失敗ってあるんですか?

==========
令和3年9月11日  今日もクルクル通信1119号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

仕事ぶりとは百発百中のことではない。

百発百中はサーカスの話である。
(中略)
優れた仕事ぶりとは、長期にわたり、仕事において成果を生んでいくことである。当然そこには間違いが生まれる。失敗も生まれる。

強みだけでなく、弱みも明らかになる。

間違いや失敗をしたことのない者だけは、信用してはならない。

そのような者は、無難なこと、安全なこと、つまらないことにしか手をつけない。人は優れているほど多くの間違いをおかす。

優れているほど新しいことを行うからである。

仕事ぶりを打率として解釈してください。
(『ドラッカー365の金言』 9月10日分より抜粋)
~~~~

これは例によって、毎晩寝る前に読んでいる、『ドラッカー365の金言』の9月10日分です。

読んで、真っ先に思い出したのは、電通時代の上司です。

彼のチームへの異動が決まり、挨拶に行った時に最初に言われたことが、

「失敗をしなさい。失敗をしなかったら、俺は、お前は仕事をしていないって判断するからな。」

でした。

ドラッカーと全く同じじゃねーかって話です。

当時の彼がドラッカーを読んでいたようには思えないので笑(言わずもがな、私も読んだことはありませんでしたが)

これが、彼独自の思想なのか、はたまた先輩から受け継いだものなのかは分かりませんが、

この一言は、大きなプレッシャーではありましたが、成長のエネルギーにもなりました。

事実、彼の元で仕事をしている時は、多くのミスやトラブルを引き起こしました。

その度に、「すいません、やっちゃいました。〇〇の件で…」と報告&相談に行くと、

彼は、黙って、話を聞き、聞き終えると、

「じゃあ、今からクライアントのところに謝りに行くか」

というだけでした。

実際にクライアントに、事情を説明し、深々と頭を下げてくれるんですが、部下としてはこの姿を見るのが痛いんですよね。

その時に胸に沸き起こる、「この人に頭を下げさせてはいけないな」って気持ちが、次の仕事のエネルギーになるんですよ。

そして、その失敗にについて咎められることは1度もありませんでした。

「しょうがねえじゃん、起こっちまったことなんだからさ。」って。

今から思えば、いや、当時からも思っていましたが、最高の上司でしたね。夜はタフでしたが笑

今は事故ったり、トラブった時に、守ってくれる人はいませんから、自分で何とかするしかありません。心細いなー笑

ちなみに、「仕事ぶりとは、打率である」とも書いてありましたが、

これは、”雀聖”阿佐田哲也こと色川武大さんのプロの話とも全く一緒です。

彼も、おそらくドラッカーを読んでいないと思いますので、完全にばくちを通して、辿り着いた結論なんだと思うのですが、大事なのは、通算打率なんですよね。

あまりにカッコいいので、再び引用しておきます。
~~~~
プロという観点からすると、

一生のうち二年や三年、強くて、ばくちでメシが食えたって、それはアルバイトみたいなものだ。

ばくちのプロなら、ほぼ一生を通じて、ばくちでメシが食えなければね。

アマチュアなら別だよ。他に職業があって、ばくちは趣味でやっているのなら、

ピークの間だけ打って、勝てなくなったらやめてしまって、本業に専念すればいい。

プロはそういかないだろう。
(色川武大の『うらおもて人生録』より抜粋)
~~~~

さて、今年の前半の「モラトリアム期間」、何もしていなかったという訳ではありません。

「これやったら良いんじゃねえか?これやったらおもろいんじゃねーか?」って、頭に浮かんだことは、とりあえず即行動していました。

そして、その全てが上手くいかずで畳みました、しかもソッコーで笑

でも、それらが全て失敗だったのか?

失敗だったとは思っていません。

あれをやったから、これも試してみたから、分かったことが沢山ありましたし、

それらがあったから、今の自分をまるっと肯定できてもいます。

だとすれば、そもそも失敗ってなんなんでしょうか?

地区大会決勝戦のPK戦でシュートを失敗。それが原因で4-5で負け。

これは失敗でしょうか。

その瞬間をスナップショットで切り取ったら失敗かもしれません。

でも、その半年後の東京都都大会ベスト16をかけたPK戦でバシッとシュートを決めて、勝利に貢献したとするならば、

あのPKミスは、失敗じゃないとも捉えることもできますよね。

あの時外したから、「二度と起こすまい」と思いっきり叩き込めた

と解釈することができますからね。

だとするならば、それが失敗かどうか?という認定は、時間軸を短期で取るのか?長期で取るのか?に依存する。

と言えるのかもしれません。

ちなみに、weblio辞書によると、失敗は、

物事をやりそこなうこと。方法や目的を誤って良い結果が得られないこと。しくじること。

と書いてあります。

なので、

良い結果を得られなかった時に、そこで歩みを止めてしまうこと。

これが「失敗」と言っても良いのかもしれません。

行動し続けてさえいれば、過去のそれらのミスも、全て回収することができますから、短期では失敗だったことが失敗ではなくなるのです。

そんなことを考えていたら、頭に思い浮かんだのは、あのバスケットボールを持った、スラムダンクの安西先生の姿。

諦めたらそこで試合終了だよ。

でした。

諦めることなく、倦まず弛まず歩み続けていれば、失敗はないし、失敗は優れた者の証とドラッカーも言っているのですから、

行動し続けない理由はないのです。
*****
【今日のうねり】
歩みを止めない限りにおいては、人生に失敗はないのだ。
例え、短期では失敗になってしまうことでも、長期では回収することができるのだから。
失敗に直面した時に、歩みを止めると本当に失敗になってしまうのだ。
短期の失敗は優れている者の証。
行動あるのみなのだ。