話芸を磨く。は営業も同じ。

==========
令和3年8月3日  今日もクルクル通信1068号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

一昨日昨日に引き続きセールスについて書きます。

ある新商品が発売になって、2人の担当営業がいたとしましょう。

その二人は、全く同じタイミングでその商品担当となり、スタート時点では、商品知識もほぼ全く同じだったとします。

なので、初めてその二人のセールストークを聞いた時に、差はほぼありませんでした。

にもかかわらず、1ヶ月後に再び2人のセールストークを聞くと、そこには、びっくりするほどの差がありました。

その差って、一体どこから生まれる可能性があるのでしょうか?

おそらく、それは大きく二つの理由があるように思うのです。

一つは、場数

もう一つは、より良いものにしようとする意欲

です。

前者は、文字通り、何回プレゼンを行ったのか?という単純なプレゼン回数。

後者は、プレゼンを行う度に、相手に響いたところはどこだったのか? もうちょっと聞きやすく思ってもらうにはどうしたら良いのか?

といった振り返りをどれだけやったのか。ということです。

言い方を変えれば、量の面でも質の面でも、どれだけトライ&エラーを繰り返したのか?ということの差から来るのだと思うのです。

もちろん、回数を増やすだけ=量をこなすだけでも、プレゼンが「こなれる」ということはあるかもしれませんが、あくまで「こなれる」程度のこと。

意識的に、「どうしたらもっとよく伝わるのか?」を考え続けなければ、成約に大きな影響を及ぼすような、変化を生むことはできないでしょう。

やや大きな言い回しになるかもしれませんが、

セールストークという話芸を磨いてきたのかどうか?

が大きな差を生むように思うのです。

 

話は一気に変わりますが、私は落語好きです。

その昔、「面白い」というネットで話題になっている若手噺家がいて、彼を目当てに、彼が「仲入り前」を務める、寄席に行ったことがありました。

「仲入り前」とは、休憩直前に演じることであり、トリの次に重要だと言われています。

あれだけ評判が良いのだから、きっと面白いに違いない!、期待に胸を膨らませながら、ネタを聞いてみたんですが…

これが、驚くほど、つまらなかったんです笑

それから1年以上経った後に、急遽代打で、彼がトリを務める寄席に鉢合わせたことがありました。

その事実を知った時、当時の記憶が蘇り、かなりテンションが落ちたのですが、その他の演者さんが良かったので、「ここまで来たんだから仕方なし。」ということで、入場することにしました。

実際に、トリとして、彼が高座に上がりました。

それまでに十分笑わせてもらったので、「もう元は取ったし、まいっか」くらいのノリで、ほとんど期待もせずに彼の話を聞くことにしたんです。

しかも、あろうことか、彼は、あのつまらなかったネタをかけたんです。

それに気づいた時は、「えっ、まじかよ、勘弁してくれよ。」ってリアルに思いましたね。

で、でもです。

信じられないほど面白かったんです。

腹を抱えて大笑いをさせてもらいました。

同じネタとは思えないレベルで面白くて、「一体どうなってんだ、これ!」って、一人でツッコミを入れたことを今でも覚えています。

 

同じネタにもかからず、なぜ、このような違いが生まれたのか?

もしかしたら、彼は、

寄席という場を使って、もっと面白くするにはどうしたら良いのか?

自分なりのそのネタの完成形を模索していたのではないか?

なんて思うんです。

もちろん、高座に上がる以前にも、数えきれないほど稽古をしてきたはずです。

でも、お客さんにウケるかどうか?は、プロとは言えども、実際に客前でやんなきゃわからないのではないか。

どんなマクラを使うのか?

途中でどんなボケを入れるのか?

サゲ(オチ)はどうするのか?

などなど、無数のチューニングポイントがあって、それを寄席という舞台で、試行錯誤を繰り返し続けてきたのではないか。

大トリを務めるような、しかるべき舞台のために。

なんてことを思うのです。

これは勝手な私の想像に過ぎないので、合っているかどうかは分かりません。

でも、咄家であれ芸人であれ、卓越した話芸を持つ人であったとしても、最初から上手かったってことはないはずです。

舞台に立つ数と、そのための振り返り。

量と質の向上を追求することによって、自分なりの型を確立しているのではないか。

営業で言えば、成約率の高いセールストークを確立することができるのではないか。

圧巻のセールスパーソンを目指すのであれば、話芸を磨く。という意識は、欠かせないように思うのです。
*****
【今日のうねり】
セールストークの巧拙は、どれだけ場数を踏んだのか?とどれだけそれを改善してきたのか?
量と質を追求し続けるかどうか?によって決まるのだろう。
それは、あたかも、咄家があるネタにおける、自分なりのフォーマットを確立する過程に似ているのかもしれない。
プロの咄家とは言え、最初から上手いわけがなく、実際に客先の前に立つことによって、型を作り込んでいるはずなのだから。
圧巻のセールスパーソンを目指すのであれば、話芸を磨く。という意識は、欠かせないだろう。