オリンピック初日、エロ本専門店に迷い込んだ。

==========
令和3年7月25日  今日もクルクル通信1059号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

吉村昭にハマりつつあります。

存在を知ったきっかけはもちろん、沢木耕太郎

彼のエッセイの中に、吉村昭の作品がしばしば出てきたからです。

中でも絶賛していたのは、『戦艦武蔵』と、『羆』。特に、前者は日本のノンフィクション作品の金字塔。くらいのことが書いてあったので、かなり気になっていました。

 

先日、祖母の呉服屋に戻った時に、二階にある叔父の本棚を漁っていました。

「あるわけないよな」って思っていると、あったんです。本棚の一番下に。

吉村昭の作品が10冊ぐらいまとまって置いてありました。

噂の『戦艦武蔵』もあったので、お店にいる、叔父に「これ、借ります」と一言言うと、

「それもいいんだが、脱獄4回の脱獄犯の話があるんだよ。それも面白いから持って帰れ!」

と言われました。

一緒に本棚の前まで行ってくれ、「あー、これ、『破獄』」と手渡しをしてくれました。

それにしても、この叔父の本棚は、読みたい本がたくさんあります。

海外作品で言えば、トーマス・マンにサリンジャー。レイモンド・チャンドラー(村上春樹訳版)。

日本作品で言えば、村上春樹、藤沢周平、池波正太郎、司馬遼太郎に、宮城谷昌光あたりもだいたい揃っています。

思わず叔父に、「いつか引退したら、ここの本棚にあるのを読むだけで、2年ぐらいは過ごせそうだな」って言ってしまいました。

引退ってなんだよって思いながら笑

ちなみに、三階にある、祖父の本棚には、海音寺潮五郎の全集っぽいのとか、山岡荘八の『徳川家康』とかクソ分厚い、読み応え満点そうな作品もあったと記憶しているので、この家で5年くらいは過ごせるかもしれません笑

 

実際、『戦艦武蔵』は読み応え十分でした。既に吉村昭のノンストップな予感がしていて、危険なにおいがプンプンしています。

そんな吉村昭へのアンテナが立っていた私は、一昨日の金曜日。2021年7月23日、オリンピックの開会式があったその日に、古本屋で見つけたんですよね。

「さすがに今日はめでたい日だから」なんてよくわからない理由をつけて、ちょっと早めに帰宅をしました。

19時を過ぎると、ほぼ全てのお店がクローズしている、神保町のすずらん通りも、17時前には、全てのお店が開いていました。

なかなかこんな時間にこの通りを通ることがないので、古本屋を物色していると、

開いているのを初めて知ったと言いますか、存在を初めて知った、古本屋がありました。

その店頭におかれた本棚に、吉村昭があったんです。

彼のデビュー作であり、太宰治賞を受賞した、『星への旅』と、難破船を題材にした、『破船』の2冊が。

状態もそこそこよく、しかも各200円。迷うことなく買いました。

よくよくその本棚を見てみると、原田マハの『たゆたえども沈まず』があったり、名著とも言われる『シナリオプランニング』があったりと、なかなか気になる書籍が配架されており、また来るお店にノミネートしておきました。(『シナリオプランニング』が持っていますが)

お会計をしようと、店内に入っていくと、真っ白な店内に所狭しと、山のように本が積まれていました。

入口すぐ右手に、優に私の身長(165㎝)を超えるほどの本が山積みされ、僅かに釣銭トレイが顔を出しているだけの、会計テーブルを発見しました。

ところが、そこを覗き込んでも、店員さんがいません。

どこにいるんだろうと、振り返った時に、衝撃が走りました。

壁一面の本棚に配架されていたのが、全てアダルトビデオだったんです。

ギョギョギョ

改めて見直すと、会計テーブルの上に置かれていた本も全てビニ本。

えっ、ここ、エロ本屋だったのか?

でもなぜ、店頭に、吉村昭、原田マハがあるんだ??

全く理解ができませんでした笑

店内奥の方に進むと、小さなテーブルがあり、二人の店員さんがいました。

そこは上から、「ここは会計ではありません」と、緑色の油性マジックで雑に書かれた、ダンボールの切れ端がぶら下げられていました。

1人はメガネをかけた、学生風のアルバイト。

その手前に、クルクルの髪型にメガネ、無精ひげ。だらっとしたシャツにジーンズを着た店主とおぼしきおじさんがいました。

「すいません、お会計お願いしたいんですけど…」

と言うと、

「はい。ちょっと見せて。」

と言いながら、おじさんが近づいてきました。

値段を確認すると、彼は

「400円ね。このままでいい?」

と言いました。

「はい、構いません。」

そう答えながら、1000円札を渡すとジーンズのポケットから、折り畳みのガラケーぐらいの小銭入れを出して、そこから600円のお釣りをくれました。

一人通るのがやっとな狭い通路で、会計が終わりました。

「レシートもらえますか?」

というと、おじさんは、会計スペースに行って、レシートを出してきてくれました。

そのまま帰ろうと思ったんですが、

こんなに堂々と?アダルト書店に入ることもないので、店内を物色させて頂きました。

確かに、エロ本やAVも十分すぎるほどありましたが、それだけではなく、

多岐川裕美、松本伊代、アグネス・ラム、榊原郁恵など、往年のアイドルのグラビア写真などが、所狭しと店内に貼られていました。「両面印刷です」と手書きのメモが添えられて。均すと2000円ぐらいの値札がつけられていました。

絶版のグラビア雑誌のバックナンバーも多数取り揃えられているようでした。

よくよく見ると、AVもDVDだけではなく、VHSが多数ありました。

この時代に、「VHSでAV見る人いるのかよ!?」って一瞬思ったんですが、すぐに思い直しました。

この世界にも、ビンテージものが好きな人がいるんだろうなって。

VHSでしか存在していない作品があって、「それが欲しい!」って人がいるんでしょうから。

でなければ、こんな一等地で、この商売が成り立つはずがありません。

私からすりゃ、「こんなの買う人がいるのか?」って思うものでも、需要がある。「それが欲しい!!」という人がいるのが世の中なんですよね。

自分のモノサシだけで、何事も判断してはならないのです。

 

レシートに書かれていた、「荒魂書店」を実際にググってみると、「荒魂」と打ち込んだだけで、「荒魂書店」が予測で出てきました。

それは検索数の多さ=認知があることの表れですよね。

「アイドル・プレミアムグッズをお探しなら当店にお任せ下さい」

とトップに書かれたHPを見ると、本店と新店の二店舗もあることが判明しました。

もう、そのスジじゃ、有名店であることは間違いないですね。

私が知らないだけなんです。

まあ、改めて考えてみれば、アイドルもの、アダルトものも一大産業なのですから、この古本の町、神保町で専門店があってしかるべきです。

パンフレットや雑誌のバックナンバーを集めている、映画専門書店もあれば、洋書の専門書や、推理小説専門店も。あるいは、日本の古文書専門店だってあるんですから。

とは言いながら、店頭の本棚に、全くそれと関係ない、吉村昭や原田マハがあったことは、やっぱり分かりませんが笑

 

何事も、自分の価値観だけ判断しないこと。

多種多様な人がいるということ。

2020東京オリンピックの記念すべき開会式の日でしたから、

Know Differences, Show Differences. ちがいを知り、ちがいを示す。

という、そのアクションワードとともに、それが脳裏に刻まれました。

それにしても、

荒魂書店のレシート。経費処理できるのかしら?

一瞬、怯んだことはここだけの話にしておきます笑
*****
【今日のうねり】
目的意識が高まると、四六時中、アンテナ感度が高くなり、それが張りっぱなしになるもの。
世界は広い。間違っても自分のモノサシだけで、決めつけることはやってはならない。
Know Differences, Show Differences. ちがいを知り、ちがいを示す。
が大事なのだ。