「当たり前を積み重ねると特別になる」は数字で考えると当たり前だった!?

エードットの新入社員Aさんとランチに行きました。
フレッシュな仕事に対する思いや、ちょっとした悩みなどもお聞きして、
出来る限りのアドバイスをさせて頂きました。
特に、ランチが終わった瞬間から、「行動に移すことが出来ること」を意識をしたつもりでした。
というのも、だいたい聞いた話ってのは、聞いた瞬間から忘却が始まってしまうものじゃないですか?5時間後くらいにはほとんどが忘れられてしまって、長くても3日後には全て忘却の彼方に行ってしまう。そんなもんですから、
少しでもお役に立つ話が出来ればと思って、聞いた瞬間から「行動に移すことが出来ること」を意識したんですよね。

その中で、結局のところ、日々の地道の積み上げの先にしか、自分の成し遂げたいことっていうのはないのでは!?という話になりました。
まあ、色気の全くない話なので、何かないかと思って、ふと具体的に
「例えば、毎日0.1%成長したとしたら、1年後には、30%くらい伸びているんじゃないかな?」
と話をしたところ、妙に納得した顔をしました。
まさに数字に落とす説得力、あるいは可視化する力を実感しました。
で、
いい加減なことを言うのが怖かったので、帰社後、改めて数字を計算したところ、0.1%成長を続けると30%どころか、
44%アップしているんですよね。(1.001の365乗)
こんなに伸びるのかよ!?と心配になったので、何度かエクセルを確認したのですが、
1.44と出ています。
(間違っていたらどなたか、是非ご指摘お願いします!)

そんな、利回りの良い金融商品ってのはそんなにお目にかかれないですよね。(てか、ほぼない!?)
これが、
ヒト・モノ・カネ
と言われる所以。最初にヒトが来る所以だなと改めて思いました。

こういった地道系の話となると、
・当たり前を積み重ねると特別になる
といっていた、パティシエ杉野英実さんを思い出します。
NHK「プロフェッショナル」の第3回に登場していたので、もう12年前のオンエアですが、今も忘れられません。
参考リンク:http://www.nhk.or.jp/professional/2006/0124/index.html
44%成長を目指して、日々積み重ねて行きたいものです。