「しょせん幸せなんて自己申告」 うーん、良過ぎるタイトル

==========
令和2年12月23日  今日もクルクル通信855号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

ベンチャーキャピタルのコンテストで最優秀賞を受賞しました!

作家として、賞を取りました!

書いた書籍がアマゾンのカテゴリーランキングで1位になりました!

社運をかけた会社のプロジェクトのリーダーに任された!

念願の海外赴任が決まった!

希望していた会社からオファーをもらった!

とか。

日経新聞で、同級生の写真付きインタビューを発見する。

とか。

数多くの友人の活躍をメディアやSNSを通して見聞きすることが増えてきました。

昨日、「あいつが!」って話を聞いたと思ったら、

翌日には、「えっ、そんなことも?やば!すご!」

そんなこともしばしばあります。

おかげさまで、驚きや喜びを頻繁に貰える、そんな「飽きない」日々を送らせてもらっています。

そんな話を見聞きする度に、

「俺も負けてられないぞ、頑張んなきゃ!」

なんて、勝手にエネルギーをもらって、勝手に自分の気持ちを高めています。

以前、

エネルギーの源泉は人の繋がりなんじゃないか?

そんなことを書きましたが、改めて、その確からしさを感じる今日この頃です。

活火山のマグマのように、いつも自分の内側からエネルギーが湧き出てくれば良いのですが、

そんなこと、できませんよね。

人からエネルギーをもらうから、自分のエネルギッシュになれる。

と思うのです。

強いて言えば、自分の中にある小さな火種を消さないようにするのは、自分の頑張り。

その火種に、油を注いだり、チャッカマンのごとく火をつけてくれるのが友人。

自分1人の力でエネルギーに満ち溢れた人生なんて無理。

夢や志を持って、自分の人生を立ち向かっている仲間がいてこそ、自分もそんな生き方ができるのではないか?

そんなことを感じます。

先日、毒舌漫談で有名な、「中高年のアイドル」こと、「綾小路きみまろ」さんの自伝を読みました。

タイトルは、

「しょせん幸せなんて、自己申告」

もうタイトルが最高すぎますよね!

この書籍は先週末にあった、鮒谷さんの月一セミナーで、紹介されていたものです。

もちろん、「綾小路きみまろ」さんのことは知っていましたし、漫談も何度も見て、大笑いさせてもらってきました。

ただ、彼の足跡などは全く知りませんでした。

この綾小路きみまろさん、

下積み生活30年だそうです。

司会者を目指して上京したのが19歳の時で、ブレイクしたのが、52歳の時。

そのきっかけとなったのは、

観光バスに毎日配布していた、漫談のテープ

だったそうです。

毎日、自分で自分の漫談をダビングして、それ段ボールに詰めて高速道路のインターチェンジへ。

そこにいる、休憩中のバスガイドさんに、

「よかったら、空き時間にこれを聞いてください」

とお願いして回っていたらしいんです。

最初は、不審がられて、受け取ってもらえなかったそうですが、

渡した本数が、3,000本に達した頃、突然全国のバス会社から電話が殺到したそうです。

この殺到から、1年後に初めてCDをリリース。それが、

ダブルミリオン=200万枚のセールスを記録。

押しも押されぬトップ芸人になったそうです。

最後の1年だけを切り取れば、「シンデレラストーリー」になってしまいますが、その裏には、30年にもわたる、膨大な下積み期間があったんですよね。

その話に触れて、マジで心が震えました。

この書籍はマジで激熱なので是非読んでいただきたいです。

数あるエピソードの中で、最も熱かったのは、ビートたけしさんとのエピソードです。

当時きみまろさんは歌舞伎町のキャバレーで司会をやっていたそうです。

そのキャバレーにまだメジャーデビューする前のたけしさんが漫才をしていたそうなんです。

司会をしながら、たけしさんの毒舌漫才を見て、「この人、かっこいいな」って、思っていたそうです。

目もギラギラしていたとか。

そうこうするうちに、たけしさんが一気にブレイク。日本の芸能界の中心に駆け上がっていったそうです。

そんなたけしさんの活躍をテレビを見る度に、まだキャバレーで司会をしていた、きみまろさんは、悔しい気持ちで胸がいっぱいになったそうです。

ついこの前まで一緒のところにいたのに…彼がこんなに活躍していて、俺はまだここにいる…

そんな気持ちが湧くたびに、夜の公園に行って1人で漫談の練習をしたと言います。

それから、30年後、きみまろさんもメジャーデビューを果たし、たけしさん一緒に仕事をする機会に恵まれたそうです。

そこで、きみまろさんは、たけしさんに、

「歌舞伎町のキャバレー時代からずっと憧れていました」

と伝えたそうです。

すると、たけしさんが、

「何を言うんだよ、きみまろさん。憧れてたのは俺の方ですよ。

あなたがしっかり世に出てきてくれて、俺の見た目はやっぱり間違ってなかった。そう思うことができた。

よくぞ這い上がってきてくれた。感謝してるのは俺の方だ」

と言って、手を握りしめてくれたそうです。

どうやらたけしさんは、当時からきみまろさんのことを気にかけていて、ちょいちょいキャバレーに見に来てくれていたらしいんですよね。

ヤバくないっすか、この話。

涙がちょちょきれますよね。

5回読み直して、5回涙が出ました笑

きみまろさんとたけしさんは友人関係ではなく、会った回数もほんのわずか。

でも、お互いに感じ合うものがあった。意識し合う、刺激し合う同志だったってことかもしれませんよね。

幸いなことに、冒頭に書いた通り、私には、

刺激をくれる、素晴らしい友人、先輩がたくさんいます。

本当にそれだけは自慢できます笑

そんな環境に感謝しつつ、「追いつけ追い越せ」の精神で、今日も駆け抜ける。

それしかないのです。
*****
【今日のうねり】
エネルギーは自分の内側からずっと湧き出てくるものではない。
周りからもらうから、自分にも満ち満ちてくるものなのだ。
だとしたら、いかにそんな仲間と巡り合えるのか?それが人生には大切なのだ。
そういう仲間がいれば、追いつけ追い越せの精神でエネルギッシュに人生を歩めるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA