臆病者は運が良い!?

いきなりですが、大学3年生のときの就職活動で、
自分自身のキャッチコピーを【臆病な挑戦者】としていました笑
たった数か月で就職活動はやめてしまい、大学院進学を決めてしまったので、どのエントリーシートにも書くことはなかったですが笑
これは当時読んだ、司馬遼太郎の【花神】。その主人公・大村益次郎の【軍略は臆病から出るのだ】というセリフにとても感銘を受けたからです。
大村益次郎は、医師、西洋学者であり、戊辰戦争での総司令官。日本の陸軍の創始者とも言われている人物です。
彼は何か身に危険を察知すると、真っ先に、誰よりも先に逃げたそうです。理由は簡単、命を失ったら何もできないから。逆に勇気があるなんて思っちゃうとロクなことがない。それをアテにして、過信をして命を落とすことがある。だから、臆病者の方が良いし、良い戦略を立てられるんだ
という話だったと記憶しています。

僕は高校までの10年サッカーをやり、大学4年間はラクロスをやりました
が、いずれも今は一切やりません。
ラクロスは、大学卒業後1度もやったことがないですし、サッカー・フットサルも社会人3年目の年末を最後にやめました。
年末、高校サッカー部で集まってサッカーをする恒例行事があるのですが、そこで小さな怪我をして、年明け早々キーボードを満足に打てなくなったことがきっかけです。
これを機に、
業務に支障が出る可能性があるスポーツは一切やらない
というマイルールを確立しました。
ということで、スキーやスノボーといったウインタースポーツも一切やりません。(サッカー・ラクロスをやっていた時も基本やりませんでしたが)

そのルールを確立後も、フットサルやサッカーのお誘いが受けることが何度もありましたが、都度お断りをさせて頂いてきました。
年末の恒例行事は、観戦+飲み会の参加という形です。(このところ行けてはいないですが)

お断りをさせて頂く際に上記の理由を説明すると
「いや、いや、ないない。そんな怪我なんかしないから大丈夫だよ、やろうよ!」
という説得をされることも多々ありましたが、丁寧にお断りをさせて頂いてきました。その頑なさに、
「中田、硬いなー」とか、「ストイックだなー」とか
何度も言われてきましたが笑
でも、僕にとっては大切なことでした。
そんなことで、
人生のど真ん中に置いている仕事を思いっきり出来なくなるなんてもったいなすぎるから。

先日、ご紹介した【修行論】の中に、
第2次大戦の連合艦隊総司令官であった東郷平八郎のエピソードがありました。彼も、相当な慎重派。あるいは【臆病者】だったらしいです。
それは、
道の歩いている時に前方に荷馬がいるのを見て、道の反対側にそれを避けたことがあった。すると、同僚から、
「武人が、馬を恐れて道を避けるとは何事か!?」
と問われると、
「万が一、突然暴れて、怪我でもして、本務に支障があったら、それこそ武人の本務にもとるでしょう」
と回答したというもの。

「やべえー、これ、僕と全く同じじゃん!」
ってリアルに思いました笑

ちなみに東郷平八郎が総司令官に推薦された理由は、
【彼は運がいいから】
だったそうです。
果たして、生まれながらにして運がいいのか?
はたまた、リスク回避能力に長けていたのか?
は分かりませんが、この逸話を聞くに後者だとして良さそうです。

ということで、これからも
仕事をど真ん中に置きながら、それを阻害する要因は未然にできる限り防ぐ。仕事に全力を尽くせる環境を作って行こうと思うのです。
そして、
「中田って運がいいよね!」
って周りの人に言われたり、自分自身でも
「運がいいなー」
ちょいちょい思って生きれればよいなと。
正のエネルギーを充満させる、【アロマ香る男】を目指していきたいと思うのです。

===
■ 100人プロジェクト 85/100(前日比0)!!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら