「言っちゃえ、〇〇」でいいじゃない。

==========
令和3年6月26日  今日もクルクル通信1030号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

棚からぼた餅、侮るべからず

体を動かせない人が多い中で、棚の下まで行動しているんだから、それだけ価値があるじゃないか?

そんなことを昨日書きましたが、今日も続けます。

トイレのおじさんが仰っているように、

本で学んだことを実際に行動に移せる人。

あるいは、やろうと思ったことを実際に行動に移せる人。

は、そんなに多くはないのでしょう。

ドラッカーも、

【決定の準備は整った。しかし、決定の多くが行方不明になるのがここである】

と言っているように、決断したことと実行の間には大きな断絶があるのでしょう。

例えば、お客様にご連絡しなきゃいけない事や、納品期限などがある場合は、行動をせざるを得ません。

代価を頂戴しているので、逃げるわけにはいきませんからね。

これ(いわゆる第一領域)は、さすがに多くの人ができているとした場合、

ポイントになってくるのは、

やった方が良いことは分かっているけど、体が動かないもん。

って事を、如何にやるのか?

ということでしょう。

言い換えれば、どうすれば、第二領域を前のめりに取り組むことができるのか?ということです。

これには、色々なやり方があるとは思いますが、

とりあえず人に「やる」と言ってしまう。

これが良いのでは?と思っています。

なりすまし大作戦」です。

やっちゃえ、NISSAN

ならぬ、

言っちゃえ、NAKATA

なのです。

不思議なもので、人に言ってしまったこと、宣言してしまったことと、実際に自分がやっていることが一致していないと、気持ち悪くなってしまうんですよね。ハッキリとした理由は分からないのですが。

このブログを書き続けている大きな理由の一つも、この気持ち悪さを活用する。「なりすまし大作戦」の一環です笑

書いてしまったから、やらなきゃいかんのよね。

って、自らに問い、行動させているのです。

読んでいる下さっている多くの方々も、ここに書いたことのほとんどを忘れ去っていくものですが、

当の自分(私はは、それをめっちゃ覚えてるんですよね。

なので、書いたことがあることにもかかわらず、自分が実行できていないことに直面すると、その度に、

「あれ?これ、この前書いたことと、俺のやっていることって違くね?」って、自らに問いかけるので、行動を矯正する圧力がかかるのです。

例えば、

ストップウォッチが最高。長谷部誠レベルで使える!これと、「ポモドーロ・テクニック」を使えば、時間が増幅できる。

って書いたにもかかわらず、それをやっていないとすると、

「お前、やってなくね?嘘つき??」

ってな具合になり、行動するようになるのです。

もちろん、今この瞬間も、向かって右斜め前には、ストップウォッチ君がありますよ笑

書いていたとしても、人に言ってしまったとしても、行動できないことが多々(特に初期段階)があるにもかかわらず、

人に言わなかったとしたら、何事もなかったかのように、スルーしていってしまうもんなのだと思うのです。

つまり、やろうと思ったけど、やらなかった。

いうことが頻発し、最終的にはやろうと思っていたことすら忘れてしまう。

という展開になるのと思います。

パフォーマンス、超絶に低いですね。

というか、ブログを書く以前の私は、今の自分と比べて、相当パフォーマンスが悪かったですね。

思っても行動しない。再び、それを思うことがあるが、行動に移さない。最終的に、思うことすらなくなる。

これの繰り返しでしたからね。

燃費最悪です笑

 

とりあえず、やりたいことがあったら、人に言ってしまう。

衆人環視を上手に使う。これが良いのです。

でも、誰それも構わずに、言ってしまえばよいのか?というと、そういうことでもありません。

たとえ、そのやりたいことが、今の自分ではとてもできそうにない、荒唐無稽なことであったとしても、

「いいじゃん!やってみなよ!応援してやるぜ」

って、背中を押してくれる人に言うのが大切です、特にファーストステップとしては。

だって、いきなり否定されたら、萎えるじゃないですか。

「それ、無理っしょ!?」

「何言ってんの??アハハ」

とか、言われた瞬間に、その場で停止してしまいますよね。

もう、無理。動き出せません。

でも、そうではなくて、応援してくれる人ばかりであれば、

やろうと思っても、動かなかったこの体が、ちょっとずつ動き出すようになるんですよね。

 

言ったことを実際に行動する。

言行一致

という言葉がありますが、口にしたことと実際にやっていることが一致していると、周りの人も自分のことを気にかけてくれるようになるんですよね。

それだけでなく、自分で自分のことを信用できるようになっていくんですよね。

言い換えれば、自信が生まれるのです。

行動ができるだけでなく、自信が生まれ、周りからも信用される。そんな人生が歩めたら幸せだと思うんです。

だから、

言って。行動する。

これが良いんです。

とは言いながら、書いたしても、できないことも沢山あるんですけどね、実際のところは笑

でも、それを繰り返していくから、行動できる人になれるのです。
*****
【今日のうねり】
決断と行動の間には、巨大な断絶がある。
そこを超えることができるかどうか?が成果を上げる分水嶺になるのだろう。
超えるための一つの方法が、人に宣言してしまう。衆人環視を活用することだ。
言ったことができていないと気持ち悪いのが人間だから。自然と行動するようになるから。
その時に大事なのは、後押しをしてくれる仲間だけに言うことだろう。
言ったことと行動が一致してくると、自分に対する信用=自信が生まれるだけでなく、他者からも信用される。
最高過ぎるからやるしかないのです。