【リスタートコスト】を意識する

実に3週間ぶりにトレーニングを実施しました。
スケジュール調整が出来なかったのは自分の責任ですが。
ジムに通い始めて9カ月が経ちましたが、10日以上間隔を空けたことは1度もありませんでした。
いざ、トレーニングを開始すると、メニューや回数はこなせるんですけれども…
意識が全然できない
そもそもどういうフォームが正しいのか?
自分がフォーカスすべきところはどこだったのか?
どこの筋肉にどういう意識を向けるのか?
全部がすっ飛んでいました。
トレーナー曰く、「きちんとできている」とのことなのですが、自分自身の手応えが全くありません。
トレーニングの最中もずっと気分がフワフワしていて、集中も出来ていませんでした。
結果的に回数をこなすことだけしか意識をすることが出来ず、体を正しく使う、体と向き合うことが出来ず、消化不良感が半端なかったです。
まさに、
続けることを中断してしまうことの恐ろしさ
を身をもって体感しました。
トレーナーは、「ここからまたリスタートってことで頑張りましょう!」
と言われましたが、
「リスタートかよ。めちゃめちゃもったいないことをしたな、そんな気分になりました」
悪いのは、スケジュールメイクをミスった自分なので、全部自分の責任なのは分かっていますが…
中断する、続けることをやめる事っていうのは、本当にもったいないことですね。
能力は確実に落ちます。でも、それ以上にもったいないのは、
意識を失ってしまうことなのではないか?
と思ったのです。
例えば、【華麗なる一族】に出てくるような巨大な鉄鋼炉は1度火を落としてしまうと、再度点火するのにとんでもなく時間がかかる
あるいは、あんこう鍋や鰻の老舗は、秘伝のたれを毎日足し続ける。それを怠ると味が創れない
って言うじゃないですか?
リスタートに膨大なエネルギーがかかるんです。

今、バタバタしておりますが…スケジュールメイク、タイムマネジメントの重要性はもちろんなんですが、
リスタートコストの高さ
ということを身をもって学んだのです。
これを知っているかどうか?ってめちゃ重要ですね。

イチローも、オフでもオフにしなかったようですね。とにかく毎日練習していたそうです。
これはトレーニングでも仕事でも同じ。
ということで、話す能力も書く能力も伸ばしていきたいと願う僕は、毎日このブログの火を落とすことのないように運転し続けて行きます。
===
■ 100人プロジェクト 94/100(前日比̟0)!!
ラスト6人です!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら