【あなたの常識】と【彼の常識】に〇〇があればあるほど、そこには金鉱脈がある!?

昨日、クライアントからご一緒していないプロジェクトのことで、
「ちょっと相談がある」という連絡を頂戴し、今日打ち合わせをしました。
こうやって、ご連絡を頂戴できるだけでめちゃ嬉しい訳です。
現在、直接お仕事をしている方ではないのでなおさらです。

さて、
プロジェクト概要をざっくりお伺いして、彼に求められているであろうと思うことを、お話をさせて頂きました。
それは、僕の電通時代の経験に基づくことが多かったのですが、
打ち合わせが30分ぐらい経ったタイミングでしょうか、彼が
「もう学びが多すぎてお腹いっぱいです、ありがとうございました!またお願いします!」
と仰られました。
正直、動揺とは言いませんが、めちゃくちゃびっくりしました。
「えっ、えっ」って感じです笑
なんせ、お話しさせて頂いたことは、代理店の営業経験が長い私にとっては当たり前。常日頃から考え、教え込まれた【身体知】に近いものばかりでしたから。語弊を恐れずに言えば、ある意味の【常識】も含まれていたからです。
にもかかわらず、彼にとっては【学び】になっている。
なんだが不思議な気分になりましたが…感謝されたので役割は果たせたのかなと思っています。

これって、つまりよく言われる、
【あなたの常識は彼の非常識】
あるいは、
【あなたの当たり前は、彼にとっては当たり前ではない】
って話、そのものですよね。
僕にとっての当たり前は、お客様にとっては当たり前じゃないこともありますし、
もちろん、逆の場合の
お客様の当たり前が僕にとっては当たり前じゃないこともあります。
この場合は要注意で、丁寧に事をすすめなければなりませんが。

ただ、これって【話してみなきゃ、聞いてみなきゃ、わからないこと】ですよね!?間違いなく。
自分で気づくことは極めて困難。だって当たり前だと思っているのですから。
であるならば、出来るだけ多くの方と沢山話す。それを繰り返していくうちに自分では気づくことが出来なかった、【自分の価値】や【強み】という部分に気づくことがあるってことの表れでもあると思います。
この【常識】あるいは【当たり前】のギャップが大きければ大きいほど、
【価値が大きい】んだとも思います。
【アービトラージ】ってやつですかね。

このギャップをどのように大きく取るのか?
っていうのが【価値の源泉】になり得る。
あるいは、そこに【金鉱脈がある!?】ってことを改めて考えました。

やはり、多種多様な人と触れ、会話をする。この【他流試合】を多く実施することで、【自ら価値観が広がっていく】だけでなく、思わぬ【自分自身の発見!】にも巡り合えることもある。
今回のように人様のお役に立てることもあるようです。
ということで、これからもガンガン人と出会い、話をして行こうと思うのです。

===
■ 100人プロジェクト 87/100(前日比+1)!!
Sさん、改めまして昨晩は有難うございました!
ラスト13人!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら