「形容詞を使わずに書いてください。」これ、一生忘れません。

==========
令和2年10月27日  今日もクルクル通信799号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

御礼することも、営業することも、通底していることは同じ。

それは、相手に自分を気にかけてもらえるにはどうしたらいいのか?

という問いを回し、それを形にすること。

気にかけてもらうには、

自分の個別具体の話を伝えることが大事。

一昨日の話で言えば、

自分にしか書けない一言を書くこと。

そんなことを昨日書きましたが、今日も続けます。

就職活動の時に、慶應ラクロスの先輩であり、電通の大先輩でもある、小島さんから頂いた、エントリーシートへのコメントは、一生忘れることはないでしょう。

それは、

形容詞を使わずに書いてください

でした。

はあ?形容詞を使わない?

この人、正気で言ってんのか?って思ったんですが、真顔だったんです。その表情から、これは本気なんだってことを理解しました笑

なぜ、形容詞を使ってはならないのか?その理由は、

形容詞の内容は、自分で言うことではないから

です。

例えば、

私は、

責任感がある

とか

リーダーシップがある

とか

行動力がある

とか

元気がある

とか

そういうことを書いたとします。

でも、これって、

相手が客観的に判断することだよね?自分で言うことではないっしょ!

仮に自分がそう思っていたとするならば、そう思っている根拠となるエピソードを具体的に書きなさい。

というものでした。

だって、同じエピソードを聞いたとしても、

リーダーシップがあるやつだな

と思うのか

責任感があるやつだな

と思うのか

かわいげのあるヤツだな

と思うのか

人それぞれ違うから。

確かに、仰る通りなんですが、どう書けばよいのだろうか?

と苦悶したこともはっきりと覚えています。

結果、自分で書き切ることができず、私のエントリーシートは、同じラクロスの先輩かつ電通の先輩でもある、加藤さんが全部書いてくれました…笑笑

 

今朝歯磨きをしているときに、

この形容詞の話って、昨日の書いた、「個別具体の話を書く」ということとまったく同じじゃん!

って思ったんですよね。

ブックライターの上阪さんも、全く同じように、

「小学生の文章がなぜ幼稚か分かりますか? それは形容詞ばかりを使うからです」

と話をしていたことも思い出しました。

楽しかった。嬉しかった。悲しかった。

早かった。遅かった。

綺麗だった。可愛かった。

などなど。

たしかに、これらの形容詞って、小学生っぽい稚拙な文章に頻出していますよね。

この形容詞を多用していることが、幼稚さの原因にもなっているんですよね。

もし、「美しい」と感じたのであれば、

なぜそう感じたのか?

具体的に記述する。これが大事なのだと。

例えば、

昨日、見た夕日が綺麗でした

と書くならば、

昨日、お母さんと一緒の買い物の帰り道、空を見上げると、ちょうどビルとビルの間から、夕日が見えました。

夕日が、ビルの窓に反射して、きらきらしていました。ずっと見ていたかったけど、まぶしすぎて、目をそらしてしまいました。

ちょうど時間は5時ぐらい。日が沈むのも早くなって、夏も終わっちゃったなぁと思いました。

って書いた方が良い。ということです。

自分がそのとき感じた理由。情景であれば、それをこと細かに描写する。

それの方がよっぽど相手にも伝わるし、自分にしか書けないものになる。

あるいは、

「今日は超寒くない?」と話すのか?

「昨日よりも、気温が5度下がっていたよ」って話すのか?

「今日は、乾燥している」と書くのか、

「今朝、部屋の湿度計は23%だった」と書くのか?

どっちが分かりやすいのか明らかですよね。

そんな話をされていました。

まぁ、気温や湿度計の話になると、感覚ではなく、「ファクトで語れ」っていう別の話にもなってしまいますが。

いずれにしても、

形容詞を使わず、個別具体の話を書く。

ということは、自分らしさをお伝えする上でも、分かりやすい話をする上でも、大事なんですよね。

自分らしく、分かりやすい話をする

ということは、どんなことにも欠かせない、コミュニケーション基礎でもあるので、確実に身に着けておきたいものです。
*****
【今日のうねり】
形容詞を使わずに、個別具体の話を記述することは、自分らしく、分かりやすい話をすることにもつながる。
これは、コミュニケーションの基礎でもあるので、確実に身に着けることが大切だ。
基礎だからこそ、これができれば、御礼も営業もお願いも、できるようになるのだ。