「あいにく」ではなく、「せっかく」の雨の日曜日。

==========
令和3年10月18日  今日もクルクル通信1155号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨日の日曜日は、「生憎」では、「せっかく」の雨。

美術館に行ってみるか。ふと、そんな気持ちが湧きました。

確かに、劇場に007を見に行くという選択肢もあったのですが、わざわざ混んでいる日曜日に行く気もしませんでした。

『燃えよ剣』もちょっと見たいです。私にとっては、あの話(原作)は、組織論の物語でもありました。

「美術館 東京」でググってみると、まぁ、そこには知らない世界が拡がっていました。

まずは、六本木の国立新美術館。なんと、エヴァンゲリオンの『庵野秀明展』が開催されているじゃないですか!?

ファンにとっては当たり前のことであっても、ずぶの素人にとっては、ニュースでしかありません。

『シン・エヴァンゲリオン』はまだ見ていないのですが、ミーハー心もくすぐられ、いきなりテンションが上がりました。

ただ、案の定、チケットは完売御礼笑

今月内の土日は、夕方までは当然のように完売となっていました。

続いて、渋谷の東急Bunkamura。『甘美なるフランス』というモネ、ルノワールなどの作品展がやっていましたが、

こちらも当然のように当日分は販売終了。

上野の東京都美術館では、『ゴッホ展』が開催されていましたが、こちらも当日分は販売終了。

もう諦め始めていたところ、

あの有名な『バンクシー展』が天王洲アイルの寺田倉庫やっていることを発見!

とは言いながら、バンクシーって聞いたことがあるだけでよく分かっていませんが笑

庵野秀明展に負けず劣らず、テンションが上がるものの、案の定…完売御礼。

結局、雨も強いし、美術館作戦は断念しました。

アートファンの方々、申し訳ありません。土日が混雑しているのは、映画館だけじゃないよ、なめんな!って話です笑

リアルに美術館に行くことはできなかったですが、ググって、その世界をちょろっと覗いただけでも、世界が少しだけ広がりました。

「せっかく」の雨の日曜日に何をやったか?というと、

Amazonプライムで、『ハリーポッターと賢者の石』を見てしまいました。

ブラウジング中に、リコメンドが出てきて、ついついクリックしてしまいました笑

公開時以来ですから、もう10年以上見てなかったですが、相変わらず、めちゃ面白いですね。

あのホグワーツの食堂って、現存するオックスフォード大学の食堂らしいんですが、あれがリアル学食ってオックスフォードの歴史、恐るべしです笑

90分ほど見たところ(クリスマス休暇でハリーが、図書館の閲覧禁止の書架に潜入するところ)でトイレ休憩。

これ、もう1時間見たらやばいな。このまま止まらない可能性アリってことで、そこで昨日分は強制終了させました笑

 

さて、セミナー仲間界隈では、今「100人組み手」なるものが流行っています。

これは何か?

人によって定義がそれぞれあるとは思いますが、一言で言えば、「100人と対話をする」というものです。

私も3年ほど前に「100人プロジェクト」なるものを実施させてもらいました。

このプロジェクトは、「100人にお会いさせてもらって、私(中田)の良いところを聞く」という、とんでもなく、一方的なプロジェクトでしたが笑

(せめてもの罪滅ぼしとして、そこでの会場費は持たせていただきました)

100人と対話するという基本コンセプトは同じです。

これ、やってみると分かるのですが、想像以上に気づきや学びが多いんですよね。

どんな気づきがあるのか?

さすがに100人と対話を繰り返していくと、

自分ってどういう人なのか?

ということが、否が応でも分かるようになっていくんですよね。

他者との対話を通して、自分が相対化されますので、多くの気づきが生まれるのです。

それは何も、

私の良いところはどこだと思いますか?

なんてストレートに聞かなくてもです。私は聞いておりましたが笑

その対話させて頂く相手が、自分と趣味趣向や仕事内容、コミュニティが被っていなければいないほど、その気づきは多くなる傾向にあるとも思います。

なので、可能であれば、共通項が多い人はできるだけ避け、それらが少ない人と対話できると尚良いような気がいたします。

共通項が少なすぎると、話がマジで分からないというリスクもあるかもしれませんが、それはそれでよいんです。

この100人組手の裏テーマ?の一つである、コミュニケーション能力の向上に繋がりますからね。

そもそも共通項が少ない人との会話を盛り上げようとするならば、会話の中で生まれたトピックについての共通理解を生むために、

そのトピックを自分の知っている話に置き換えるとするならば、どういうことか?

と考える必要があり、これを考える行為が抽象度を上げて考えるトレーニングになるんです。

そもそも、他者とサシで、1~2時間の対話を繰り返していれば、コミュニケーション能力は向上していくに決まってもいますよね。

どういうバックグラウンドの人なのか?

どんな仕事をしているのか?

何を大切にしているのか?

やっぱり会話を盛り上げるために、どんなアイスブレイクをするか?

といったことを、少なくとも100回は考え、実行することになりますからね。

時間を頂戴する以上は自分が提供できることはないか?も考えねばならないいですし。

 

知らない世界を覗くことは気づきが多く、それがそのまま、自己への発見や成長にも繋がるんですよね。

外に出なきゃいけません。

少なくとも、まずはバンクシー展と庵野秀明展は行ってみます。
*****
【今日のうねり】
自分の知らない世界に触れると、世界が拡がる
他社との対話もそうだろう。
自分との領域が異なれば異なるほど、その発見、世界の拡がり方は大きくなるのだ。
外に出る。これが大事なのだ。