潜る、屈みこむ。跳躍する。

==========
令和2年12月26日  今日もクルクル通信858号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

潜伏期間三十年。

これは先日ご紹介した、綾小路きみまろさんのこと。

彼は自分の下積み生活をこのように表現していました。

潜伏期間が30年間もあったのだから、それが発現した時の破壊力は半端じゃありませんでした。

メジャーデビュー一枚目のCDからセールス200万ですからね。

でも、「そりゃそうですよね」とも思うんですよね。

だって、一つのことを30年間ひたすら追い続ける。

しかも、自ら「潜伏」と表現するくらい、誰にも気づかれず、ひっそりと鳴りを潜めて。

そんなことって、そうそうできるものじゃありません。

普通だったら、諦めてしまいますよね。

でも、そこを耐え忍び、追い続けたから、やり続けたから、大ブレイクがあったんですよね。

まさに、「シンデレラストーリー」の裏には、「超絶地味なストーリー」が編まれているんだと思うのです。

 

潜伏。潜る。

という話で思い出されるのは、バサロ泳法です。

(飛びすぎか!?笑)

バサロ泳法といえば、バルセロナ、オリンピックで背泳ぎで金メダルを取った、鈴木大地さんですよね。

幼かった当時、「バサロ、バサロ」という言葉を何度も聞いたことを覚えています。

あれも「潜水泳法」と呼ばれるようです。

彼のバルセロナオリンピックの30メートル潜行によって、翌年には、ルールが改正(潜行は10メートルまで)されたそうです。

一人の泳法によって、ルール改正ですからね。

その破壊力は、水泳に馴染みがなくても容易に想像がつきます。

ちなみに、鈴木大地さんは、「黄金の足を持つ」と言われた、バサロのパイオニアだそうです。

ただ、このバサロ泳法ですが、

無呼吸状態により血中の酸素を大量に消費するため、選手には相応の体力が要求される、かなり危険な泳法

でもあるそうです。

推進力はあるけど、身体への負担もデカい。ある種の「諸刃の刃」的なところがあるのでしょう。

(実際、潜水はつらいっすもんね)

これは背泳ぎのことですが、後に、マイケル・フェルプスが、200メートル自由形とバタフライでもこのバサロ泳法を取り入れ、前代未聞の7冠を達成したそうです。

wikiによると、

現在では特に背泳ぎ、バタフライにおいて15mまでを制限いっぱい潜行できるか、その15mをどれだけ速く泳げるかが勝負の重要な要素となっている。

ようです。

 

余談ですが、コロナウイルスは、潜伏期間が2週間らしいですが、インフルエンザは4日前後。

ウイルスにおいては、潜伏期間と感染力や破壊力には相関はなさそうです。

(あくまで、二つをウイルスだけの話ですが)

 

潜伏。潜水。

という話で言うと、潜水艦にも触れないわけにはいきません。

映画でいえば、「レッドオクトーバーを追え」や「クリムゾンタイド」などがあります。

漫画でいえば、「沈黙の艦隊」。

とにかく潜水艦は、レーダーで検知するのも難しく、最強の兵器の一つ。

という印象があります。

敵に気づかれることなく、敵陣にたどり着くことも、攻撃をすることもできる。

時に、いきなり浮上してからの攻撃ってのもありますよね。

こんなことを書いていたら、実家に帰って、「沈黙の艦隊」を読み直したくなってきました笑

一気に姿を現した時には、形勢を大逆転させる力を持っている

という点においては、バサロ泳法も、きみまろさんのような下積みの力も同じ。

これぞ、沈み込む力。

ともいえるのかもしれません。

別の表現で言えば、

屈んで、屈んで、屈みこんでエネルギーをためるからこそ、大ジャンプができる。

ということなんですよね。(知り合いの大経営者が仰っていたことがこれですね

だとすれば、

大きな跳躍には、どこかで深い屈みこみや潜り込むことが必要。

とも言えなくもありません。

 

昨日で、今年が閉まり、年末年始の大型連休という人も多くいるかもしれません。

こんなまとまった時間なんてなかなかありません。なので、

来年の大いなる飛躍に向けて、

自分はどれくらい潜る、屈みこむ力があるのか?

それをやろうと思ったことがあるのか?orやったことがあるのか?

そんなことを自らに問い、来年の目標や計画を立てても良いのかもしれません。

ということで、今日は、昨日封切られた「えんとつ町のプペル」を見に行ってきます笑
*****
【今日のうねり】
潜伏する力。潜る力。屈みこむ力。は大いなる跳躍には欠かせない。
確かに、それをやる人はそう多くはない。
だからこそ、それをやった時に、大いなる果実を手に入れることができるのだ。
どこかでそれをやらねば、大いなる跳躍はない。のだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA