かる、捨てるというリアリティ

新年早々というか、初日に仕事で大きな決断をしました。
ここでは詳細は書けませんが…かなり大きな決断でした。
二つの選択肢(仮にA&B)がありました。
Aを選んだ訳なのですが、短期的に見たら明らかに Bをチョイスした方が良かったんですよね。
でも、チョイスしなかったんです。
理由は、今年は【礎を築く年】と決めていたからです。
その観点でいえば、Aの方が良かったんです。
そんな決断を新年早々に迫れるとは思ってみなかったのですが…年末に整理をしておいて良かった!とふと、思います。
ここで、行動指針=目標を明確にしていなかったらフワフワしてしまっていたでしょうし、先送りをしてしまっていたかもしれません。
あるいは、長期と短期という視点をそもそも見失っていたかもしれません。
当たり前ですが、目標をちゃんと言語として書き記しておくってことはめちゃ大事ですね。痛感しました。

戦略とは捨てること
あるいは
決めるということは何かを捨てることだ
なんていう話をよく聞きますし、ブログでも書いてきましたが、
いざ自分がやってみるとなると「本当にその通りなんだな」って実感します笑
今までだって、何度も決めてきたでしょ!?
というツッコミもあるかと思いますし、実際そうなのですが、今回は特に感じましたね。
【得られる】と分かっているもの、見えているものを捨てたからなんでしょうね。
【ファストアンドスロー】で、カーネマンも書いていましたが、
人間は失うことに対して過敏に反応する。手に入れるよりも失うことを拒む生き物。まさにそれを身をもって感じました笑
あるいは、
バーディーパッドより、パーパットの方が集中力が高まる
それは、失うことの方を人間は拒むからということも書きましたが、きっとそうなんだろうなということも想像できました。もう一年以上ゴルフをやっていませんが…
それはもちろん目の前のものを手に入れていた方が楽ですよね!?
でも、そうはしなかったので、
【決断した】という自覚を持ち、その代わりに、手に入れるものを最大化して、【礎】を築くべく突き進んでいきます。
具体的なことが書けず、ちょっと抽象的な内容になってしまいましたが、
決めること=捨てること
ってことをリアリティを持って実感した新年幕開けなのでした。

===
■ 100人プロジェクト 81/100(前日比0)!!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら