マリオのbジャンプの高さは、ボタンを押した長さで決まる。人の変化も同じ。

==========
令和2年12月29日  今日もクルクル通信861号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

昨日は、初めての転職も後押ししてもらった、西野さんの「魔法のコンパス」に触れながら、

何かを手に入れるためには、物理的にも精神的にも、今持っているものを捨てなければならない。

大きな跳躍(西野さん風に言うと、「種の変更」)のためには、まずはそれが必要なのではないか。

そんなことを書きましたが、今日も続けます。

今持っているものを捨てる。別の表現でいえば、「深く屈みこむ、潜る」とはどういうことなのか?

これは、

今、持っている資源の配分を変えること

なんだと思います。

資源とは、個人でも組織でも、

時間と金。

大きくはこの二つです。

組織の場合は、「人」という資源もありますが、人も「時間を手に入れるための資源」と捉えることができるので、今回は時間にまとめます。

この二つの資源の配分を、今の状態からどのように変えるのか?

これが、「種の変更」につながることであり、そのための「潜る、屈みこむこと」になるのです。

西野さんの例で言えば、

テレビの仕事=金を捨てて、絵本を描くための時間を手に入れた。

ということになりますし、

私の場合でも、電通という大企業の長期安定的な給与を捨てて、新しいコンサルタントしての経験(時間)を取った。

と言い換えることもできるかもしれません。

まぁ、西野さんのテレビの稼ぎと大企業のそれとはケタが1,2つ変わってくるとは思いますけども笑

いずれにしても、その新しい挑戦に対して、

どの程度、時間と金という現有資源をぶっこむのか?

どの程度、劇的にやるのか?

それが「種の変更のダイナミックさ」を、「屈みこむ、潜り込む深さ」を決める決めるのだと思います。

「スーパーマリオ」で言えば、ジャンプボタン(b)を押している長さが、ジャンプの高さを決めますよね。

その間は、他の動作ができないので、クリボーとかにやられるリスクがありますが、その分「大ジャンプ」ができるのです。

これと同じように、金と時間という資源を突っ込めば突っ込むほど、屈みこみが深くなります。その間はやられるリスクはありますが、その分、「大ジャンプ」が「期待」できるのです。

あくまで、「期待」ですが笑

 

資源の初期配分は、一般的には次の4パターンが考えられます。

①金もある。時間もある。(敏腕経営者)

②金はある。時間がない。(大企業勤務)

③金はない。時間がある。(ニート)

④金もない。時間もない。(ダメ経営者)

これで考えると、「マタイの福音書」にある

「おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。」

というのも、納得ができます。

持っている人は①で、持っていない人は④になりますから。

①の人は、新しいチャレンジに「金も時間も」さらに再投入できますから、独走態勢にガンガン突入していくわけです。

かなりざっくりしたパターンになってますが、おそらく誰もが、いずれのパターンに当てはまるのではないでしょうか。

 

さて、新しいチャレンジをしたいというならば、「種の変更」を望むのであれば、

自分の現有資源の配分を崩すことが必要になります。

これが、ぶっちゃけ怖いんですよね。

特に、初めてこれをやるときは、怖い。

やったことがないから怖くて当たり前です。

でも、やってしまえばなんてことないのです。

少し肌寒くなってきた9月に、プールに入るときの心境みたいなものです。

「寒いよ。いやだよ。体が冷えちゃう。風邪ひいちゃうよ」

って、びくびくしている。でも、実際に飛び込んでしまえば、何とかなる。

慣れて来たら、プールの中のほうがあったかい。

みたいな。

だとすると、資源配分を崩すには、ある程度の思いっきりも必要になりますかね笑

 

西野さんの例に戻ると、

彼はテレビという一番デカい仕事を捨てて、代わりにゲットした時間を、絵本作りに投下したんですよね。

タモリさんに「絵を描け」って言われたけど、さすがに絵はきつい。でも、物語は好きだったから絵本に着地したらしいです。

彼は書籍でも語っていますが、

普通に戦っても、絵本のプロに勝てない。でも、絵本のプロは作品を作ることに追われているのではないか?

自分は、一作品に膨大な時間を投じることができる。そこで差別化するのはどうだろうか?

そんな仮説の元に、4.5年の月日をかけて、一冊を作ったようです。

まさに、これも自分の資源配分を変え、それを投入することによって、見事に大ジャンプを果たされたと捉えることもできます。

 

戦略とは、(長期繁栄のために)現有資源を配分すること

と言われることがあります。

そして、この配分の変更は、頻繁に起こすことではありません。

数年あるいは10年に1回くらいのことなのかもしれません。

頻繁ではないからこそ、やるたびに恐怖ということもあるでしょう。

でも、今のままの配分を維持することのほうが怖いこともあるのです。

資源配分を固定化するということは、変化をしない。

ということですからね。

環境変化にも対応できない可能性もあるのです。

「種の変更」ではなく、「種の起源」で有名なダーウィンは、

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き残るのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化出来る者である」

って、言っていますよね。

ということで、「再び自らの資源配分を大きく変えてみよう。生存戦略を見直そうか」

そんなことを考える、年末なのです。
*****
【今日のうねり】
「種の変更」のためには、時間と金という資源配分の見直しが不可欠だ。
一般的には、人が投じることができる資源はこの二つだからだ。
ただ、これを変えることは怖いことでもある。安定を崩すことになるから。
でも、それをしなければ、生き残ることはできない。変化対応ができなくなるからだ。
「戦略とは、現有資源を配分すること」と言われるのが、そのゆえんだ。
生存のためには、変化を恐れず、新しいチャレンジをし続けるしかないのだ。