あだ名は「ヒデ」。名前負けしないようにしねぇとな

==========
令和3年2月28日  今日もクルクル通信912号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

「小学校ではあだ名が禁止されている」

数日前、教員免許を取っている友人に聞きました。

ちなみに、彼は免許を持っているだけで、教員ではありません。

ググってみると、確かにネット上でも話題になっていました。

あだ名はおろか、下の名前に「君付け」や「ちゃん付け」ですら禁止になっているらしいです。

禁止の理由は、「いじめにつながる可能性があるから」「あだ名で呼ばれない人がかわいそうだから。差別になるから」だそうです。

「苗字+さん付け」で呼ぶこと。この方向で小学校の現場は動いているそうです。

正気で言ってんの?」って一瞬耳を疑いましたよ。

「キムタク」も「ガッキー」も「真央ちゃん」もダメですか?タモリは?

「ジャイアン」「スネ夫」は大丈夫ですか?ドラえもんは放送できるんですか?

確かに、子供が付けるあだ名には残酷なものは沢山ありますよ。

サルっぽいから「サル」、太っているから「デブ(変形ブーちゃん)」。

理由は覚えていませんが、「カルガモ」って呼ばれている奴もいました。

この辺りは、よくある話かもしれませんが、

「サリン」って呼ばれている女子もいましたよ。

地下鉄サリン事件をきっかけです。彼女の苗字が「三輪」だったから。

「ミワ⇒サンリン⇒サリンでよくね?」彼女は「サリン」になりました。

命名したのは、私です。

が、大して普及しませんでした。

そりゃそうですよね、完全アウトですよ。あの歴史的大事件をあだ名に使っているんですから。

でも、今でも彼女のことを、愛をこめて「サリン」と呼んでいます。

どうでもよいですが、母親は「サリンちゃん」、妻は「サリンさん」って呼んでいます。

今の学校社会だったら、家族揃って追放されることは間違いなしです笑

このようなあだ名を命名される本人が、一体どんな気持ちなのか?は分からないですが、超絶勝手なこと言わせてもらいますと、

あだ名って良くないですか?

呼んで呼ばれて、距離が縮まりませんか。

私は、ちゃんとしたあだ名で呼ばれるようになったのは、高校生になってからだったので、それまでずっと、「あだ名」がある人が羨ましかったです。

知り合った人に、「なんて呼べばよいの?なんて呼ばれているの?」って聞かれて、

「特にないです、なかたです」って言うのが寂しかったですもん笑

これが「かわいそうだから」禁止になっているらしいですけど、そんなどうでもよいです。

あだ名をつけやすい人もいれば、つけにくい人もいるわけで、そんなの差別でも何でもないし、仕方ない。だけだと思うんですけど。

子供なんて、そんな深く考えていませんよ。でも、それでコミュニケーションが円滑に進めばよくないですか?

 

初めての「あだ名」は「まーすけ」でした。

それ以前に命名された大して普及しなかったあだ名は、

たわしorスチールウール

オヤジ

です。

たわしだって、ひどくないですか?食器用のブラシかよ!!って話です。今だったら完全アウト。髪の毛がたわしみたいにゴワゴワしていたから、たわしです。

その後、スチールウールにアップデートされましたが、そのきっかけは、理科の「酸化鉄」の実験でした。

そこで、スチールウールを使用しました。その時、田中ってやつがこんなことを言ったんです。

「これも、中田の髪の毛みたいじゃね?」

教室は笑いに包まれました。

これで、スチールウール。

これだけなら、まだいいです。さらに、彼はこんなことを言ったんです。

「先生、だったら、この実験やらなくてよくないですか?だって、中田の髪の毛になるだけですよね?」

教室は大爆笑。

ひどいはひどい。でも、僕は内心、「美味しい」とも思っていました。こんだけの大笑いが取れたんですからね。

なんなら、「田中、サンキュー」くらいに思っていましたよ。

したら、その理科の先生が、大激怒。

「田中君、人の身体的なことで笑いを取ってはいけない!!」

会場はシーンとなりました。滅多に怒らない先生だから、なおさらシーンとなりました。

一番かわいそうなはボクですよ。その一言で「美味しい人から痛い人」に一気に転落しちゃいましたから。

「僕の髪の毛コンプレックスを刺激しているのは、むしろ先生ですよ」

そう言ってやりたかったです笑

大人が必ずしも、子供の世界やルールを理解しているわけじゃないのです。

何でもかんでも、大人目線、論理で禁止するのはいかがなものかと思うんですよね。

 

大学に入ってからのあだ名は、ヒデ。あるいは、じじいでした。

社会人になってからは、鶴ちゃん(片岡鶴太郎さんに似ているから)、ゴルゴ。パンチ。うんぱち。

でした。

「パンチ」と「うんぱち」は、「たわし」とほぼ変わりません。髪の毛起点。パンチパーマっぽいから。パンチ。

「うんぱち」はパンチの並び順の変更で、「ンパチ⇒うんぱち」です。

鶴ちゃんに関しては、実は、物心ついたくらいから言われていました。生まれ育った商店街で。

「あの呉服屋さんのお孫さん、鶴ちゃんに似ているわね」

って。

未だに、鶴太郎さんに似ていると言われますから、人生のほぼ全部が鶴ちゃん似です笑

 

さて、大学時代のヒデ。じじい。です。

「中田だからヒデ」。入学当初、そんな感じで「世界の中田ヒデじゃん!!」なんて言われていました。

でもある時から、「毎日散歩しているから。習慣が多いから。うんちくも多いし、じじいっぽくね?じじいでよくね?」で、あだ名がじじいに変更されました。

私が、それっぽいことを言えば、

「出たぁ、ジジイのうんちく!!」ってしょっちゅう弄られていましたね。

でも、当の本人の私は、気分が悪いものではなくて、むしろ良かったんです。あの理科の実験ほどじゃないですけど笑

それを言われる度に、

「もっと、うんちくを言えるようになろう」って密かに思って、うんちくネタを探していました。

名前に引き寄せられるように、振る舞いが変わったのです。

当然、ヒデでも弄られていましたよ。

例えば合コンの自己紹介。

「中田です。ヒデって呼んでください!!」

「中田だからヒデ。世界のNAKATA?うわー、名前負けしてる」

(失笑)

何度かそんなことを経験し、ある時から、

「中田です。ヒデって呼んでください。名前負けしないように頑張ります!!」

自分からそう挨拶するようになりました。

人は学習する生き物なのです笑

 

最近、大学ラクロス部の後輩にオフィスをシェアさせてもらっています。

後輩の中には、味を占めて「じいさん」って呼ぶ奴も多い中、(呼ばれるたびに、「それ、敬語じゃねえから」って心の中で思っています笑)

彼は、未だに「ヒデさん」と呼んでくれます。少なく見積もっても、週に20回はヒデさんと呼ばれています。

「マサユキ」なのに、そんなに頻繁に「ヒデさん」って呼ばれると、否が応でも「世界のNAKATA」を思い出します。

そのたびに、あの時の合コンの自己紹介のように、

「名前負けしないようにしねぇとな」って自分に言い聞かせているんです。

 

タイガー魔法瓶は、魔法瓶が壊れやすいものだった当時、虎のように強いの魔法瓶を作ると志して「タイガー魔法瓶」という名前を会社につけました。

名は体を表す。

中田という姓の元に生まれ、「世界のNAKATA」と呼ばれる、中田英寿というスーパースターと同じ時代を生きる。そのおかげであだ名が「ヒデ」になり、今も、週に何度も「ヒデさん」と呼ばれる環境にいる。

これも何かの運命。

名前負けしないように、日本を代表する人になるしかないのです。
*****
【今日のうねり】
「名は体を表す」という言葉がある通り、人は、その与えられた言葉に合わせるように振る舞いが変わるものだ。
世界のNAKATAにちなんで、あだ名はヒデ。こりゃ名前負けしないように生きるしかない。
日本を代表する人物になるしかないのだ。