【ビジョナリーピーポー】と【江戸っ子】

【ビジョナリーカンパニー】という本にこんな記述がある。
===
基本理念=基本的価値観+目的
・基本的価値観=組織にとって不可欠で不変の主義。いくつかの一般的な指導原理からなり、文化や経営手法と混同してはならず、利益の追求や目先の事情の為に曲げてはならない。
・目的=単なる金儲けを超えた会社の根本的な存在理由。地平線の上に永遠に輝き続ける道しるべとなる星であり、個々の目標や事業戦略と混同してはならない。
===
基本的価値観は【信念】と言い換えることもできるようです。
著者の言う【ビジョナリーカンパニー】は全て、この基本理念が明確化されていて、多くの場合、この基本的価値観は3~6つ。
6つ以上あるそれは1つもなく、ほとんどが5つ以下とのことです。
さらに、次のように続きます。
===
基本理念を文化、戦略、戦術、計画、方針などの基本理念ではない、慣行と混同しないことが何よりも重要である。
時間の経過とともに、文化の規範は変わる。戦略は変わる。製品ラインは変わる。目標は変わる。能力は変わる。業務方針は変わる。組織構造は変わる。報酬体系は変わる。あらゆるものが変わらなければならない。
その中でただ一つ変えてはならないものがある。
それが基本理念である。
少なくとも、ビジョナリーカンパニーになりたいのであれば、基本理念だけは変えてはならない。
===

ビジョナリーカンパニーは【基本理念を維持しながら進歩を促す存在】だそうです。
これは、人としての在り方としても全くそのまま転用出来るものですよね?とても良い言葉だと感銘を受けました。
端的で、しかしあまりにもパワフルで説得力のある、この記述を背骨に刻み込もうと、ブログに転記しました。
もちろん、音読2.0です笑

自分が大切している、信念だけは、どんな時でも、何よりも大切にする。
環境や状況が突然変わったとしても、何が起こっても、この信念だけは変えなければ、
【信用残高】という【アウトサイドオプション】は積み上がっていく。
これさえあれば、どんな時でも復活できる!はず。

ビジョナリーカンパニーならぬ、【ビジョナリーピーポー】は自ずと
信用残高が積みあがっていくもの。
信念に基づいた一貫性があるから。
江戸っ子は昔からそこがブレていないんです。
ビジョナリーピーポーの資質しかないはず笑
究極の人情噺【文七元結】を思い出せ。

目に見えない、究極の【アウトサイドオプション】である、信用残高を貯めるべく、今日も淡々と生きるのです。
===
■ 100人プロジェクト 92/100(前日比̟0)!!
ラスト8人!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら