【最悪の状態を想定して、でき得る最高の準備をする】大切さ

インフルエンザは特効薬の効果で、日を追うごとに症状は緩和されて来ました。
ただ、あろうことか、今日妻に陽性反応が出てしまいました。
僕が陽性反応が出てから、家庭ではできる限り対策をとってきたつもりではありましたが、甘かったようです。
家の中は妻が徹底して除菌をしてくれましたし、食事は一緒にしませんでした。(というか、そもそも食欲がなかったですし)
2人とも常にマスク。ほとんど会話することなく、というか接することもなく過ごしていました。睡眠はもちろん別室で行っていました。
でも結果、感染してしまいました。
木曜日の昼に陽性反応が出た瞬間に僕だけが、
すぐそこのホテルに移るor実家にその場で帰る
というチョイスがあったにもかかわらず、それを選ばなかったことが悔やまれます。
一切接しないという観点で言えば、これがベストだったはずですから。
私自身初めてのインフルエンザということもあり、まあこれぐらい離れておけば大丈夫だろうなんて気持ちがどっかにありました。
実際、木曜日当日はそれなりに辛かったので移動する気持ちも湧きにくかったというはありましたが…
これから学び取る教訓は
最悪の状態を想定して、でき得る最高の準備をする
ということでしょうか。
なんかビジネス書や戦略書などどこにでも書かれてそうなことですね笑
でも、やっぱりどうやら真実のようです。
僕自身がインフルエンザの強さを全く理解していなかったor想像できていなかった=敵をなめていた。勝手に「これくらいだろう」と決めつけてしまっていた。
その結果、「まぁこれぐらいの準備や対策で大丈夫だろう」
と勝手に値踏みした。
こうやって振り返ってみれば、もう完全に入り口から間違っていますね。
なんで気づかなかったんだろうかっていうレベルです。
ただ、【敵の強さが測れない場合】ってのは、【最悪の状態の想定】が難しくなりますね。
この場合、どう対策するのか?
これに対する回答はまだ出ていないのですが、今回でいえば、少なくともググって【先人に学ぶ】といったところは出来たかもしれませんが、既に感染していてかなり思考力が落ちていたのでそこまで頭が回っていませんでしたね。
(今日になってググってみましたが、あんまり有益なことは書いてはなかったのですが…)

ということで、まだインフルエンザに感染されていない方は感染しないように最大限の準備をしていただきたいと思います。
特効薬を飲めば24時間で熱は下がりますが、その期間はかなりきついです。
全身の筋肉痛や頭痛など、強烈です。
万が一、ご家族がいらっしゃる方で感染してしまった場合は、
大至急自分を隔離する状態を作ること
をオススメします。
実体験に基づいて書いていますので、お役に立てれば嬉しいです。

2日前に書きましたが、診察してくれたお医者さんが
「家族いますか?いるんだったら、すぐそこのホテルにこのままチェックインするか、実家が東京だったらお願いして帰るといいですよ」
と一言言ってくれれば、未来は変わってくれたのかもしれません。
まああのお医者さんには無理だと思いますし、全部自分の責任ですけれども…
お医者さんという人の命と向き合う職業であればこそ、そういった気の使い方こそが命なのかなぁ
なんて改めて思うのです。

===
■ 100人プロジェクト 86/100(前日比0)!!
ラスト15人!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら