「御礼の型」から「お願いの型」へ。まずは1つ型を身につける。

==========
令和2年10月25日  今日もクルクル通信797号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

昨日は朝10時から夜6時までセミナー。

終了時間が6時予定でしたが、大幅に延長。終わったら8時30分を回っていました。

以前はこのセミナー、毎回9時までだったので、この大幅延長にも、集中力を切ることなく、楽しむことができました。

ただ、これが初めてだったとしたら、ヘトヘトどころか、間違いなく最後まで集中力は持たなかったことでしょう。

どんなことでも、人間は経験し、「免疫力」をつけていくことが大事ですね。

 

さて、昨日のメインテーマはコミュニケーションでした。

その話の超小さなトピックの一つに

「御礼メールの書き方」

がありました。

これは、構文としては完成されていて、それがサラッと紹介されていました。

その構文は、次のような3段階構成です。

会食翌日の御礼メールを例とすると、

①昨晩は、ありがとうございました。(必要であれば、ご馳走様でした)

②自分にしか書けない一言を加える

③もう一度、ありがとうございました&引き続き宜しくお願いします。

と言った感じです。

②の自分にしか書けない一言ですが、何も大層なことを書け!という話でありません。

ご一緒した時間の中で、

この一言が身に染みたな、

とか、

この話は印象的だったな。面白かったな。

とか、

これは、早速使わせて頂きたいと思ったな

などなど、自分がその場で感じ取った一言を加えるということです。

これって、一人一人反応する部分が違うので、結果的に、自分にしか書けない一言になるというわけです。

この一言に、その人の個性も出るので、相手にも自分らしさが伝わるのです。

「えっ、こんなこと、普通じゃない?当たり前じゃない?」

って思われた方は、ここから先はお読みいただかなくてもけっこうです笑

 

確かに、当たり前のことかもしれません。

ただ、大事なことは、

言語化して、構文として、これを持っているのか?

なんだと思います。

これは、今日は出来たけど、明日は出来なかった。では困るんですよね。

「御礼」なのですから。百発百中。再現性がなければ意味がないのです。

「知っている、分かる」と「できる」はまるで別物。

たかが、御礼メールかもしれませんが、されど御礼メール。

個人的には、超重要だと考えております。

 

当の私は?と申し上げますと、幸いなことに、これと全く同じ構文を完全に身に着けておりました。

別に、「自分が凄いだろ!」という話ではなく、

「身につけざるを得なかった環境」で育ったというだけです。

それは、電通の新入社員研修です。

今はどうだか知りませんが、というか、今は違うとは思いますが笑

当時、電通の新入社員研修は、

昼ではなく、夜が本番でした。笑

基本毎晩会合です。

(注:電通では「会食」のことを「会合」と呼んでいます)

新入社員のメンバーは固定ですが、毎回ゲストが変わります。

(研修は、「班」単位で行動することになっており、1班10名で構成されます。)

ゲストは社員のこともあれば、社外の方のこともあり、多いと10名以上になることもありました。

仮に研修期間が40日だとしたら、少なく見積もっても150人の方とご縁を頂戴したと思います。

ありえないですね、素晴らしすぎます笑

多くの場合、この夜の研修の終了時刻はミッドナイトを過ぎます。

翌朝の始業は9時30分。

絶対に遅刻は許されません。研修期間中の遅刻は特にやばいらしいです。

でも、我々新入社員は、「9時30分に会社に到着すればよい」ってわけではないんですよね。

なぜなら、

始業前に、前の日にご一緒した先輩方への御礼周りをする

からです。

ゲストの人数次第ですが、遅くても8時30分には出社し、一人一人のデスクにお伺いしておりました。

とはいえ、こんな時間帯に出社している先輩も少ないので、実際にお会いできることはほとんどありません。

その時に発動するのが、

お礼メモをデスクに残す

という行為です。

人によって、メモのサイズは違いますが、ポストイットが定番でした。

75ミリ×75ミリ。決して大きくはないので、紙面は限られています。

しかも、同時に10人の新入社員がそのデスクにメモを残します。

そこで考えるんですよね。

短い文面の中にいかに自分らしさを残すか?

ってことを。

ただでさえ、先輩は10人の新入社員の名前と顔を一致させることなんてできません。

そんな中、少しでも爪痕を残したい。覚えてもらいたい!と思ったら、印象に残る一文を残すしかないのです。

ぶっちゃけ、これって、超めんどくさいんですよ。眠いし。

ゲストが10人いたら10人分デスクを訪ねなきゃいけない。

全員が同じフロアとは限らないので、平気で1時間ぐらい時間がたっちゃうんですよ。

もちろん手書きですし、誤字脱字があったら「二重線」ってわけにもいかないので、全文書き直しです。

そんなことまでする必要があるのかよ?

って思う人がいるかもしれませんし、意味があったのか?は分かりませんが、

「御礼」という最も基本的なコミュニケーションの「型」を身につけられたこと。

その基礎体力が養われたことはめちゃくちゃ大きかった。

と思います。

実際、その型は、以後のビジネスパーソンとしての基本動作になりましたからね。

そのままメールにも転用していきました。

何もこれが役に立つのは会合の御礼だけではありません。

「お願い」の時も、この時に見つけた「型」を使い倒していました。

リアルに会いに行く。いなければまずはメモを残す。またデスクに会いに行く。

それでも会えなければ電話をする。

会う。手書きメモ。電話。メール。

どんな時に、どのようにこれらのツールをどう組み合わせるのが良いのか?

そんなことを、最初に身に着けた「挨拶の型」を応用し、使っていきました。

結果として、「お願いの型」も体得できたように思います。

言い換えるならば、

「お願いをお願いにできる力」を身につけたとも言えます。

 

一つ、成果の出るフォーマットが身に着くと、それを変形させることで、別の成果のフォーマットも身に着けることができるんですよね。

たかが御礼。たかが、お願い。たかが、挨拶。

って思う方もいるかもしれませんが、

「されど」なのです。

良い仕事も、この基本ができこそだと思うのです。

実際、こういったことを大切だと仰っている方も、いらっしゃいます。

例えば、資生堂の社長の魚谷雅彦さん。

彼は、「朝、挨拶が出来ない奴は、上には立たせない」って言っていました。確かプロ論だったと思います。

御礼や挨拶。そして謝罪。

これらコミュニケーションの基本が気持ちよく出来れば、大抵のことは上手くいく。

そう信じています。

基本が大事なのです。
*****
【今日のうねり】
成果の出るフォーマットを一つ身に着けることができれば、かなり楽になるだろう。
なぜなら、それを変形させることで、また別の成果の出るフォーマットを身に着けることができるからだ。
そのフォーマットの中でも最も波及効果の高いものが、挨拶、御礼、そして謝罪ではないか。
まずは、ここから。コミュニケーションの高い基礎力を見つけるのが肝要なのだ。