人生の難問は、言葉という補助線で解きやすくなる。

==========
令和3年1月20日  今日もクルクル通信883号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

格子錯視

という絵を昨日見ていました。

「暇かよ!」って話ですけど…例えば、これです。

この絵の中に、円が16個あるというものですが、皆さんはすぐに見つかりましたか?

私は、なかなか発見ができませんでした。

でも、諦めずに眺めていると、ある時、急に円が浮かび上がってきたんですよね。

「おぉ、見える、見える、見える。キタコレ!」

内心けっこう盛り上がりました。

不思議なもので、1度見えるようになってしまうと、簡単に見えてしまうものなんですよね。

今まで気づかなかったのが不思議に思えてしまうほど、それにしか見えなくなります。

これは、だまし絵の一種なのかもしれませんね。

だまし絵ですと、「ルビンの壺」が有名ですよね。壺にも人の顔にも見える、というアレです。

だまし絵でも、格子錯視でも良いのですが、

見えなかったものが見えたときって、茂木健一郎さん風に言うと「アハ体験」の瞬間ですよね。テンションが爆上がりします!

最近で言うと、

鬼滅の刃>のアニメのオープニングの柱たちの袴がガーターベルトにしか見えない

ってのがtwitter上で話題になっていました。これも同じ「アハ体験」かもしれません。

 

目(錯視)の話ではないですが、耳(幻聴?)の話でいえば、

「誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる」でお馴染みの「空耳アワー」が有名ですよね。

このコーナーを知ったのは小六の時でしたが、この番組と出会う遥か以前に、私は空耳アワー体験をしていました。

その楽曲は、ビリージョエルの「uptowngirl」。

冒頭の「uptowngirl」(0:11の箇所)が幼い私には、「ウォッ チン毛」にしか聞こえなかったんですよね。

この曲を聞くたびに、「ウォッ チン毛」と両親、兄に言いまくっていました。

どこまで本気だったか分かりませんが、かなり賛同をしてもらって、満足していたと記憶しています。

 

ただ聞く。ただ見るとは異なりますが、数学の補助線問題は一本線を入れるだけで、見えていた世界が一変しますよね。

そのまま見ているだけでは、全く分かんないんだけど、1本線を引いた途端に、一気に解法が見えてくる。

「なんで、こんなの気づかなかったんだ!」ってくらい簡単に思えてしまう。

これも、一本の補助線で「アハ体験」!空耳アワーとも、格子錯視とも同じと言えそうです。

 

我々が日々直面する問題も、これらと同じ部分があるのかもしれませんよね。

例えば、

ある方向からそれを見ていると、ピンチにしか思えなかったものも、別の方向から見た途端に、それがチャンスに思えてくる

ということがありますよね。

先日ブログで書いたような、私の友人の飲食店経営者がやったことなんてのが良い例です。

昨年4月に緊急事態宣言が出た当初、それはどう見たって、ピンチにしか思えなかったのですが、結果的にそれが、飛躍のチャンスになったんですからね。

実際に彼がこの言葉を言っていた訳ではないですけれども、

「これをチャンスにする方法はないのか?」

そんな問いかけ(言葉)を自らに与えていたみたいです。

でなければ、逆風を追い風に変えることなんてできるわけないですよね。

そうだとするならば、

言葉は、人生で直面する様々な問題を解く上での補助線になり得る

と言い換えても良さそうです。

実際、人生で出会ってきた「恩人」と思える人って、言葉を使って、直面していた問題や悩みを解くヒント、すなわち補助線を引いてくれてなかったでしょうか。

少なくとも、私はそうでした。

 

数学の補助線問題は、からっきしダメでしたが、人生で出会う問題は、言葉という補助線を巧みに使って、解き明かせるようになりたいもの。

そのために、書き続けていくのです。
*****
【今日のうねり】
錯視も幻聴も、一度、見えるように、聞こえるようになってしまうと、それにしか思えなくなるもの。
数学の補助線問題も、同じだ。たった一本の補助線で見えていた世界が一変するのだ。
人生で直面する問題の補助線になりうるものは、言葉だ。
どんな難問であったとしても、言葉一つで、見える世界がやっぱり一変し、ピンチがチャンスに様変わりするのだ。
人生の難問も美しく説いていけるように、言葉の達人を目指すのだ。