ブログ効果の実感は【ジャックポット】のごとし!?だからやめられない?

打ち合わせに向けて資料を作っていた時のことです。
ある程度議論すべき内容が整理出来たところで、ふと、一言でまとめるワードを作った方がいいなと思いました。
と言いますか、無意識に考えていました。良い比喩表現ないかな?って。
どんな思考回路が回ってたのか?と振り返ってみると、
まとめていた内容を抽象化して、これと近しいものはないのか?
と考え、
別のフィールドに意識を飛ばしてみる。
共通項はないのか?とサーチする。
これはどうか?と思ったものを見つけたら、くっつけてみる。
良いか悪いか?考えてみる
という感じです。
さらに、その言葉は、
伝えたい人に馴染みのあるフィールドのものか?
ということの検証も大事ですよね。
せっかく見つけて来ても、超マニアックな領域もので、「知りません!」となったら、価値がなくなってしまいますから。むしろ、その言葉の説明に時間がかかってしまって、何のための比喩なのか?全く分からなくなってしまいますからね。本来の【理解促進剤】という役割ではなく、真逆の【理解抑制剤】になってしまいますから笑

【たまたま】うまく関連付けられそうな言葉が見つかったので、資料に入れて打ち合わせに臨みました。
その一言で、メンバーにもその伝えたいことの意味が全部伝わったようでした。納得したような表情もありましたし。
その言葉はポピュラーな言葉だったので、全員の中で共通認識を呼ぶことが出来ました。もしかしたらその言葉が意味する映像まで全員の頭の中に浮かんだのかもしれません。
【たまたま】うまくいったから良かったです笑
何で、そんなことを無意識にやっていたのか?
と考えてみると、毎日ブログ書いてるからかもしれません。いや、それしか考えられません。
過去にもアナロジー思考を読んで、
関係のない者同士を抽象化して結びつけることの重要性

具体的⇔抽象的がなぜ大切なのか?
を書いたこともあります。
何よりも、
毎日ブログの内容をまとめようと、比喩や新しい表現を自分で開発しようと試みているからなんだと思います。
もちろん、毎日良いものが浮かばない、おもろくないものや意味がわからない【理解抑制剤】も多いかもしれません。
ですが、毎日考えているから、トレーニングしているから、無意識に行動していたんだと思います。
少なくとも半年前はそんなこと出来ていなかったので、【進化】ということにしたいと思います。

年末年始に、【Learn Better】という、これまためちゃ面白い本を読みました。
学び方について、【がっつり、じっくり】書かれた本で大変学びがあったのですが、その書籍にも書いてありましたね。
学びを定着させる上で、大事なことの一つは、
アウトプットを出すこと。
インプットした情報であっても、自分の身体をくぐらせて、自分の言葉にするかどうか?で全然精度が変わる。
オリジナルな言葉であれば、理想的だし、アナロジーも効果的だと。
確かに、自分の体をくぐらせて、外に吐き出そうとするときに、脳に大きな負荷がかかりますもんね。
ということで、
これからも、このブログで
吐き出す。吐き出す。毎日吐き出すトライを毎日やって行こうと思うのです。
今回みたいな、【進化の実感】が不定期に起こるから、書くことがやめられなくなるのかもしれませんね。ジャックポットやスロットマシーンなのか分からないですけど、ある種のギャンブルに近しい部分があるのかもしれません。
明日からも宜しくお願いします。
===

■ 100人プロジェクト 81/100(前日比0)!!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら