全ては「認識」に亀裂を入れることから始まる。

==========
令和2年12月11日  今日もクルクル通信843号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

昨晩は会食でした。

日頃から公私ともに大変お世話になっている鮒谷さん。大先輩経営者の2人。そして、今、人気爆騰中の「あの方」とご一緒させていただきました。

この辺りの詳細はまた改めて書きたいと思います。

 

さて、開始時間の10分前に会場に到着すると、既に、鮒谷さんと先輩経営者の方が到着されていました。

既に会話が盛り上がっていて、まずは「どんなお話をされているのか?」をキャッチアップしようと、聞くことに集中しました。

3分も経たないうちに、

バリッ、バリッと「認識」に亀裂が入って行く音が聞こえました。

主に投資関連の話をされていたのですが、金額の桁が2つくらい違うんですよね。

(そもそも、私は、投資やっていないですが笑)

もちろん、私とは事業の桁がそもそも違うことは知っていましたが…

実際、目の前で、といいますか、私の頭越しに展開されると(三人横イチの席配置)、

リアリティが、全然違うんですよね。

私にとっては、非日過ぎる話なのに、お二人は顔色一つ変えることなく普通に話している。

こういうのを目の当たりにすると、違和感を覚えるわけです。

お話を聞きながら、「へー、そうなんすね」とか言いながら、相槌を打ってはいましたが、

心の中じゃ、

「やっぱ、違うわ、これ。てか、あれ?おれ、ここにいていいんだっけ?」って思っていました笑

この問いが生まれることが、「認識に亀裂が入る」ということなんだと思います。

そうこうしているうちに、主賓の方が到着し、いよいよ会がスタートしました。

っていっても、こっちは、会が始まる前からソワソワしてしまっていたので、落ち着くまでに時間がかかりましたが笑

 

目より先に手が肥えることはない

という格言が書き手の世界ではあるそうです。

もう誰から聞いたのか?も覚えていませんが、インパクトが強かったので覚えています。

この言葉の意味するところは、

良い作品を書こうと思ったら、まずは良い作品をたくさん見るしかない。

見ることによって、目を肥やす。目が肥えるから良い作品を書くことができる。

逆に言えば、見なければ、書けるようにならない。

という意味です。

自分がすげえものを作りたいと思うんだったら、すげえものを沢山見なきゃいけない。

ってことですね。

料理人で言えば、

美味いものを作ろうと思ったら、美味いものを食べなきゃいけない。

ということ。

先日書いた、スタミナ苑で修業した木原さんの話もこれに通じますね。

一流に触れて、心が震える。そして、日々それに触れることで、自分でも作れるようになった

ってことですから。

自分の基準を上げようと願うならば、まずはその高い基準を見ることが大事。

とも言い換えることができるでしょう。

あるいは、

腕を上げようと願うのであれば、まずは見る。触れる。それによって、認識を書き換えることが欠かせない

とも言えるとも思います。

 

人生を振り返ってみても、十分思い当たるフシがあります。

例えば、サッカーがそうでした。中学から高校に上がって、初めて高校の練習を見た時に、

「やべえ、こりゃ、レベル高いわ。やっていけるのかな?こんなとこで」

ってビビったんです。

でも、実際に入部して、そこで必死に練習をしていると、半年もたたないうちに、そこでプレーすることが日常になっていました。

普通にいいプレーも出来て、レギュラーにもなれました。

でも、技術面って、そこまで急激に上がるものではないと思うのです。

何が変わったのか?と言えば、

「認識」だったって、思うんです。今から思えば。

「あー、ここまでやっていいんだ!」

とか、

「こういうプレーしていいんだ!」

とか

「この動きはありなんだ!」

という発見を、先輩方とプレーする中でしていくんです。

その発見を実際に取り入れてみる。上手くいく。すると、成果が出る。結果、腕が上がっていく。

そんな感じだと思うのです。

この発見って、今までの認識への亀裂だと思うんですよね。

「目が肥えた」から「足」が動くようになったんですよ、きっと。

 

ドラゴンボールの悟空のお馴染みのセリフ、

「オラ、つえぇやつと会うとワクワクすんぞ」

これも同じですよね。

このセリフは、いつも、悟空が自分より強いヤツと対峙している時に出ます。

で、最初は相手の方が強いんですけど、最終的に悟空が勝ちますよね。

それは、「バトルの中で、悟空が成長する」ことが主な理由ですが、

これも、バトルの中で、悟空の認識が書き換わって、持っていた力が引き出されているのではないか?

て思うんです。

 

見て触れて、認識が広がる。それによって、持っている力が引き出される。

これが正だとするならば、

自分を高めようとする時、何かを学ぼうとする時、何よりも大事なことは、

まず認識に亀裂を入れること。そして、それを書き換え、拡張すること。

なのではないか?って思うのです。

 

認識が拡がるから、新しい基準が生まれる。すると、

「どうすればそこに達することができるのか?」

と日々自問自答が生まれる。それによって、自分の力が引き出される。磨かれていく。

これが成長のメカニズムなのかも?

とも思うのです。

認識破壊が先。行動は後から。

素晴らしい、諸先輩方に「追いつけ・追い越せの精神」で、日々走るのです。
*****
【今日のうねり】
「目より先に手が肥えることはない」という言葉があるが、これは。腕を磨こうと思うのであれば、良いものをたくさん見て、触れるしかない。それなくして腕が磨かれることはないという意味だ。
つまり、凄いものを見る、触れることによって、自分の認識を破壊することなくして、変化は生まれないということだ。
これは、どんな行為も同じ。
もし、変化を起こそうと思うならば、行動を起こそうと思うならば、まずは認識に亀裂を入れること。これが大事だ。
認識が変われば、基準が変わる。
それによって、自分の力が引き出され、行動も成果も変わるのだ。
「認識破壊が先。行動は後から」なのだ。