世界戦を見てKOされた男

==========
令和3年6月21日  今日もクルクル通信1025号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

「父の日」の昨日、実家に帰りました。

父の日だから、というわけではなく、と言うよりも、むしろ、昨日がその日だと認識したのは、夕方にニュースサイトを見た時だったのですが笑

そんなめでたい日に、父親に会ったにもかかわらず、「お父さん、ありがとう」の一言も伝えなかったことは、問題だったなと思います。

一方で、井上尚弥の世界タイトルマッチを、世界戦16連勝のという自身が持つ日本記録更新の瞬間を、ボクシング好きの父親と一緒に見れたことは、立派な親孝行と言えるのでは?

なんて、あまりにも身勝手な解釈をかましております笑

それにしても、井上尚弥、強すぎですね。

まさに「モンスター」でした。

現地ラスベガスのレポーターも、彼のことを「モンスター」と呼んでいるのが印象的でした。

ボクシングの世界で、アメリカ人のレポーターから「モンスター」なんて呼ばれる日本人が今までいただろうか?

なんて、ボクシング素人のクセに思っていました。

実際、試合は、素人目に見ても、完全に井上尚弥のワンサイドゲームでした。

左手一本で、あっという間に終わってしまった。そんな感じでした。

左でジャブを打って、途中から、左でボディを打ち込み始めて、2回に1回。3回に2回のダウンを奪って、ノックアウト勝ち。

ボディだけでKOする瞬間を見たの初めてだったかもしれません。

ボディって、プロがのたうち回るほど、痛いんですね。

「ボディは痛い、痛い。鍛えることができない」とは聞いたことがありましたが、これほどとは!?と思ってしまいましたよ。

沢木耕太郎のボクシングフィクション『春に散る』で出てきた、キドニーブローを思い出してしまいました。

これを必殺技にしている人が登場するんです。

肝臓のちょい後ろにある、腎臓(キドニー)。ここはマジで鍛えることができないし、打たれると呼吸が止まるらしいんです。

一瞬逸れましたが、

では、挑戦者が弱いのか?って言うと、そんなことも全くなかったみたいです。

彼も、30勝のうち20勝がKO勝ち。まだ3敗しかしたことがない強者だったらしいですからね。

しかし、赤子の手を捻る、とはこのこと?というくらいの圧倒的な3ラウンドKO勝ちでした。

中継を見ながら、終始、「井上、つえなー。これ勝つな」ってくらいなことは感じていたものの、両者の差がどこにあるのか?なんて全く分かっていませんでした。

そんな私は、試合終了後のインタビューで、解説の村田諒太(現ミドル級世界チャンピオン&ロンドンオリンピック金メダル)が放った最初の一言、

「1ラウンドのファーストコンタクトの瞬間、挑戦者の右ジャブに左フックを放ったよね?あれで勝利を確信したよね?」
(※ズバリではないですが、凡そこんな感じです)

に、唖然としました。

さらに、それに対する井上尚弥の回答が、

「そうですね。あれで勝てると思いました」

だったんです。

すかさず、村田諒太は、

「そうだよね、俺もそう思った。タイミングがあったよね。あれから挑戦者も完全に腰が引けちゃったよね」

って言っていたんですわ。

ビビりましたよ。プロってこんな世界なんだなって。

このシーンを後で、スロー再生で見たんですけど、その左フック自体は、クリーンヒットもしていないんです。挑戦者の後頭部をかすめただけだったんです。

でも、結局、挑戦者はこれを契機に、踏み込むことができなくなったらしいです。

井上尚弥は、ここでタイミングは掴んで、ここから彼のリズムになったみたいなんです。

勝負が決した瞬間だったらしいです。

「らしい」、「みたい」ばかりを使っているのは、私がボクシングの事が全然分からないからですよね。

一方で、井上尚弥も村田諒太も、昨日のタイトルマッチは、この瞬間に勝負アリって分かっていたんですよね。

この差。

違いが分かる。ってのが、まさにプロと素人の差なんですよね。

昨日試合を素人の私が記述しようとしたら、

井上尚弥の世界タイトルマッチが行われた。

井上尚弥が序盤から左のボディ連発して、2ラウンドに1回ダウンを奪う。3回にさらにボディを打ち込みまくって、2回のダウンを奪ってKO勝ち。

井上尚弥、強すぎ。まさにモンスターだった。

これくらいしかできません。

でも、仮に村田諒太が、(あるいはボクシングの知見がある人)が、同じようにこの試合を記述するとしたら、

例えば、ファーストコンタクトの瞬間になぜ勝負が決まったのか?

これがチャンピオンと挑戦者にどんな影響があったのか?

なぜそんなに井上尚弥が強いのか?

など、もっと細かく描写できるはずなのです。

その差は、記述の差は歴然としているはずです。

井上尚弥と挑戦者以上にハッキリ出るはずなのです笑

例えば、この差は、

「似顔絵書いてください」と言われた、幼稚園児と画家の差みたいなものかもしれません。

子供が書く似顔絵が、楕円の上に、目、鼻と、口、眉毛、耳。髪の毛を書いて、「まあ人の顔だよね」というものを書くにとどまるのに対して、

画家は、それらのパーツに加えて、対象の特徴を書き加えるようになる。

例えば…って書こうとしたのですが、絵心のない私は、というかプロの画家がどのように似顔絵を書くのか?ってことが全く分からないので記述ができません。

ってことに、今気づきました。(比喩の失敗!!笑)

でも、そこを気にするんですか?って細部まで描写するのだと思います。

 

「分かる。は分ける」という言葉がありますが、その意味を痛感する、世界タイトルマッチとなりました。

私自身は、試合後のインタビューにKOされました笑

自分の専門分野では「違いのわかる男」であるために、学び続けるのです。
*****
【今日のうねり】
「分かる。は分ける」。物事の理解が深まれば深まるほど、細部に意識が行くようになる。
それが「分ける」ということなのだ。
自分の専門分野では「違いのわかる男」であるために、学び続けるしかないのだ。