わずか1.5年で大道芸人になった17歳

今日は実家に帰っていたのですが、
地元の商店街を歩いていると、とんでもない腕前のリフティングをしている少年がいました。
バンバンは足をまたいだリフティングはするわ、背中や肩あるいは頭に止めるわ。座って足をのばしてリフティング。時に脛でもやっていました。極めつけは空中にボールを上げて、片手で逆立ちみたいなピーズを決めて、足の間にボールを挟むわ…とりあえず生で見たことないレベルの高難易度の技を次々とやっていました。
少なくとも僕は10年間サッカーをやっていましたが、彼がいいとも簡単にやっている技を一つもできませんでした

どうやら今日は商店街のイベントで大道芸をやるようで、彼はそれに出演、その準備をしていたようです。
あまりに上手いので、彼にあれこれ質問をしました。
「何歳ですか?」
「17歳です」
「大道芸はもう長いんですか?」
「いや、まだ始めて1年半です」
「え、嘘ですよね!?でも、サッカー、めちゃくちゃうまかったってことですよね!?」
「いや、全然上手くなかったです。リフティングも下手でした」
「そんなことあるんですか。何をきっかけに始めたんですか?」
「僕、今高校3年生なんですけど、みんな受験勉強って言ってサッカーをやらなくなってしまって…でも、ボールを蹴るのは好きだったんで、どうやったら1人でもボールを楽しく蹴れるかなと思って…これ、フリースタイルフットボールっていうんですけど、これに出会いました。これだったら単なるリフティングじゃなくて、いろんな要素があって、面白そうだなと思って始めました。そしてハマりました」
「えぇー。とはいえ一年半で。このレベルまで行くんですか、毎日めっちゃして練習しましたよね!?」
「そうですね、毎日めっちゃ練習しました」
「師匠みたいなのっているんですか?」
「いや、いません。独学です。っていうかフリースタイルフットボールってみんな独学だと思います、YouTube見て勉強しました。
で、僕自身もたった1年半でこんなことができるようになるなんて夢にも思いませんでした

自分が、本当に好きで、それに没頭して、毎日それにフォーカスしたら、自分でも夢にも思わないレベルまで達することができる、わずか1年半でも。
その事実を目の当たりにさせてもらい、
自分が好きなことだったらいくらでも時間を投資できる。
そうしたら、自ずと成果も出てくる。
という、当たり前すぎる事実を教えてもらえました。

本当に凄いと思いました。
たった1.5年で、
ただの遊びでサッカーをやっていた人が、大道芸人として人様の前で実力を披露して、お金をもらうレベルまでになる。

わずか1.5年で人間は変われるようです。
これは年齢も一切関係なくて、
ハマれることに出会って、それをやると決めるか、決めないか。
決めたら全て全投入するかどうか?

それでしかないような気がしました。
そもそも学生だから、投資できる時間も多いんだとは思いますが…
とはいえですよね。
やればできるし、変わろうと願えば、きっと変われるってこと。
どれほど強い気持ちで、そう思うかどうか?
まずは、ただそこだけなような気がしました。

実際、大道芸の本番。
50人ぐらいの老若男女の観衆を前に、堂々と演技を決める彼の姿にいたく、いたく心を動かされました。
****
好きなことに出会って、それに持っているリソースを全投入すれば、
人はわずかな期間でも、自分が想像もし得ない劇的な変化を遂げることが出来る。
そこには、年齢も関係ない。
大切なことは、
やると決めるか?決めないか。
変化を遂げたいと仮に願うなら、どこまで強くそれを願うかどうか?
まずは、それだけなのかもしれない。