質屋は、ホンモノとニセモノをどうやって見分けるか?

==========
令和3年6月23日  今日もクルクル通信1027号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

あまりに面白く、学びも深い、トイレ掃除のおじさんの話

昨日の話も読んで下さった、鮒谷周史さんから、

「書籍化希望!」

という、全く予期していなかったコメントを頂戴してしまった私は、

「ワンチャンあるかも?」

持ち前の妄想力??を発揮してしまって、おじさんを求めて、今朝も散歩に出かけました笑

少し長めに話をしたかったので、いつものトイレではなく、おじさんの次のトイレに向かうことにしました。

これだけ話を聞いていれば、何時に、どのトイレを掃除しているのか?ってのは大体把握していますからね笑

今日は10分くらい話を聞かせてもらいました。

相変わらず、深イイ話過ぎたので、

「おじさんの話をもっと多くの人に聞いてもらいたいんですよね。本にしませんか?」

なんて、とぼけたふりして聞いてみると、

その場で一蹴されると思いきや、

「公衆トイレを40年も掃除し続けている奴、そんなにいないからな」

という、アリ?とも取れないようなリアクションがありました。

せっかくなんで、ダメ元で、もうちょっと突っ込んでいきま笑

動きがあり次第、随時、このブログで進捗を報告して参りますので、

「書籍化イケるっしょ!?」という後押しをして下さる方がいらっしゃいましたら、是非コメントを下さい!!
(追加で、小中の先輩からも書籍化イケるんじゃね?ってコメントももらいました、有難うございます!!)

果たしてどうなることやら笑

 

今朝もいくつもの深イイ話が飛び出したのですが、1つだけご紹介させて頂きます。

お題は、

質屋は、本物と偽物をどうやって見分けるか?

です。

それではどうぞ。

ちなみ、どういう話の展開でこれに行きついたのか?は全く覚えていません笑

 

「俺の同級生にさ、質屋がいたんだよ。質屋、分かるよな? そいつから聞いたんだけどさ。

お兄ちゃん、彼らがどうやって本物と偽物を見分けてるか、わかる?」

「いや、全然分かんないです。是非お聞きしたいのですが、その話、長くなりそうですよね?大丈夫ですか??」

「いやいや、全然時間かかんない。一言で済むよ。

本物をたくさん見る。

たったこれだけだってよ」

「あっ、なるほど!そうなんすね」

「そうなんだよ。

本物だけを沢山見ていると、本物が何か?って分かってくるらしいんだ。

それが分かっていれば、偽物が一つ飛び込んでくると、分かるようになるらしいんだよね。

簡単な話だろ」

「はい。そりゃ、そうなんですけど。おじさん、この話、めっちゃ深いですよね?

これ、質屋だけじゃなくて何でも一緒ってことですかね?」

「そうだよ。そういうことだよ」

「例えば、料理人でも同じことですよね。美味しいものを沢山食べている人は、美味しいものが作れる。ジャンルは関係ない。

優れた寿司職人は、焼肉の違いも分かるってことと一緒ですよね」

「そう、そう。どんな仕事も同じよ。

本物を見てれば、仕事が分かってくるってことだ。偽物をいくら見たって、分からない。できるようにならない。

でも、本物を見て、真似していれば、自分もそれに近づくことができる。偽物が何か?も分かるようになってくるんだ。

偽物を見て、真似てたって偽物にしかならないからね。

本物を見ることが大事なんだよ」

「ありがとうございます。勉強になります」

守破離って、もちろん、知っているよな?」

「はい」

「どういうことか?言ってみ」

「良いお手本を見つけて、その型が身に付くまで繰り返すってことですよね」

「まあ、そんなところだ。

アン・タン・ケイ・守・破・離。

な」

「アン・タン・ケイ?? 何ですか?それ? 日本語ですか?」

「日本語だよ、何言ってんだよ。お兄ちゃん、知らないの?!

アンは、安全の「安」。安心、リラックスする。

タンは、探検の「探」。情報を探す。探索する。

ケイは、カタの「型」。お手本を見つける。

これがあって、守って、破って、離れる。になるんだぞ。

安・探・型・守・破・離

だよ。

本物の型を探して、それを学んで、身に着ける。

ってことが大事なんだ。

おっ、結構時間がたっちゃったな。俺も仕事しなきゃダメだ。続きはまたな!」

「貴重な話をありがとうございました!また、ぜひ、色々勉強をさせてください。ありがとうございました!失礼します!」

 

てな、具合でマシンガントークが炸裂するんです、このトイレ掃除のおじさん。

とはいえ、ビビりますよね。質屋の話から、「」の話に発展するんですから。

ちなみに今日、これ以外に飛び出した話は、

・盲人と象の話。(まさかこれが出てくると思いませんでした)

・川上哲治と坊さんの話。

・人生は勝ちすぎちゃダメっていう話。

これは、新渡戸稲造のコモンセンスからで学んだらしいです。

最近、車をぶつけられたらしいんですが、10:0で先方が悪いのに、8.5対1.5で着地させたそうです。これに、阿佐田哲也の話を被せたら、さらに盛り上がりました笑

・高校時代に図書館にあった本を全部読んだ話。おじさんは、私生児だったので、父親を本の中に探し求めたそうです。

未だに、読書が好きで、愛車のヤリスの中には本を沢山積んでいるらしいです。最近のお気に入りは宮本武蔵。でも、『五輪書』ではないらしいです。

・普通に見える人が一番すごい。すごそうに見えて、すごいのはすごくない。

など。

確かに書籍になるような気しかしなくなってきましたのですが、いかがでしょうか笑

朝の散歩も学びで溢れています。
*****
【今日のうねり】
本物と偽物を見分ける方法は、本物を見まくることだ。
本物を見続けていれば、偽物が来た時に、分かるようになるのだ。
どんなに偽物を見て真似ても、偽物にしかならない。
本物を探す。そして、その型を身に着けることが大事だ。
安・探・型・守・破・離