「運命の人」でテンション、アゲアゲ。

==========
令和3年3月12日  今日もクルクル通信924号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

まじテンション下がるわぁ

昨日の朝、ぼそっとつぶやいたのですが…つぶやいたのが最後。

本当に、どんどんテンションが下がっていきました。

自分でもビビるほどです。

なんてことはないんです。この3ヶ月ほど、切れては塞がり、切れては塞がり…を繰り返している。そんあ傷が右手にあったんですが、それが再び割れ、出血しただけなんです。

いよいよ完全完治かなと思った矢先だったので、ショックはショックでしたが。

ブラックホールかよってくらいに一気に引きずり込まれていってしまいました。

マジで恐ろしいです。

同じつぶやくでも、仮にあの時に、例えば、

「また切れちまったか。まああと少し、もう少しの辛抱だわ。ゴールはすぐそこ」

なんて言っていたとしたら、全く別の展開になっていたはずです。

本当にテンションが下がってしまったので、太陽浴びに外に出ました。結果的にすぐに気持ちも晴れてきたんで、事なきを得ましたが。

「悲しいから泣く」のではなく、「泣くから悲しい」のである。

を、リアル体験しました。

安易にネガティブワードを発すると、それに囚われてしまうから要注意です。

 

「言霊」という言葉もあります。

人間は言葉に縛られ囚われる、生き物なのです。

占いってこれに近いものがあるのでしょうか。

幸か不幸か、生まれてこの方、1度もこの手のものにやったことはありません。

「これからこういうことがありますよ」

「この人はこういう人ですよ」

ということを助言されるもの(TVを見ている限りのイメージ)だとすれば、それは、その占い師が、本当に未来を読めるというわけではなくて、

その言葉によって自分が規定される。与えられた言葉に自分が引き寄せられてしまうもの。

その言葉と整合性を取るように、自らが行動していくものなのではないか?

なんて思うのです。

(本当に未来が読める、凄腕の占い師の方がいたら申し訳ありません。あるいは、そんな占い師に見てもらって、乗りに乗ってる人がいたらすみません。あくまでイメージの話です)

だって、例えば、カリスマ占い師から、

「あなたはこの1週間以内に運命の人と出会いますよ」

って言われたとしてください。

その時、彼女(彼氏)がいなくて、しかも、その週末に合コンがあるとしたら、

「運命の人に出会えるぞ」って、テンションアゲアゲで乗り込んでいきますよね。スピッツの「運命の人」を聞きながら。

のっけからその場の人から決めるモードになっていますよね。

「いる」って思いこんで前のめりでいってしまいますよね。

いつも以上に、出会う可能性って高まってしまっていますよね、たぶん。

実際にそこで、出会えば、占いが当たったことになります。

一方で、言葉に引き寄せられるように行動していたって捉えることもできなくもないですよね。

私の知人に、

「もう結婚する!!次の合コンで決める!!」

と決めて、合コンに乗り込んで、実際に結婚した人がいるんです。

好きとか嫌いとかではなくて、もうこの中から選ぶって決めたから、そこから決めたんですよ。この人と結婚するんだって。

言葉の力ってすごいですよね。言葉の力と言いますか、彼女の意志力と言うのか、分かりませんが笑

そして、これは、占いの事例ではなかったですね笑

 

人間が(与えられた)言葉に導かれる生き物だったとしたならば、

起こったことではなく、それをどう解釈するか?

の方が、圧倒的に大事。ということになります。

仮に、予期せぬ負の出来事が発生したとしても、

「ふざけんな」って思うのではなく、

「一見脈絡のない経験も、全てつなぎ合わせることで、人生ができる。

ジョブスも、「コネクティング・ザ・ドット」って言ってたじゃねーか。

むしろ、脈絡がないくらいが良いんだよ」

「そういや、プランド・ハップンスタンスセオリーってのがあったな。偶然の出来事の積み上げでキャリアができていくんだ。これもチャンスなんだよ」

なんて解釈することができれば、「ふざけんなよ」が「ありがとう」に180度転換されます。

あるいは、

「やべえ、これ、完全に無駄な時間じゃねーか」ってことがあったとしても、

「いやいや、これ、「黄金の時間」だわ。独自の角度を作っているんだわ」

って思えれば、急に愛おしく見えてきそうです。

どんな出来事が起ころうとも、言葉の力で、全てポジティブな物語に編み変えてしまえばよいんです。

だとすれば、卓越した言葉の使い手は、ハッピーな人生を歩むこともできるのです。
*****
【今日のうねり】
人間は言葉に導かれる生き物だ。
だとすれば、起こってしまった出来事よりも、それをどう解釈するのか?の方が圧倒的に重要なのだ。どんなことであろうと、全部ポジティブな解釈を与えることができれば、全てプラスに書き換えることができるのだ。
だから、決してネガティブな言葉を発しない。それをルールにするのだ。
解釈も言葉でなされるもの。であれば、卓越した言葉の使い手になることは、自ずからハッピーな人生を歩めることにもなるのだ。