衝撃の思い込み体験。

==========
令和3年4月24日  今日もクルクル通信967号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

久しぶりにコンビニで買い物をしました。(いや、買い物をすることができました!笑)

何を買ったのか?

「野菜一日これ一本 Light」です。

これ、ご存じですか?

昨年の夏にリリースされた、カゴメの新商品です。

その昔、私は、オリジナル商品である「野菜一日これ一本」の超ヘビーユーザーでした。

一日に、1本どころか2,3本飲むことすらありました笑

それでは飽き足らず、ペットボトル版の「野菜一日これ一杯」も箱買いをして、オフィスのデスク下に置いていたこともありました。

これほどまでに愛飲するようになった野菜ジュースですが、高校生の時の私は、飲むことが許されない身体でした。

以前も書いたことがありますが、当時の私は、怪我して、それを治すために糖質制限生活を余儀なくされました。

ただ、初めて、

甘いものを食べるな。炭水化物はとるな。糖質は摂取するな。

そう宣告された時は、

「この人、マジで何言ってんだ?正気か?無理に決まっているだろ!」

って思いましたよ。さすがに。

18歳の私は、受け入れ難くて反論をしたんです。付け焼刃の知識で。

「糖質がないと、頭が働かないんじゃないんですか?

糖質はエネルギー源なんですよね?食べなかったらパワーが出ないんじゃないんですか?」

って。

すると、先生は、

「この帰りに、スーパーでもコンビニでも良いから行って、野菜ジュースを手に取ってみてください。そして、成分表示を見てごらんなさい。

何が一番入ってるか?自分の目で確かめてごらんよ」

と言いました。

言われた通りに、帰宅途中にコンビニに行って、野菜ジュースの成分表示を見ました。

「えっ、マジで?」

その時の衝撃は今でも覚えています。

100gあたりの糖質量が30gを超えてたんです。

幼い時から、母親から口酸っぱく、

「野菜を食べなさい。体に必要な栄養が一杯入っているのよ。ビタミンとかカルシウムとか」

なんて、言われ続けてきましたから、にわかに信じられませんでしたよ。

もちろん、野菜ジュースには、食物繊維もビタミンもマグネシウムもβカロチンも含まれてはいます。

でも、糖質に比べたら圧倒的に量が少ないんです。

そもそも、単位が違うんです。

糖質はg表記ですが、他の栄養素は㎎だったり、μgだったりするんです。

(μgって単位を知ったのも、この時だったと思います)

「野菜には栄養が一杯含まれている」って言われても、糖質の1/10とか1/100しか入っていなかったんです。

いやー、ビビりましたよ。マジで。

結局、先生が言いたかったことは、

炭水化物やお菓子を食べなくても、十分に糖質を取ることはできる。野菜を食べたって、一番含まれているんだから。

それらをきちんと食べておけば、わざわざお米やお菓子なんて食べなくても、大丈夫。

さらに、食べるってことは、(当時の私の身体にとっては)過剰に摂取するってことになるんだよ」

ってことでした。

この「成分表示」という事実は、強烈でした。めちゃ説得力がありました。

だって、数字で示されているんですもん。

今まで自分が思ってきたことが、文字通り「思い込み」だったってことを突き付けられましたからね。

その日から、仕方なくというか、その揺るぎない事実を受け入れ、糖質オフ生活を始めたのです。

 

おかげさまで、これ以来、商品を手にするときは、

ボトルのデザインや味とかをそっちのけで、何よりもまず、原材料表示と成分表示を見るようになってしまいましたよ笑

この商品、何でできてんの?

どんな栄養素が含まれているの?

って。そればかりが気になるようになってしまいました笑

ちなみに、本日飲んだ「野菜一日これ一本 Light」は、オリジナル商品と比べて、糖質50%オフ!

ということで、かなり「野菜ジュース度」が高まっていました。

甘さがほとんどありませんから、決して飲みやすいとは言えませんが、

糖質を抑えつつ、その他の栄養を確保したいという人には良いかもしれませんね。

ちなみに、ビタミンやマグネシウムなどの栄養素をg単位で摂取するは、むしろ過剰摂取になる。ということを知ったのは、かなり後のことです。

その知識があれば、当時受けたインパクトは多少弱まっていたかもしれません笑

 

人間は、どうしても、思い込みや先入観に縛られてしまうものです。

自分のそれと反するような事象に出くわしたときは、頭からシャットダウンしようとしてしまうものです。

でも、受け入れるor受け入れないというジャッジは、後からでもできますから、

まずは、数字などの客観的なファクトにきちんと目を通す。

という姿勢や意識はあった方が良いのでしょう。

些細な思い込みによって、大きな損失を被ることがあったとしたら、勿体なさ過ぎますからね。

※ちなみに、野菜ジュースが飲めるようになったのは、糖質制限生活を始めた頃は、4年後くらいだったと思います。怪我も治り、体質が改善されるのに、それくらいの月日がかかったということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA