マリオのスター状態!?最高のキャリアを掴め!!

==========
令和3年5月18日  今日もクルクル通信991号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

「俺さ、今になって分かったんだけど、1人って無理なんだよね」

ボソッと、今年に入ってから起業した友人が言いました。

「そうなんだ!?」

「そう。自分1人になってみて、初めて分かった。打ち合わせもオンラインだし、何もなければ一日中家にいるでしょ。ずっと一人でいると、時折、発狂しそうになるんだわ」

「ってことは、割と外に出ていくの?カフェとかで仕事すんの?」

「うん、めっちゃする!!」

「まじかー、俺、正反対だわ。ずっと1人オッケー。

いや、知っての通り寂しがり屋なので、1人は嫌なんだけど、仕事する時や集中する時はもう絶対1人が良いんだよね。

ってか、振り返ってみたら、子供の時からそうだったわ。

学校のテスト勉強も、基本自宅の自分の机じゃなきゃダメ。カフェで勉強するのも好きじゃなかった」

「えっ、そうなの??逆に俺は、自宅の机で勉強とかマジで無理だった。ありえん」

こう話す友人とは、もうかれこれ、20年以上の付き合いになります。

同じ教室で、同じ教育を受けてきたのに、こうも違うんですから、面白いですよね。

そういえば、定期テストの度に、彼から「一緒に勉強しない?」って呼び出されたことも。

就活の時に、彼が実家に来て、エントリーシートを書いていたことも。あったなー、なんて思い出しましたよ笑

でも、これって、良いor悪いって話じゃないんですよね。

性に合うのかor合わないのか、という、ある種の性癖みたいなものだと思うんですよね。

彼は新卒で大きな会社に勤めた後、海外留学を経て、10人規模の会社の取締役として活躍をしてきました。

満を持して起業したのですが、今までずっと、誰かと一緒に仕事をしてきた。それが当たり前だったので、いきなり一人になって、初めて「1人が無理」ということを気づいたそうなんですよね。

仕事は誰かと一緒にやってこそ。組織がイイなってことが分かったらしいんです。

ここまでの経歴で言えば、海外留学を除けば、私と彼はほとんど変わりません。

にもかかわらず、私は「一人が無理」なんて思ったこともないんですよね。

ってか、むしろ「一人ってイイな」って思ってるフシすらあります笑

もちろん、寂しいことがないわけじゃないですよ!!

そういう一人の環境を受け入れることができるのは、自宅浪人だったことや、大学院を経験しているからかもしれませんが。

こんな話をしていると、自分でも、よくサッカーラクロスといった団体競技をやってこれたな、なんて思ってもしまいます。いやー、あの時はめちゃ楽しかったのですが笑

 

この彼と話した内容って、”現代社会最高の哲人”と呼ばれる、ドラッカーの

「やり方」の話そのものじゃねーか

って思ったんです。ドラッカーは、
===
仕事上の個性は、仕事につくはるか前に形成されている。

仕事のやり方は、強みや弱みと同じように与件である。修正できても変更はできない。

ちょうど強みを発揮できる仕事で成果を上げるように、人は得意なやり方で仕事の成果をあげる。
===

と言っています。

さらに、
===
仕事のやり方として、「人と組んだ方がよいか、一人の方がよいか」を知らなければならない。

組んだ方が良いのであれば、「どのように組んだときによい仕事ができるか」を知らなければならない。
===

とも、

===
知っておくべき大事なことがある。

緊張感や不安があった方が仕事ができるか、整備された環境の方が仕事ができるか、

大きな組織で歯車として働いた方が仕事ができるか、小さな組織で大物として働いた方が仕事ができるか。

どちらでもよいと言う者はあまりいない。
===

とも、言っているんです。

マジ、全く一緒ですよね笑

だとすれば、大事なことは、ドラッカーが言うように、

今さら自分を変えようとしてはならない

ってことなんですよね。

1人でやるのが好き。

という人もいれば、組織で働くのが好き。

って言う人もいるのです。

あるいは、

文章を書く、のが得意という人もいるでしょうし、むしろ話すというのが得意という人もいるでしょう。

これもやり方の話です。

これをありのままに受け入れる。(エルザかよ!?ww)

それをどうすれば活かせるのか?を考えることが大事なのでしょう。

 

昨日は、

あいつがエース??」という話を通して、何をやるか?(what)と同じくらい、どこでやるのか?(where)が大事

なのではないかと書きましたが、

どうやってやるのか?(how)

も、これまた負けず劣らずに大事ってことですよね。

自分の強みが自分で特定できていて、それが活かせる場所にいて、なおかつ、仕事のやり方まで合致させることができれば、

鬼に金棒。スーパーマリオのスター状態ってことです。

昨日のあいつは、どうやってやるのか?ってところもバシッとハマっているのかもしれません。

ちなみに、ドラッカーは、
===
最高のキャリアは、あらかじめ計画して手にできるものではない。

自らの強み、仕事のやり方、価値観を知り、機会をつかむ用意をしたものだけが手にできる。

なぜならば、自らの所を知ることによって、普通の人、単に有能なだけの働き者が、卓越した仕事を行えるようになるからである
===

とも言っています。

うーん、マリオのスター状態。最高のキャリアを掴みたいところです。

価値観については、また改めて書きたいと思いますが、

それにしても昨日は、思わぬ発見がある時間となりました。ただの雑談予定だったはずなのに笑

やっぱり、対話ってのは大事なんですよね。
*****
【今日のうねり】
何をやるのか?どこでやるのか?どうやってやるのか?
これらは成果をご機嫌に上げるためには欠かせないことだ。
一人でやるのが好きなものもいるし、複数人でやるのが好きな人もいるだろう。
これは良いとか悪いという話ではない。性癖みたいなもので、今さら変えようとしてはならないのだ。
ありのままを受け入れる。それを活かせる場を探す、その意識が大事なのだ。
ドラッカーの言葉で言えば、強み、仕事の仕方、価値観を知り、機会を掴むものだけが、最高のキャリアを掴めるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA