モチベーションエンジンを点火させ続けるために

最近生活をいろいろ組み直してることもあり、読書ペースが落ちておりました。読む時間をまとまって確保できておらず、途切れ途切れとなっており、
先日書いた、【代表的日本人】を読み終えたところで停滞しておりました。過去に購入したけど、読んでいなかった本をいくつか手に取ったのですが、どうも、どれも読みたい!っていう衝動に駆られず、読み進められておらず…
昨夜、こんなことを口にしてしまいました。
「どんな本が読みたいか?わかんないんだよね、今」
口に出した途端に、「これはいかん!」って思って、速攻行動に移しました。
アマゾンを開き、1クリック!
タイムリーに尊敬している人が、本を紹介していたので、1クリック。

しかも、昨日の20時過ぎに注文したのに、今朝9時30分に届きました!
恐るべし、Amazonのスピード感。
梱包を開封し、本を手に取った時、再びエンジンが点火されました。
その時思ったのです、まさに、
泣くから悲しいのか?悲しいから泣くのか?
笑うから楽しいのか?楽しいから笑うのか?
ってやつです。
間違いなく行動が先で、結果として気分なはずなのです。

どんな本が読みたいから分かんないんだよね=読むモチベーションが湧いてこないんだよね。
こんな等式すら成立しえますが、
そもそもモチベーションが湧く、湧かない。
なんて議論は意味がないのではないか?そんな気がしたのです。
モチベーションが湧かない場合の多くは、行動してないんだと思います。今回の僕のように。

行動しないからモチベーションの議論になるのではないか?
行動がモチベーションを点火し、その点火されたモチベーションが、再び行動を生む
行動が行動を呼ぶメカニズムがあるのではないか?
そんなことを感じたのです。

今回の経験でもう一つ見直そうと思ったことは、アマゾンのカートに入れた、まとめ買いです。
ここ1,2ヶ月、即1クリックではなく、いくつか欲しい書籍を溜めてからのまとめ買いをしていました。
理由は、箱がたくさん届くのは、エコじゃないし、少し煩わしいなと思っていたからです。
しかし、改めて振り返ってみると、まとめ買いした書籍の方が、結果として、読んでないものが多いのではないか?そんな気がしたのです。
データをきちんと取っているわけではないので、ただの直感ですが…

まとめ買いをすれば、大きな箱に書籍が埋め尽くされて届くので、その瞬間はモチベーションや読みたい理由がMAXに上がるんですが…その高まりは一瞬で、継続性がないのかもしれない。時間が経てば、読みたい理由も忘れがちになる。だから、読み残しが増えてしまっているのではないか。
瞬間の高いスパイクがたまに来るよりも、定期的にそこそこのスパイクが来る方が良い。
コントロールできるならそういうリズムを作った方が良さそうです。
そんなことも思いました。
行動しようと思ったら、その場で決着をつける。
買おうと思ったものが、今日みたいに24時間以内に結果が届けば、モチベーションエンジンが点火され続けたままになる。
結果、高炉の火をを絶やさない仕組みになるのではないか?

行動し続けざるを得なくなってしまう、そんなシステムをどう作っていくのか?
それが搭載できるようになれば、モチベーション云々ではない、淡々粛々と前進し続けられるように思うのです。
****
モチベーションの源泉は行動にある。
行動をすれば、モチベーションが点火され、それがさらなる行動のエネルギーになるのだ。
であるならば、その
行動⇒モチベーション⇒行動
のシステムを創ることが出来れば、淡々粛々と前進し続けられるのであろう。
その行動は、まとまって大きなものを作るよりも、小さくても良いから切らさず定期的に行動し続けた方が、良さそうだ。
なぜなら、モチベーションエンジンを決して絶やすことなく、点火させ続けることが出来るからだ。