口だけ人間の悲哀。

==========
令和3年7月15日  今日もクルクル通信1049号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨日、打ち合わせの合間に、最近利用頻度が急激に上がっている、スタバで、時間調整をしておりました。

本を読んでいると、サラリーマン風の2人組が隣の席に来ました。

席に着くや否や、説教風の話が聞こえてきてしまい、ついつい、本をそっちのけで耳を傾けてしまいました。

まあ、耳を傾けなくても聞こえてくるボリュームではありましたが笑

どうやらこの2人は、同じチームの先輩と後輩のようです。

「A(後輩の名前)、あの案件、今どうなっている?」

「いや、依頼をしている、××から、戻しがなくて動けていません」

「あっ、そうなの。でも、これさ、話をしてから1週間以上経ってるよね?あれから連絡したの?」

「いや、すいません。していません。△△の案件でちょっとバタついてしまっていまして」

「そりゃあさ、追いかけなかったら、貰える戻しももらえないでしょ。ってか、△△のこととか関係ないから。

今話に出た、△△の案件はどうなってんの?契約決まりそう?」

「いや、まだです。C君に任せているんですけど、あんまり動けていないようでして」

「C?そのことって、関係なくない?お前に任せているんだからさ。ちゃんと進捗管理しないとだめっしょ。それがお前の仕事だろ」

「はい。すみません。最近、テンパり気味でして‥」

「そうかもしれないけどさ、忙しいのはみんな一緒だから」

「はい、それも分かっているんですけど…すみません」

「分かっていてもやらなきゃ一緒だし、言い訳ばっかじゃ何も前に進まないよ」

確かに先輩の言っていることは正しいかもしれないけどさ、もうちょっと状況を詳しく聞いたら?ちょいと詰めすぎじゃないですか‥

なんて思っていると、

机の上にあった、ケータイがブルブル振動し始めました。

「んん??誰だ?すまん、D部長からだ!なんだろ??ちょっと待って」

「はい、Bです。お疲れ様です」

と、先輩は上司からの電話を取りました。

「××××××××××××××××??」

「いや、すいません、まだ確認が出来ていません。〇〇の所で止まってしまっていまして。

「××××××××××××××××??」

「はい、すいません。それもわかっているんですけれども。〇〇がなかなか動かないもので」

「××××××××××××××××??」

「はい。やらせます。すみません。そちらの件も、△△のところで止まってしまっておりまして‥すぐに確認して、なるはやでご連絡致します」

その電話中に、後輩の方に目をやると、若干ニヤニヤしながら先輩の顔をちょろちょろ見ていました。

それを確認した、私は、ちょっと嬉しくなってしまいました。といいますか、私も同じように、ニヤッとしちゃいましたよ笑

そうこうしていると、先輩と上司との電話が終わりました。

「Bさん、大変そうですが、大丈夫っすか?」

「大丈夫じゃねぇーよ。なんで俺があいつのことで言われなけきゃいけないんだよ。わるいのはあいつだろ。全くよぉ」

的な事をぶつくさ言いながら再び電話をかけ始めました。

 

いやー、それにしても、後輩は先輩の姿がおかしかったでしょうね。

先輩、俺に言っていること、全くできてねーじゃんって。

これほどの反面教師事例にはなかなかお目にかかれないですよね。

先輩が後輩に指導していることと全く同じことで、その先輩が上司から指導されているんですから。

その先輩の話を聞け!って言っても、聞く方が難しいですよね。

やることやっていないんだから、当たり前じゃないですか!?って話です。

ちょっとだけかわいそうなことがあったとしたら、その先輩自身が、その事実に気づいていないってことかもしれません。

確かに言ってることは正しいかもしれないけど、自分がそれをやっていなかったら、人を動かすことは動きませんよね。

口だけなんでしょ?あの人って思われても仕方ないですし。

言行一致。

行動で示す。

背中で語る。

自らが動くことなく、人を動かすことはできないのです。

人の振り見て我が振り直せ。

口だけ人間にならないように、行動ありきで行くことを改めて決意しました。
*****
【今日のうねり】
人を動かすには、まずは自分が行動することだ。
行動をしていない人の話を聞くことなんてできないのだから。
言行一致。行動で示す。背中で語る。
口だけ人間はいらないのです。