人生で初めて出会った「カリスマ」の言葉。

==========
令和2年11月26日  今日もクルクル通信828号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

「優しさは力の中にある。力なき優しさは、ただの同情にすぎない」

という恩師・加藤昭先生の言葉を昨日ご紹介しましたが、今日も続けます。

加藤先生は、大学受験の時に通っていた、「ウイニング」という英語塾の先生です。

塾と言っても、先生は加藤先生だけ。

テキストなどの教材は全て、加藤先生の手描き。完全オリジナル。

0から100まで、加藤先生が作った、加藤塾でした。

加藤塾だから「勝とう!」で「ウイニング」という名前です笑

 

加藤先生は、私が生まれて初めて出会った「カリスマ」でした。

そして、「言語を操る達人」でした。

「カリスマ」だと感じた理由は、

受験英語を教えてくれたというよりも、むしろ、その授業を通して、

「人としての在り方、人としての生き方」を指南してくれたから。

だと、今では、というか、「今」思いました。

当時はそんなことは気づいていませんでしたが。

私のセボネに刻まれている、いくつもの「加藤先生語録」があるのですが、もう一つだけ挙げさせて頂きます。

「無知は罪」

です。

「無知は罪。知は力。良く学ぶように」

と仰っていました。

この話の時は、必ずセットで、「なぜ、これを思うようになったのか?」という話をして下さいます。

それは、

医師の診断ミスで奥様が死にかけた。

そんな話でした。

本当に何でもない、人的な「凡ミス」によって、奥様の命が危険にさらされた。

幸い、一命は取り留めることができ、無事に回復。最悪の事態は避けることができたのですが、本当に危なかったそうです。

で、その原因は、単なる、担当医の知識不足にすぎなかった。

らしいです。

以来、その先生は、「無知は罪」だと強く思うようになったそうです。

同時に、「凡ミス=ケアレスミスだけはダメ」という信念も持ったようです。

一瞬逸れますが、ケアレスミスに対しては、途轍もなく厳しかったです。

こんな感じでした。(今じゃ、絶対ありえないですけどね笑)

毎年、12月30日から1月3日に合宿がありました。

1日2回のテストがあり、ここで、ケアレスミスによる、失点をすると、先生にシバかれるんですよ。ガチで笑

あのケアレスミスをしてしまった時の恐怖。思い出しただけで、寒気がします。

 

この「無知は罪」と、「優しさは力を中にある」という話は、私の辞書にはセットで収録されています。

先生は、この二つの話を別々にしていましたが、私の中ではワンセットなのです。

無知は罪。

「知識がない」は「力がない」ことと一緒。

力がなければ、人に優しくすることなんてできない。

できるのは同情だけ。

でも、同情は人に役に立たない。ただの有難迷惑でしかない。

「人の役に立ちたい=人に優しく出来るようになりたい」と願うのであれば、力をつけるしない。

その力の根幹には、知識が欠かせない。

と、理解(解釈)をしているからです。

まあこれは、私の勝手な解釈なので、加藤先生が意図したものかどうか?は分かりませんが笑

でも、何でも良いんですよね。

言葉やメッセージは、その受け手の解釈によって、変化するものですし、

何より、20年経っても、私の心にこれらの言葉が刻まれているんですから。それで良いのです。

 

でも、本当に「無知は罪」ですよね。

自分の信じて下さっているお客様に対して、それに見合うだけのサービスを提供できていない

ということでもありますからね。

自分のお客様にとって、「これがベスト」だと提案し、実際に、それをお買い上げいただいているにもかかわらず、他にもっといいものがあった。

なんてことがあったとしたら、ほんと罪じゃないですか。

そこに投じたお金も時間も無駄になる。

ほんと、有難迷惑。いや、有難くも何でもない、単なる迷惑です。

そんな迷惑をかけたくないと思うのであれば、やるしかないんですよね。

学び続けるしかありません。

知識をつけ、力をつけ続けるしかないのです。

日々、弛まず、それをやり続けていると、実際に力が付いてくる。

力がつくから自分を信じることもできるようになる。自信も生まれるのです。

さらに、学ぶ。さらに力をつける。

こんなサイクルを続けてさえいれば、きっと「優しく」なれるのです。

 

「強く(タフで)なければ生きていけない。優しくなれなければ生きている資格がない」

という、映画「プレイバック」の名セリフもありますよね。

強く優しくあるために、日々学び続けるのです。
*****
【今日のうねり】
「無知は罪」。「優しさは力の中にある」のあるのだから、知識を蓄え、力をつけたものだけが優しさを手に入れることができるのだ。
「強くなければ生きていけないし、優しくなければ生きている資格がない」というセリフもある。
優しく、強くあるためには学び続けるのだ。