現代アートコレクターに!!!俺はなる!??

==========
令和3年3月7日  今日もクルクル通信919号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨日は師事している、鮒谷さんのお誘いで、知人の徳光健治さん主催のタグボートアートフェアに行ってきました。

タグボートというと、広告界隈では、故岡康道さんのタグボートが真っ先に思い出されるとは思いますが、そちらではございません。

現代アートのオンライン販売のタグボートです。

「お前!何、いきなり現代アートとかって言ってんだよ!!」

なんて、強烈なツッコミがありそうですが笑

自分が知らない世界のお誘いを頂いたら、

「はい!かイエス!か喜んで!」の精神で、「行きます!」の一択。

飛び込んできたのです。

と言いつつ、全く知らない世界でもないんです。

実は、昨年に1つ、現代アート作品の購入デビューを果たしているのです。こっそり笑

勿論、そのきっかけも鮒谷さんでした。

「中田さん、バチェラロッテってご存じですか?それに出ている杉田陽平さんの作品、興味ありませんか?」

というご連絡を頂戴し、

「番組も作品も全く分かりませんが、ノリと勢いで…興味あります!」

と即答。そんな超絶軽いノリで、購入をしていたんです!笑

でも、それがご縁で、実際に杉田さんともお食事をご一緒させていただくことができました。

未知の世界に点を打つことができています。

 

さて、昨日のアートフェア。

会場に行ってびっくりしたのが、人の量です。

会場前から長蛇の列。お客様がひっきりなしに来ていました。

現代アートの関心の高さとその会場を熱気に。

鮒谷さんやその他諸先輩方の、購買の熱気&勢いにも後押しされてしまいまして笑

ついつい私も作品を3つほど購入してしまいました!

石川美奈子さん、鈴木ひょっとこさん、松森士門さん、お三方の作品です。

不思議なもので、いや、当たり前なのですが、一旦買ってしまうと、あれもこれも欲しくなってしまうのが人間ってもんですね。

最初は恐る恐るだけど、1歩飛び出したらなんでもなくなる。俄然、攻め込みたくなってしまう。

「超いいじゃん!超楽しいじゃん!」って。

バンジージャンプの快感?(やったことないですが)

肌寒い初夏のプール?

初めてのソシャゲの課金?

のようなものでしょうか。

さすがにソシャゲの初課金(だいたい380円とか、500円未満)とは額が違いますけれども笑

 

私自身、アートの世界には興味関心がそれなりありました。

海外旅行に行けば、それなりに美術館にも行っていました。

仕事で言えば、ホキ美術館。その昔は、バチカン図書館の仕事をしたこともありますし。

広告代理店の仕事も「作品を作る」という観点で言えば、アートの要素も多分にありますからね。

ただ、今回の美術鑑賞は、今までの美術館のそれとはちょっと違っていました。

何が違うのか?

それは、作品の作り手の実際に会うことができる、会話をすることができる。なんなら写真も撮ることができる。

メールアドレスを交換できる、Facebookのと友人になれる。

つまり、実際に人間関係を構築することができる。

ということです。

そして、これがそれらにはない最大の楽しみのようにも感じたのです。

ホント、楽しいですよ、購入した作家さんをリアルに感じることって。

例えば、美術館に行って作品を見ても、

「あー、これがダヴィンチの、モネの、ボッティチェッリの、ゴッホの、フェルメールの作品なのね。すげー」って思うことはあっても、その作家と実際に触れあうことなんてできません。

そもそも、作家さんは既に亡くなられているものばかりですし、購入もできないですが。

今までは、アート作品というのは、誰かの遺作を見るもんだと思っていましたから、

今回、その認識が大きく変わったのです。

 

確かに、アート作品は、資産としての価値もあるようです。

世の中には、「アートコレクター」と呼ばれる人もいますし。

もちろん、今回の私自身、それを念頭に入れて購入をさせていただきました。

ただ、その価値が上がるかどうか?ということだけ追い求めるとしたならば、それは確かに「投資」でしかないでしょう。

株や不動産と何ら変わらない投資です。

でも、この現代アート作品を買うという投資は、

人間関係への投資

とも捉えることができるのではないか?

これが、私にとっての何よりの資産になりうるのではないか。

って思ったのです。

これは、投資の認識の拡張とも言えます。

 

新しい世界に踏み入れ、その作品の美しさにアート所有欲を刺激され笑

より人生が豊かになる人間関係構築欲を刺激され、

それをゲットするには、より多くの原資がいることを思い知らされ、

更なる勤労意欲が駆り立てられました。

昨日は、人生の活力が湧く貴重な1日となりました。

このようなお誘いを下さった、鮒谷さん、タグボートの徳光さん、ご一緒した皆様。

改めまして、有難うございました。
*****
【今日のうねり】
投資とは、単なる資産を増やすことだけを言うのではない。
人間関係が拡がる、拡張する。という資産を増やす。という投資もあるのではないか。
これこそが、究極の投資なのではないか。
現代アートの購入はこれになりうるのだ。
しかし、どんな投資にも原資が必要。稼ぐしかないのだ。