たかが、寝起きの足マッサージ。されど。

==========
令和2年12月10日  今日もクルクル通信842号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

風呂上がりはパンツの次はレッグウォーマーを履く。そんな季節になってきました笑

というわけで、私は、とんでもない末端冷え性。もう冷え性歴、25年。そろそろベテランと言えるかもしれません。

で、そんな話をヨガの先生にしたところ、

「いいやつがあるので、ちょっとやってみましょう」

と、「足指マッサージ」を教えてくれました。

それは、

①足の指を1本ずつ手でつかんで、10回上下に振る。

②足の指の間に手の指を突っ込んでグルグル足首を回す。(この時、手と足の指でがっちり握手するイメージらしいんですが、これがめちゃ痛い)

③足の裏を叩く

④また、②をやる

⑤足の甲や裏に、叩く&擦るなどの刺激を入れる

時間にして5分弱。

たったこれだけです。

でも、すっげえ足があったまるんです。

これが気に入ってしまって、毎朝。トイレ&うがいの次にやるようにしました。

習慣の導入です笑

数々、冷え撃退法をトライしてきましたが、これはけっこう良さそうです。

トライした方法は、例えば、

「正座」

です。

といっても、足首が硬すぎて正座ができません。

なので、正座をしていると、足先に血液がいかなくなり、青くになってしまいます(鬱血?)

その状態をできる限り我慢。「もうだめだ!」ってところで、解放すると、一気に血液が足の先端に流れ出して、足があったかくなるんです。

こんな荒療法?もやっていました笑

それに比べたら、だいぶ健全な方法ですし、しばらく続けてみます。

たぶん、末端冷え性の人って、血管が詰まっているんですよね。

理由は人それぞれだと思いますが、私の場合は、関節や筋肉の硬さが大きな原因の一つだと思います。

水路に、大小さまざまな石が挟まっていて、水の流れが悪い。

それを、ほんのちょっとのマッサージをするだけで、

一時的であっても、その関節の動きが良くなることで、

水路の大小さまざまな石が取り除かれるかごとく、一気に血液が流れている。

そんなビジュアルイメージを持っています。

 

繰り返しになりますが、時間にしてみたら5分にも満たない、たったこれだけのことです。

でも、明らかに効果はあります。

まあポカポカした状態で洗面所に行って、顔を洗って、ヒゲ剃って、歯磨きしていると、もう元に戻ってしまっているんですけども…

最初はこんなもんでしょう。

ただ、このマッサージに、加圧トレーニング。日々のヨガ&ストレッチポールを継続することによって、

この「あったか継続時間」をどれくらい延ばすことができるのか?

を密かに、目標にセットしました。

万が一、これで冷え性が改善されたら、個人的には革命です。

なので、期待値ゼロ。無欲で淡々と続けていきたいと思います。

 

たったわずかなことで、成果が得られることって仕事でもありますよね。

例えば、

会食翌日の御礼メールや御礼置手紙に、「自分にしか書けない一言を添えることができるかどうか?

もそうですし、

毎朝出勤した時に、「おはようございます!」と言えるかどうか?

終業時には「お疲れ様でした。お先に失礼します」と一言言えるかどうか?

確認依頼を添付アリのメールを送った時に

確認して欲しい箇所を、具体的に本文に記載できているかどうか?例えば、「P10の〇〇を確認ください」と一言添えることができるかどうか?

いずれも、たったこれだけのことかもしれませんが、やるかやらないかで、結果って変わってくるんですよね。

もちろん、一つ一つの成果は小さいかもしれませんが、続けて行くと、必ず、大きな差を生むと思います。

 

ほとんどの場合、小さなこと。

でも、その日々の小さなことを疎かにしない。その姿勢を大切にするのです。
*****
【今日のうねり】
日々の小さなことを疎かにしない。これが大切だ。
たしかに、やることも起こることも、一日単位で見たら小さなことだろう。
でも、続けて行くと、必ず大きな差になるのだ。