君は、「ラジオ体操第二」をやったことがあるか?

==========
令和3年7月14日  今日もクルクル通信1048号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

今朝も、散歩の後、絶賛ドハマリ中のラジオ体操第一をやりました。

やり始めた頃に比べれば、多少フォームは良くなったと思いますが、

でも、腰の回転運動のスタート位置の高さは出せません。ついつい、低くなってしまいます。

やはり体に染み付いてしまった、癖を取るのは容易なことではありません。

YouTubeを使ってやっているのですが、終了間際になると、「ラジオ体操第二」がリコメンドとして上がってきます。

今まではスルーしていて、すぐに画面を閉じていたのですが、

今朝はふと、「ラジオ体操第二ってほとんどやったことない。ってか、どんなのだっけ?」って思って、見てみたんです。

出だしのピアノの音は聞いたことがある気がするのですが、体は一切動きません。

見よう見まねでやってみるものの、全くテンションが上がらず、結局途中で終了してしまいました笑

 

そもそも、ラジオ体操第二ができる人って、どれくらいいるんでしょうか?

第一ができる人を100とした場合、半分の50もいるのでしょうか。

なんて疑問が浮かんできました。

単純なところで、いつも使用している、YouTube上のNHK録画データの再生回数を比較してみると、

第一:4,322万回

第二::1,722万回

と、2.5倍の差がありました。

続いて、再生回数が多いのは、かんぽ生命が提供しているもので、

第一:1,856万回

第二::736万回

これらを足し上げると、再生回数は、

第一:6,178万回

第二::2,458万回

となり、やっぱり2.5倍の差がありました。

この差をそのまま、できる人とできない人の比率とするには無理がありますが、聞けばそれなりにできる人の差と見ても良いのかな?とは思います。

聞いてもできない人は、まずこの動画を見ないと思いますので。

それはさておき、なんと、この動画アップロードされた日が、2020年4月1日なんですよね!

ざっくり465日で、4,322万回再生ですから、一日あたりの再生回数が92,000回!

この動画は緊急事態宣言に合わせて、NHKが公開したものだとは思いますが、この再生回数、けっこうハンパないですよね。

外に出れなくなったので、自宅で運動をした人が多かったってことですよね。

 

一瞬話が逸れてしまいましたが、日本の準備体操マーケットはラジオ体操第一の1人勝ちですよ、たぶん。(そんなマーケットがあるかどうかは謎ですが笑)

準備体操カテゴリーで圧倒的NO1です。

おむつと言えば、パンパースだし、

ウォークマンと言えば、ウォークマン(ソニー)だし、

ウォシュレットと言えば、ウォシュレット(TOTO)。

チャットアプリと言えば、ライン(LINE)。

宅配便と言えば、宅急便(ヤマト運輸)。

みたいなものですよね。

どれも、商品名がカテゴリー名あるいは、動詞になっているってやつです。

 

さて、2020年の自動車新車発売台数(登録車ベース)で、トヨタ自動車のシェアが50%を超えたそうです。

第2位のホンダが10%、第3位の日産自動車が9%。

ですから、一位のトヨタと2,3位との差が、実に5倍以上もあるんですよね。恐るべきことに。

一般的に自動車メーカーとしては、トヨタ、ホンダ、日産。ここにマツダとスバルが加わるかどうか、と思いますが、

純粋想起の第一位は圧倒的にトヨタなのではないでしょうか。

実際、街中を見ていても、ほとんどがトヨタの車ですもんね。プリウス、アルファード、ヤリス、クラウン。ジャパンタクシーもトヨタですし。

この差って、もしかしたら、ラジオ体操第一と第二の差どころじゃないかもしれません、

ちなみに、広告代理店業界も、電博(デンパク)と呼ばれますが、売り上げ規模で言えば、2倍以上の開きがあるんですよね。

単なる売り上げの差ですから、どこまで意味があるのか?はさておき笑

 

自分の商売において、シェアNO1を獲得できるか?

純粋想起で第一位を獲得することができるのか?

って、とても大事なことだと思います。

お客様にとっての椅子が一つしかなかったら、純粋想起第一位のところにお客様は連絡をしますからね。

常に一位に上がってくるように努力をしなければならないのです。

何も、自動車、おむつ、家電製品といった、誰もが知っている、巨大なマーケットで一番になる必要なんてありません。

と言いますか、そんなことは大企業以外にはまず無理でしょう。

弱小企業は、最初からそんな戦場に飛び込むことなんてできません。

活路を見出すとしたら、そんな巨大マーケットではなくて、マーケットをどんどん細分化していった先にある、極めて小さなマーケットか、独自のマーケットを狙うのが良いのでしょう。

独自のマーケットでは、自分だけは生存できれば良いのですから、規模も小さくても構わないのです。

そこでのシェアNO1になる。

みうらじゅんさん風に言えば、

自分で新たな土俵=ジャンルを生み出せば、自分以外の誰も博士になれない訳です

なんですよね。

これってある意味で、「無敵」とも言えるでしょう。

相手になる敵がいないほど強いこと

という意味ではなく、

自分しかいないから、敵がいない

という意味で笑

弱小の微粒子企業はそこを目指すしかないのです。

それで言えば、準備体操マーケットなんて、信じがたいほどニッチですが、ラジオ体操第一はそこの圧倒的な雄なわけですよね。

目の付け所はめちゃいいね。まあ、狙ったのではなく、結果的にそうなっただけだとは思いますが。

三菱電機より「ニクイね」

なんです笑

(三菱電機自体は、大変なことになっていますが…)

 

NO1とNO2には、巨大な断絶があるのですから、弱小の微粒子企業は、まずはニッチなマーケットでシェアNO1を目指す。

そんな競争優位の作り方が良いのではないか?と思うのです。
*****
【今日のうねり】
NO1とNO2には、巨大な断絶がある。
弱小の微粒子企業は、まずはニッチなマーケットでシェアNO1を目指すのが良いだろう。
椅子が一つしかなかったとしたら、そこは確実にNO1にすべて持っていかれてしまうのだから。
巨大なマーケットにはそんな弱小軍団は入ってはならない。即死が待っている。
間違ってもそこを志向するのではなく、みうらじゅんに倣って、
「自分で新たな土俵=ジャンルを生み出して、自分以外の誰も博士になれない状態を作る」のがよいのだ。