いずれ人生の【激流】を生むための粘り強さ

めっちゃビビる
腰を抜かす
一発ノックアウトされる
震える
会う度に、話をさせて頂く度に、こんな言葉が脳裏に刻まれてしまう人っていますよね?
ざっくり言うと、良い人&凄い人です。
こんな言葉が脳裏に刻まれてしまうと、どうやったって、またお会いしたくなってしまうもの。
結果的に、そんな人は、究極のコミュニケーション能力も有しているとも言うことができます。
そんな人に出会うたびに、
めちゃくちゃワクワクします。
同時に、「自分ってしょぼいな」ってへこんだりもします。
でも、この凹みは【良質】の凹みで、
すぐに頑張んなきゃって気持ちにさせられる=明日を生きるエネルギー
にもなるものです。
そんな人に出会う度にワクワクするって、「孫悟空かよ!って感じですよね笑
良い人&凄い人に出会い、近づきたいと思って行動を真似てみたとします。
すると、
何のために行動しているのか?
それがどんな価値があることなのか?
最初は何が何だか分からない。
でも、ずっと続けているとある日突然、
「あっ!?こういうことか!」
ってわかる瞬間が来ることがあります。
それはその人が価値だと思っていたことと、自分が発見したことがイコールであるとは限りません。
というか、むしろイコールでないことの方が多いのかもしれません。
内田樹さん流に言えば、
全ての学びは事後的にしか分からない
訳ですから。
1人1人が得られるものが異なるんだけど、何かの秤で測ったら同じ価値のものを得ることができる、それが学びというものですから。

そんな人にたくさん出会い、真似ることで歩んでいくことができたら、人生はどんなに豊かなことでしょう。
そんな人にたくさん出会っていたら、自ずから自分もそんな人になっちゃうかもしれない。
自分の当たり前の基準が、気づかないうちに、良い人&凄い人水準になってしまいますからね。
となると、
人生は一発ノックアウトされるような人との出会いの数
である程度規定されてしまうのではないか?
そんなことを想うのです。

そんな出会いの数を増やすにはどうしたらいいのか?
出歩く数を増やすしかない。
って、「当たり前すぎじゃねえか!」っていうツッコミがあるかもしれないですが…そうなんです、当たり前なんですが、
出歩くしかないんです。行動量でしかないんです。足で稼ぐしかないんだと思うのです。確率論な部分があるのですから。
最初は、数は簡単に増えないでしょう。だから序盤が大切。ここで心折れる人も少なくないのかもしれませんが、耐える。
でも、どこかである一定の閾値を越えたら加速度的に出会いが増えると信じて行動し続ける。
小学校のプールの授業で、流れるプールをみんなで作った時みたいな感じです。最初はめっちゃ重い、全然流れができない。
でもある時から、信じられないスピードが生まれる。それがいずれ激流へと変化する。
そんな人生の激流が生まれるまで、愚直に粘り強く行動し続けるのです。
===
■ 100人プロジェクト 94/100(前日比̟0)!!
ラスト6人です!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら