歯ブラシから、ヒゲが一本

==========
令和3年9月12日  今日もクルクル通信1120号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

Philipsの電動歯ブラシを愛用しています。

電動歯ブラシに切り替えてから5年ほど経っていますが、もう普通の歯ブラシには戻れません。

めちゃ快適ですからね。

では、歯垢の取れ具合は?というと、明らかに良さそうです。これに切り替えてから、定期検診でNGをくらったことは1度ありませんから。

今朝、歯ブラシ部分の交換を行いました。

正規品はかなりいい値段がするので、アマゾンで代替品を購入しています。

今、単価を確認したのですが、正規品の1/3!!

価格の差ほどのクオリティーの差を感じていないので、これで十分だと感じていました。

インクジェットプリンターの正規品と代替品みたいなところですかね。素人には、そのクオリティーの差が分からないですからね。

箱を確認してみると、残数が3つ。

「そろそろ買い足さねば!なんか割引とかないのか?」と思い、箱の中に残されていた紙を見てみると、

会員は50%引き。

という、衝撃的な文字が目に飛び込んできました。

会員に入るだけ50%引き?ちょっと怪しさを感じたのですが、一旦心に留めつつ、ニュー歯ブラシで歯磨きを始めました。

歯磨きをし始めてからわずか数10秒後、口の中に違和感を感じたのですが、

「さすが新品!昨夜リーチできなかったところのカスも取ってくれたんだな」と思っていました。

ポジティブすぎだろ!?笑

ところが、その違和感がいつまで経っても消えません。

歯磨き終了後、うがいをしても、そのカスの確認ができません。(汚くてすみません笑)

歯ブラシを見てみると、そこには、

ナマズのヒゲみたいな、2倍くらいの長さのブラシが1本ニョロっと出ていました。

違和感の正体はヒゲでした。

このヒゲ、引っ張っても抜けません。植毛でもこんなに強固に接着されていることはないはずです笑

植毛とは無縁ですが。

仕方のないので、ハサミでカット。

その他のブラシの長さを確認してみると。2本ほど他のブラシよりも2ミリくらい長くなっているものがありました。

それもついでにカットして、一応長さを揃えました。

でも、

1つのブラシの中に3本のエラーって多くないですか?

一度、疑念が浮かぶと、負のサイクルが止まらなくなってしまいます。

元々安いのに、50%オフって、どういうこと?

品質がいい加減ってことなんじゃないの?

工場どうなってんの?

品質管理どうなってんの?検品どうしているの?

検品スペシャリストのおばちゃんがいないの?

代わりに、FA(ファクトリーオートメーション)で全部自動化してて、その精度が低いの?

結局、安かろう悪かろうなんじゃないの?

みたいな。

ということで、次回はこの製品を買うのはやめることに決めました。

だって、不快な歯磨きって、1日のスタートダッシュに影響あるじゃないですか。

ましてや、新品で、こんな体験って、テンションガタ落ちになっちゃうじゃないですか。

夜は夜で、これから心安らかに眠りたいのに、歯磨きが不快だったら、休まるもんも休まらないじゃないですか。

 

この替えブラシを使って、間もなく1年です。

これを購入したのが以前のアマゾンブラックフライデーだったと記憶をしているので。

仮に、工場の欠陥品発生確率が、0.1%だったとしても、

私にとっては、33%だか、25%なんですよね。(3個か4個しか使っていないので)

いやー、怖いですよね。たった一発で、顧客を失ってしまうのですから。

提供側からすれば、些細すぎることですが、ユーザーにとっては大ごとなのです。

たった一回でも不快があると、そこにスイッチングコストが大して発生しない商売であれば、それだけで、レッドカードってことがあるんですよね。

この恐怖は、肝に免じておく必要がありますよね。

これぐらいやっときゃいいだろう。これくらいで大丈夫だろう。

そんな気の緩み。些細なミスが、大きな失点につながることがあるんです。

常在戦場。気を抜いている暇などありません。

なんて言いながら、これまたいつも通り、「言うは易く行うは難し」ではあるのですが…

戦場(仕事)において、気を抜けないのだから、オフの時間に徹底的に気を抜くしかありませんよね。

だとすれば、例えば、朝晩の歯磨き。ここは安心・安全に、快適じゃないといけません。

ということは、やっぱり、安心して使える、歯ブラシを使わなきゃいけないってことになりますよね。

やっぱり買い替えしかなさそうです笑
*****
【今日のうねり】
たった一発のミスが、一発レッドカードに繋がることがあるのだ。
だからこそ、常在戦場。気を抜いている暇はない。
でも、24時間365日、気を張ることは不可能なので、オフにいかにリラックスできるか?が重要になる。
オフを安心安全に、快適に過ごす投資は欠かせないのだ。