「キラーパス」を押し付けられる。それは紳士になるチャンス?

==========
令和3年10月1日  今日もクルクル通信1139号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

サッカーをやっていた時に

ひでぇパスだ

と感じざるを得ないパスを受け取ることがたまにいました。

このひでぇパスっていうのは、例えば、

受け手が、完全に敵を背負っている状態

とか、

2~3人の敵に囲まれている状態

とか、

つまり、とてもボールを受け取れる状態ではないにもかかわらず、押し付けられるパス

のことです。

受け手がそんな状況にもかかわらず、なぜ、出し手はパスするのか?というと、

自分が厳しい局面に立たされているから。

ってことが、一番多いのだと思います。

体力的に限界だったり、ボールコントロールをミスって、ボールを奪われそう、など、理由はいくつもあるとは思いますが、総じて、自分がボールを奪われるのが嫌だから、

とりあえず、このボールを離そう。あっ、あいつが見えた。でも、やばいかも?いいや、出しちゃえ、出しとこう。

みたいな判断が多いのだと思います。

ボールを出された方は、こんな状態でボールを受け取ったとしても、簡単に奪われてしまいますし、そもそも相手にパスカットされて、受け取れないこともあります。

いずれにしても、ボールを奪われてしまう、という未来はほぼ確定しています。

パスを出された方は、「なんでこいつ俺にパス出してんだよ、無理っしょ!?」って感じなんですけど、パスを出した張本人は、

「なんで、ボールを奪われているの??」なんて顔をしている。

これが、ひでぇパスであり、ひでぇ奴です。

ひどいですよね?ほんとに笑

確かに、体力的に、精神的に厳しい状況で、ひでぇパスを繰り出しちゃったことが、なかったのか?と言われれば、私もあります。(だから、これが書けるわけです笑)

でも、そんなパスを出してしまって、相手にボールを奪われてしまうことがあったとしても、

「お前、なんで??」って顔をするのではなく、

「ごめん、俺のパスが悪かった。」って言うし、それを態度で示すために、ボールを奪い返しに行くんだと思うんですよね。

チームスポーツですから。

 

サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする。

という格言があるらしいです。

これ、中学校サッカー部顧問”かっちゃん”の口癖だったのですが、彼以外の口から聞いたことはありません笑

(と言いながら、ググったら、「日本のサッカー界の父」と呼ばれる、デッドマール・クラマーの言葉だそうです。知らずに失礼をしました)

優れた選手というのは、この手のひでぇパスを出すことはありません。

それどころか、できる限り相手が次のプレーがしやすいように、相手の状況を見て、どのあたりにパスを出したら良いのか?

というところまで考えてプレーをしています。

ひでぇパスを出す人は、「自分が厳しい時に、自分ではなく、相手のせいにする。」というマインドセット。

言い換えれば、他責思考だと言えます。もちろん、当時は、他責という言葉すら知らなかったですが。

一方で、優れた選手は、自分のミスを認め、場合によっては、そのミスが相手によるところが大きかったとしても、自分の責任だと思う、自責思考です。

自責思考かどうか?は人間の成熟度に関係がありますよね。

なので、サッカーを通して、自責の人に生まれ変わることができるとしたら、まさに、”かっちゃん”の言葉改め、クラマーの言葉通り、

サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする。

と言えるのでしょう。

おそらく、このひでぇパスってのは、どんなチームスポーツにもあるんだと思います。

同じように、ビジネスでもあるんですよね笑

例えば、今までほぼ関わっていなかったプロジェクトなのに、突然、上司から呼び出しを受けて、

「悪いけど、これやってくんない?」って、依頼を受ける。

とりあえず、「はい!かYes!か喜んで!」の精神で、話を聞いてみると、座組も納期も、予算も、リソースもない。しかも、お客様とも揉めている、トラブルまみれの案件だったみたいな。

なぜ、このタイミングで、このパスが俺に飛んでくるの?

って思わざるを得ないやつです笑

こういう経験ってありませんか?

よくよく話を聞いてみれば、前任者が行き詰って、逃げ出してしまったみたい話だったってことが多いんですよね。

こういう人がいると、必ず、その案件(=パス)を受け取らなきゃいけない人がいる訳ですから、

これって、ひでぇパスであり、ひでぇ奴ですよね。

サッカーの場合は、仮にそれで相手にボールを奪われたとしても、すぐに奪い返すことができることもありますが、進行中のプロジェクトとなかなかそうもいきません。

それでも、パスを受け取った人間は、それこそ1人2人に囲まれていようが、なんとかマイボールをキープして、状況を立て直さなきゃいけません。

言うまでもなく、これって、めちゃ大変なのですが、これができたとすれば、

スポーツにおいてもビジネスにおいても、信頼を勝ち得る人になるんですよね。

紳士と呼ぶにふさわしい人になれるのです。

なので、万が一、相手を仕留める、決定的なチャンスを演出する「キラーパス」ではなく、自分が仕留められかねない「キラーパス」を繰り出されることがあったとしたら、

これは、信頼を勝ち取るチャンスだ。

紳士or淑女になるチャンスだ。

と、自らに言い聞かせ、その難局を打開すべく、身体を張ってプレーをしていく。

禍を転じて福と為す。ピンチをチャンスに変えていく。

そんな精神を持ち合わせていれば、誰もが紳士・淑女になれるのです。
*****
【今日のうねり】
厳しい局面になると、逃げる奴がいる。これは仕方がないことだ。
でも、そんな局面でパスを受け取ることがあったら、チャンスだと思うと良いのだろう。
成長する=紳士になるチャンスであり、信頼を獲得するチャンスになるからだ。
確かに、大変な局面であるが、自責であり、身体を張ってプレーし、乗り越えていく。
どんな商売であれ、これができる人こそが、信頼される人になるのだ。