さよなら、意味なし三兄弟。

==========
令和3年6月20日  今日もクルクル通信1024号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

今週から私のチームに新しい仲間が加わりました。

わずか4日で完全なるレギュラーと定着し、監督(私)から圧倒的な信頼を勝ち取ってくれました。

あっ、社員とか業務委託の方とか、そういう人的資源の仲間じゃありません。

仕事仲間という意味では一緒ですが、今回は道具です。

その仲間とは、ストップウォッチです。

投資額はわずか1,300円。

その投資効果たるや、恐るべし!!、でした。

彼は、仕事ツールは、ペンとノートがあれば十分という人にも、

ノートPCとトラックボールがあれば十分という人にも、

あるいは、ノートPCだろうが、ペンとノートだろうが、何でもよい。スタバのラテさえ片手にあれば。という人にも。

どんな人にもフィットすること、間違いないでしょう。

どんな業務内容であろうと、どんなワークプレイスであろうと、どこでもレギュラーに定着し得る、そんなマルチなタレントです。

まるで、サッカー日本代表元キャプテンの長谷部誠みたいな人かもしれません。

私が、どんな使い方をしているのか?

仕事をしている時でも、本を読んでいる時でも、

25分でセットして、時間が来たら5分休む。

ただし、休憩の5分間は、スマホやニュースサイトなど、余計に認知を奪われるものを一切見ない。ストレッチをしたり、目を閉じて深呼吸をしたり、身を心を休ませる。

ただそれだけです。それを淡々と繰り返していくだけです。

たとえ、ブログを書いていて、まもなくフィニッシュという、ノリ乗っているタイミングだったとしても、タイマーが時を知らせたら、潔くやめる。

これもめっちゃ重要です。

確かに、勢いがあるタイミングで止めると、「このまま押し切った方が集中力高いだろ!」とかって思うんですけど、

この「もうちょっとやりたい」という、腹八分目感が、次の25分に高い集中力をもたらしてくれるんです。

実際、これを始めた当初は、時間を守らずに、押し切ってしまうこともあったんですが、ロスタイムの間の集中度ってのは、25分内のそれよりも劣る気がします。

だいたい、ロスタイムって自分でお尻を決めないので、5分で終わるつもりが、10分になり、15分になり…延長してしまいがち。結果、集中度が下がった状態で作業を続けてしまうんですよね。

まあ、思い込みを含めて、私固有の部分もあるかもしれませんが

いずれにしても、人間にとって最も貴重で希少な資源である時間。ドラッカーが、
~~~~
あらゆるプロセスにおいて、成果の限界を規定するものは、もっとも欠乏した資源である。それが時間である。

時間は、借りたり、雇ったり、買ったりすることはできない。

その供給は硬直的である。需要が大きくとも、供給は増加しない。価格もない。限界効用曲線もない。簡単に消滅する。蓄積もできない。
~~~~

と言っている時間を、管理することで増幅させることができるとしたら、めちゃ有難いじゃないですか。

少なくとも、このタイマー君は、その一助になるので、マジで導入してよかったです。

もうすっかり手放せなくなった彼を、カバンの中に入れて、いつでもどこでも使っています。

今まさにこれを書いているカフェでも、右斜め前においてあります。

手のひらサイズ。軽い。音の有無のセレクトできるし、最高です。

 

ちなみに、25分+5分の30分を一単位として時間を管理する方法は、「ポモドーロ・テクニック」と呼ばれています。

その時間では、たった一つのことしか考えないことも大切です。

私が初めてこれを知ったのは、4,5年前に読んだ、メンタリストDaiGoの『自分を操る超集中力』でした。

確かに、インパクトのある話だったので、記憶の残っていました。

でも、「へぇー」って思っただけで、実際に実行に移していませんでした。

ちょろっとやったことがあったかもしれませんが、今に至るまで継続できていないのですから、「知らない」のと何ら変わりません。

いや、むしろ「知らない」よりも圧倒的にパフォーマンスが悪いですよね。

だって、その書籍に時間を投じたにも関わらず、何もやっていないのですから。読んだ時間が無駄ですよね。

だったら、その時間を、別のことに投じた方が良いですよね?

ちょうど今、アメリカで開催されている、全米オープンゴルフの中継を見た方が良いですよ。

地上波で放送されていないので、公式サイトでライブ中継を日本でも見れるんですよ。

これ、見た方が良いじゃないですか、楽しいし笑

 

ところが、今回、5年の月日を経て、このテクニックを導入してみて、

「なんで今までやって来なかったのか?もっと早くやっておけばよかった!!お前、バカなんじゃねえ??」

って、愕然としてしまいました。

ホント、「意味なし三兄弟」と仲良くし過ぎましたよ。

聞いたことがある。(長男)

知っている。(次男)

聞けば思い出す。(三男)

という三兄弟。

今回は、この三兄弟の次男と遊び過ぎました笑

 

ということで、新たな仲間のストップウォッチ君をフル活用し、できうる限り時間を増幅させ、さらに効率性を高めていきます。

こんなことを書くと、

「お前は何を、そんなに効率性を追求しているねん!?」

なんて、ツッコミを頂戴しそうですが、何も効率化マシーンになりたいわけじゃないのです。

非効率に生きたいから、効率性を追求しているのです。

本だって、漫画だって、映画だって、ゴルフだって、やりたいことが山ほどあるんですよね。

その非効率を楽しむために、効率化できることは徹底したいのです。

それをしなければ、とてもじゃないですが、非効率を楽しむ世界に突入できないって思っているだけなんです。

その世界に突入すべく、少なくとも、

「意味なし三兄弟」とは早々にオサラバしなきゃいけないですね。

これは!と思うことに出会ったら、とりあえず、自らを使って試す。

使えるなら完全に身に着けるまでやる。ダメなら、とっとと捨てる。

日々改善をしていくのです。

いやー、それにしてもストップウォッチの導入は最高でした。教えてくれた学習の達人、ザキオさん、ありがとうございました!
*****
【今日のうねり】
非効率に生きる。そのために効率性を極めていくのだ。
聞いたことがある、知っている。聞けば思い出す。という意味なし三兄弟と仲良くしていたら、とてもじゃないと、その世界を生きることはできない。
良いなと思ったら、試す。使えるなら、身に着ける。ダメな捨てる。日々の改善がその世界に繋がるのだ。