「But, yes」からのBadman。「Yes, but」からのBatman。あなたはどっち?

==========
令和2年11月12日  今日もクルクル通信815号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

Yes, but なのか?

But, yes なのか?

これって、仕事をする上で、めちゃ重要な姿勢だと思います。

仕事だけではなく、社会は、人から何かをお願いされ、自分も誰かにお願いをする。

ことによって、成り立っています。(社会って言うと、急に話がデカいですが…)

なので、誰もが年がら年中、「お願いし、お願いをされる」を繰り返しています。

簡単な依頼は、誰でもできる。

なので、誰でも、「Yes」の一択。

大事なのは、難しい依頼を受けた時です。

そこで、真価が問われますよね。

その時に、お願いに応えてくれる人と、応えてくれない人がいます。

その違いはどこから来るのだろうか?

と考えた時に、出てきた答えの一つが、冒頭の、

Yes, but なのか? But, Yes なのか?

です。

 

「〇〇さん、××をお願いしたいんですけど、ご検討いただけますでしょうか?」

「いやー。難しい(無理)ですね。一応検討してみますが」

これがBut, yesスタイルです。

一方で、Yes, butスタイルは

「ありがとうございます。一旦、どうすればそれができるのか?を検討してみます。

ただ、△△が理由でちょっと難しい部分もあるかもしれませんので、少しご相談をさせて頂くことが出てくるかもしれません」

こんな感じです。

依頼した方は、どちらの対応の方が気持ちが良いのか?と言えば、当然ながら、

前者よりも後者ですよね。

圧倒的に。

そもそも、「難しいのが分かっていて、依頼してんだよ」って話。

にもかかわらず、初っ端から、「実質No」を言われてしまったら、

「あれってやる気ないよね?」

って、依頼した方は思ってしまいます。心象も最悪です。

もしかしたら、このコミュニケーションスタイルをとる人の中には、打算的に、これをやっている人もいるかもしれません。

期待値コントロールみたいな。

最初に「できない」と言っておいて、「やっぱ、できました!」って言った方が、

お客様を喜ばせられる。

手柄を立てられる。

感謝される。

ピンチを救ったヒーローになれる。

なんて思っている人もいるかもしれません。

もちろん、それをやると、効果的な局面があるかないか?と言えば、あるとは思いますが、レアだと思います。

そもそも、これは、かなり高度なテクニック。

やり方を間違えたら、心象を悪くするだけの「諸刃の剣」になります。

(個人的には、使いません。気持ちよく仕事をしたいと思っているので)

そんなことも考えずに、ナチュラルに、But, yesをやっている人がいるとしたら、

大損をこきまくっているので、大至急改めて方が良いでしょう。

マジで、誰からも愛されない人になってしまいますから。

 

このBut, yesスタイルは、相手の心象を悪くするだけではありません。

これでも十分恐ろしいのですが、同じくらい、いや、もっと恐ろしいのが、

実際に、依頼に応えることができないことです。

「But, yes」からの結局、「No」

になる可能性がめちゃ高いと思うのです。

なぜなら、

頭から、「No!」と言ってしまっているから。

先に「無理」「難しい」と言っている人は、

なぜ、それが無理なのか?難しいのか?

その理由探しからスタートしてしまいます。

できない理由を探し、その理由を検証する。

そんな思考が、できない行動生み出すから、結果的にも、できない

んだと思うのです。

一方で、「Yes, but」の人は、先に「Yes」なのですから、

どうしたらできるんだろうか?

この問いが真っ先に頭に回ります。

できる理由探しからスタートします。

「無理」から始まる人とは真逆なんですよね。

どうしたらできるのか?

を考え続けているから、もしかしたら、「あれとあれがなんとかなればできるんじゃないか?」という解決の糸口が発見できるんだと思うのです。

その「あれとあれ」をクリアするために、自社で調整することもあるかもしれませんし、お客様にお願いすることもあるかもしれません。

でも、全ては、依頼に応えるため。ベストを尽くすための行動だから、誰もが前向きに協力してくれるのです。

もちろん、それでも、「できること」も「できないこと」もあるでしょう。

Yes, butでも最終的に、Noになってしまうこともあります。

でも、Yesになる確率が、どっちが高いのか?と言ったら、圧倒的にYes, but

なんだと思うんですよね。

お客様にとっても、自分にとっても、Yes, butなのです。

 

「But, yes」からのBadman

ではなく、

「Yes, but」からのBatman

になるのです。
*****
【今日のうねり】
生きる上での大切な心的態度は、「But, yes」だ。間違っても、真逆の「But, yes」になってはならないのだ。
良いことが一つもない。
相手からの愛されないし、実際に、依頼に応えることもできないから。
先に、「Yes」と言うから、「どうしたら、それが実現できるのか?」という問いが脳内を駆け巡る。だから、できる確率が高まる。
でも、Noを先に唱えたら、できない理由を探してしまう。だから、できない。
「Yes, but」からのBatman

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA