【引く発想と足す発想】を使い分けることbeautifulなLifeにつながる!?

今日は電通同期T君と卒業以来初めて会いました。
ちょうど昨夜サッカー日本代表のベトナム戦を見ている時に、
「相談があるって」というメッセージをもらい、【翌日に会っている】というスピード感。たまたまお互いのタイミングがあったとはいえ、【思い立ったら吉日!】というか、フットワークの軽さ、行動の早さというのはやっぱり大事ですね。謀らずとも、本当に【今日しかない!】というタイミングで話せて良かったです!T君ありがとうございました。

さて、そうは言いながらも昨晩から急激にお腹の調子がめちゃくちゃ悪いです。凄い勢いで下しました。
恐らく、昨日食べた何かで当たったんだと思います。
昨晩から今まで対処としてやったことは、
【何も食べずに、ひたすら水を飲むこと】オンリー。
単純に何も食べれなかったというのはありますが…
もちろん、ここで【病院に行く。薬を買って服用する】という方法もあるでしょう。今回は、発熱があるわけでもないし、インフルエンザなどのウィルス系でもないだろうという勝手な判断で、上記の原始的な方法で対応しました。
僕はもうちょっと重たい症状でも、基本的に、
投薬なし。寝ること+上記の方法
というスタイルです。別の言い方だと、
【足す発想というよりは、引く発想】です。
体調が悪くなった局面では、自然治癒力で治したい。
その自然治癒力は体の中のあらゆる臓器のパフォーマンスだと思いますので、それを最大化したい。そのためには、負荷をかけないことが大事だろう。薬の処理も負荷になるだろうから服用しない。というのがこの発想の原点です。
まあ、幸いなことに時間の経過とともに、回復しているので、功を奏しているようです。やっと食欲が出て来ました。
インフルが流行っていますので、引き続き油断は出来ませんが…

この【足す発想というよりは、引く発想】はお料理の話もよく聞きますよね。
美味しくするために、様々な調味料を足していくのではなく、
いかに足さずに素材の旨みを引き出すか?
という話です。
もちろん、スパイスをふんだんに使った方が良い場合もあるとは思いますが。
ビジネスではどうでしょうか?同じことがありそうですね。
仮に、
事業領域をどんどん拡大していくのか?
あるいは、既にある事業領域をどんどん尖らせて、掘っていくのか?
ということを考えた場合、共通部分がありそうですよね。

はたまた、個人の成長ではどうでしょうか?
これも共通部分がありそうですよね。
例えば、「さらに力をつけたい!」と思った時に、いきなり
「資格だ!中小企業診断士だ!いやいや、スキルだ!エクセルだ、PPTスキルだ!いややっぱり経営っしょMBAだ!ビジネススクールだ」
という学びに振り切るというのもあるでしょう。
一方で、そちらに突っ込む前に、
「ちょっと待てよ、自分の強みってなんだっけ?そこを尖らせていくという方向もあるのかも」
と立ち止まって、振り返ってみる。それを見つけて、逆にそれを尖らしていく。という選択肢もありそうです。
こちらは【引く発想】と捉えてもよさそうですよね。

ドラッカーは【強みで勝負すべし】あるいは【自分にしかできないことしかやってはならない】
と言っています。
このメッセージも【引く発想】と捉えることが出来そうです。
まずは、自分の強みを見つめ直して、発見する。そこに焦点を合わせて鍛えあげていく。
そこから初めて足してくという順序もありそうです。
もちろん、足さずにそのまま掘り続ける加えていくものもありますよね。
一回戦、尖らせて後だと、どちらが【正解】というのはなさそうです。だとすると、
「どちらで行くのか?」を都度自分で決めることが大切そうです。
【戦略とは順序】である
という言葉もありますので、
【足す発想と引く発想】を上手に使分けられるとbeautifulな生き方が出来るのかもしれない
と、腹痛な一日を過ごしながら考えたのでした笑

===
■ 100人プロジェクト 84/100(前日比0)!!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら