慣れるは成れる。

==========
令和3年7月10日  今日もクルクル通信1044号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

前を通った、エネオスに見たこともない大きなアストンマーチンが止まっていました。

ついつい、その威圧感?に見入っていると、ちょうど清掃を終えたところでした。清掃員が何食わぬ顔で車に乗り込み、その巨大なアストンマーチンをエネオス内で移動させていました。

「えっ、まじ?」

その若い(推定20台前半)清掃員のあまりの「当たり前感」にちょっとビビってしまいました。

私だったら、恐ろしくて、あんな高級車運転したくないですもん。

西麻布や青山一丁目のエネオスを通るたびに、ベンツ、テスラ、アストンマーチン、ランボルギーニなど、高級車が山の上に洗車されているのを見ます。

で、その度に思うんですよね。

よくこの清掃員は人様の高級車を清掃し、移動することができるよなって。

ぶつけたらどうしよう?傷をつけたらどうしよう?

とかって考えたことがないのかなって。

私には、絶対に無理です。

フィットとか、プリウスとか、ノートとか、普通車のレンタカーに乗る時ですら、ビビッていますからね笑

実家の車しか、基本運転はしたくありません。

大きさも運転の感覚もまるで違うから、「ぶつけたらどうしよう?」という恐怖でいっぱいになってしまいますから。

運転の恐怖という話で言えば、

初めて左ハンドルを運転した時のことは、決して忘れることはないでしょう。

そのデビューは、これまた生まれて初めてのベンツのEクラスでした。

場所はローマ。時間帯は、帰宅ラッシュの夕方5時前後。

空港から市内に入ると、大渋滞に巻き込まれました。

何を言ってるか、一つも分からない、イタリア語のカーナビに、翻弄されながら、右に左にウインカーを出しまくり。クラクションも鳴らされまくりました。

その間に、ウインカーに負けないくらいワイパーも左右に振りました笑

頼む、ぶつけないでくれ、勘弁してくれ!

何度叫んだか分かりません。

無事にホテルに到着することができたのは、あのEクラスのベンツの存在感のおかげだったと思っています。

周りはフィアットの小型車ばかりでしたから、Eクラスは、無駄に目立っていたんで、みんな、気を使ってくれたんですよ。

運転は下手だし、車全体から、「お上りさん」オーラがプンプンだったんです、きっと笑

そもそも、手配していたのは、普通のフィアットだったんです。

レンタカー屋さんが、気を聞かせてアップグレートしてくれたのですが…人生で、無料アップグレードを後悔したのはこれだけです笑

 

さて、話がそれましたが、人様の車を運転する可能性がある、ましてや高級車も。という仕事で言えば、ホテルのドアマンや、車ディーラーの営業もそうです。

お客様の家に車を納品にしに行って、その駐車場がめちゃめちゃ難易度の高かったりして、納品日に擦りました。

なんてことをやったら、大事故。考えただけでも吐きそうになります笑

人様の車を運転するなんて、私にはとてもできません笑

では、ディーラーの営業マンや清掃員、ドアマンの方に、

「よくこんな高級車運転できますよね、怖くないんですか?」

なんて質問をすることがあったとしたら、どんな回答が返ってくるのでしょうか。

おそらく、

いやー、慣れですよ。慣れ。

たしかに、最初は怖かったかもしれませんが(もう忘れちゃいました)、慣れちゃえばなんてことはありません。誰でもできますよ」

なのではないか?って思うんですよね。120%完全なる想像ですが。

でも、おそらく世の中のほとんどのことが、慣れなんですよね。

経験と言い換えても良いのでしょう。

一方、清掃員の方が、仮に私のブログを読んだとしたら、「よくもまあ、毎日こんなに書けますよね」って話かもしれませんが、

私の回答としては、やっぱり同じように、

「慣れです」

なんですよね。

 

清掃員の方も、ドアマンの方も車の営業の方も私も同じ人間です。

トイレのおじさんが言っていたように、ほとんどその能力に差はないでしょう。

だとすれば、何を経験するのか?によって、伸長する能力が異なるだけということになります。

やれば誰もが、どんなことでもある程度のレベルまではできるようになる。

ということなんです、きっと。

ほら、9月下旬くらいの季節外れの海で、はしゃいでいる人たちを見ると、「よくあんなに入ってられるなぁ」って思うことがあるじゃないですか。

でも、彼らは全然何とも思っていないんですよね。

小学校時代を思い出してくださいよ。梅雨の始まりの肌寒いプールの授業を。寒かったのは最初の一瞬だけ。数分入っていれば、体が慣れて、何でもなかったじゃないですか。

時間軸はまるで違いますが、慣れるという観点では、これと同じですよね。きっと。

 

だとするならば、初めは誰もが素人だし怖いもの。でも、誰もが慣れるもの。やれば必ずできるように成るもの。

そう思っていれば、

あとは、ノリと勢いで最初の一歩を踏み出すだけ。

中途逡巡している暇があったら、とりあえず飛び込んでみちゃえば良いのです。
*****
【今日のうねり】
人間の能力に差はない。どんなことでも慣れるものだから、どんなものにも成れるものなのだ。
だとすれば、初めの一歩をどう踏み出すのか?その恐怖に打ち勝つのか?これが一番重要ってことになる。
ビビらずに、とりあえず飛び込んでしまうのが良いのだ。