「〇〇があったから、今の自分がある」この構文を使いこなせ!

==========
令和3年7月16日  今日もクルクル通信1050号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

あなたの「これから」があなたの「これまで」を決める――佐治晴夫

この一言を見た瞬間、魂が揺すぶられました。

いい言葉過ぎるので、この一言だけで、今日のブログは終わりにしてもいいんじゃないか?とすら思ってしまいましたが笑

続けさせていただきます。

これは、昨日、パラパラと眺めていた、『致知』のメルマガに載っていた一言です。

メルマガ中段に書かれていた、この言葉を見落とさずに、本当に良かったと心の底から思いました。

値千金とはまさにこのことかもしれません。

速攻で、Googlekeepに保存しました。

 

恥ずかしながら、私は佐治晴夫さんを存じ上げませんでした。

皆さんご存じでしたか?

ググってみると、1/fゆらぎ扇風機、VHSの3倍モードの開発だけでなく、NASAによる、ボイジャーのゴールデンレコードにJ.S.バッハのプレリュードの収録を提案する

など、幅広くご活躍しているようです。現在は、鈴鹿短期大学名誉学長。

1/fゆらぎ扇風機ということで、数年前の朝ドラ、『半分、青い』の佐藤健役のモデルになった人か?と思ったのですが、どうやら違ったようです。

そっちは、バルミューダのGreenFanでした。

もうちょっとオンライン上の情報を漁ってみました。

すると、この言葉の理解度は少しは上がったような気がしました。

とはいえ、58冊も書籍を出版されている方ですから、めちゃ浅い理解にしかならないのですが笑

読まなきゃいけない本が増えていくばかりです。。

 

元々、佐治さんは音楽家を志していたそうです。でも、能力がないことに気づいて、数学者へと、道を変更。

ところが、そこでも数多くの天才と出会い、この道も断念。理論物理学に方向転換をしたそうです。

ただ、これらの経験があったからこそ、音楽と数学を結び付け、ボイジャーのゴールデンレコードにバッハのプレリュードの収録の提案をすることができたようです。

そんな佐治さんですが、

あなたの「これから」があなたの「これまで」を決める

以外にも、こんな言葉も残していました。
~~~~
人は毎日生まれ変わる。昨日の自分はもういない。

過去は単なる記憶であって、実際に経験した過去そのものではない。

過去は固定されたものではなく、自分の都合のいいように作り替えたり、脚色したりすることができる。

そんな実体のない過去にこだわるより、この先どう生きていくかを考えた方が建設的だと思いませんか?
~~~~

いやー、しびれますね。

全ての過去の出来事は、解釈次第でいくらでも改ざんできるってことですよね。

他にはこんな言葉も。
~~~~
人の一生には全盛期も衰退期もない。

私達は時間の経過と共に成長し、老いていきます。

歳を重ねるということは、体や頭の動きが衰える一方で、多くの経験を重ねて直観力が鋭くなっていく。

おしなべてみれば、人間の一生には全盛期も衰退期もないのです。

だからこそ、“今さら”ではなく“今から”。

好奇心を持って新しいことに挑戦することが大事です。
~~~~

人生には上り坂、下り坂、まさか。三つの坂があるとは言われるように、良いことも悪いことも、思わぬことさえも起こってしまうのが人生です。

起こってしまったことは仕方ありません。その事象自体は変えることができません。

でも、それ以降の行動によって、その事象の意味はいくらでも変えることができるんですよね。

だからこそ、これからが大事。これからがこれまでを決める。

ってことなのでしょう。

大いなる成果を上げた方々の話に触れると、

〇〇があったから、今の自分がある。(〇〇は当時の自分にとってはあり得ないマイナスの出来事)

という話が頻繁に出てきますが、これだって、まさにそうですよね。

その出来事が起こってしまった時点では、マイナスでしかない。

でも、それにくじけることなく、それ以降も行動し続けることによって、大いなる成果を上げることができた、

だからこそ、マイナスという認識だった出来事がプラスプラスプラスに書き換えられていく

のだと思います。

 

この先、どう生きるのか?

は、いくらでも自分で変えることができるのだから、凹んでいる暇なんてありません。ガンガン前に進んでいくしかないのです。

そうして、後に、過去の出来事を、自分の都合の良いように書き換えてしまえばよいのです。

すべてを善意と考える

すべてを修養と考える

そこから必ず道がひらける

という、松下幸之助の言葉があるらしいですが、これも、同じように、

どんな出来事も、それ以後の自分の行動で、全てプラスにすることができるという意味なのだと思います。

(そして、この言葉も、同じメルマガに記載されていました。これまた値千金です笑)

これからを生きる。未来志向で行こうじゃありませんか。
*****
【今日のうねり】
あなたの「これから」があなたの「これまで」を決める――佐治晴夫
という言葉がある通り、どんな過去の出来事も、それ以降の行動によってプラスに変えることができるのだ。
だとすれば、凹んでいる暇なんてない。ガンガン突き進んでいくしかないのだ。それが成果を上げる一つの道なのだ。
これからを生きる、未来志向で行くのだ。