全ては、リズムから始まる。

==========
令和3年12月1日  今日もクルクル通信1198号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

12月1日です。2021年も残すところ、あと31日となりました。

月並みな表現ではありますが、あっという間に来てしまいましたね。

去年の年末は、再び新型コロナウイルスの感染者数が増え始め、一体世の中はどうなるのか?という不安があふれていたように感じますが、

今年は、変異株オミクロンの報告はあるものの、街には多くの人が出ていて、昨年よりは、落ち着いた感じで過ごせそうな雰囲気が出ていますよね。

皆さんはいかがでしょうか?

ぼぉーとしていると、このままあっという間に年が明けてしまいますから、スタートから躓かないように、この一か月は、助走期間として、入念な準備をしたいところです。

11月あるいは10月から、既に準備をしているという方もいらっしゃるとは思いますが、これからな方は、まずは今年を振り返始めることから始めても良いのかもしれません。

私自身、振り返ってみると、今年の上半期は、社会人になってからの初のモラトリアム期間を経験しました。

そこで、沢木耕太郎と出会い、自分のありたい姿や生きる姿勢、価値観。文章の書き方など、人生の深い部分で、大きな影響を受けました。

過去のあらゆる無駄と思われる時間が、ノンフィクションの書き手にとっては黄金の時間となる。

なんて最高過ぎて、丸暗記しました笑

彼の書籍でそこで紹介されていた、例えば、色川武大や吉村昭、向田邦子などの作品も読むようになり、本の読み方も学びました。

そんな沢木耕太郎一色だった、モラトリアム期間とは打って変わって、下半期は、怒涛の仕事ラッシュ。仕事一色となりました。(うぅ、上半期が懐かしい、愛おしい笑)

大変有難いことに、既に来年上半期にかけて、「一人では対応しきれん!」という程のまとまったお仕事の依頼も頂戴しており、このまま怒涛の日々は続きそうです。

改めて、ここで、ご協力のアナウンスをさせて頂くことがあるかもしれませんが、その際は宜しくお願い申し上げます。

富士急ハイランドの「FUJIYAMA」ばり(って、乗ったことはありませんが)の生活変化の中で、それに対応すべく、日常生活のルーティンを見直し、

4時40分起床。という完全朝型な生活リズムが出来上がりました。土日も関係ありません。

「土日も関係なく働く。生活をする。」という目標を立てていましたが、確実に近づいています。

そろそろ曜日感覚も完全に失いたいところなのですが、お客様が月~金なので、まだその域には辿り着けていません。

まあ完全朝型生活は、数十年ぶりにラクロスをやっていた学生時代に戻っただけなのですが。

余談ですが、2020年1月20日の『Number Ex』によると、「ラクロス人材は就職に強い」と言われているそうで、その理由の一つが「朝に強いこと」らしいです。

朝に強くなりたい学生の方は、是非ラクロスをどうぞ笑

さて、リズムを一定に保つということは、生活はもちろん、仕事においてもめちゃ重要です。

先日食事をご一緒した、スタミナ苑のまこさんも、「1日休むと、体がおかしくなって、4日も休んだら仕事ができなくなるよ。休みたいけど、休めないんだよなー」と言っていましたし、

【練習を一日休むと自分にわかる。

二日休むと批評家にわかる。

三日休むと聴衆にわかる。】

という、ピアニストで、ポーランドの首相も務めた、イグナツィ・パデレフスキの有名な言葉もあります。

沢木耕太郎も、

【文章の原則は、センテンスを短くすることにある。なるべくセンテンスを短くする。

短いセンテンスはボクシングで言えば、ジャブ。これが基本になってリズムを作る。】

と、文章におけるリズムの重要性を語っています。

あるいは、ブックライターの上阪徹さんも、書く力を伸ばすには、「こんな文章を書きたい」と思った人の文章を読みまくる。

その文章のリズムを体に入れ込むことが大事。

という話もされていました。

確かにビジネス書ばかり読んでいると、このブログも、柔らかさが失われる気がしています。「そもそも、柔らかさじゃねーよ」って話もあるかもですが笑

多くの先達が語っているように、仕事においてもリズムは大事なのです。

唐突ですが、乳飲み子の泣き方は国によって異なるそうです。

その理由は、子供が母親の胎内にいる時から、外界の会話を聞いているから。耳に入ってくる、会話から息継ぎの仕方を覚えるために、言語の違いが、そのまま泣き方に反映されているそうです。

生きる根幹でもある、息の仕方にもリズムがあるのですから、仕事や生活においても、リズムを大切にしないわけにはいきませんよね。

クロールをするときも、一定のリズムで息継ぎをしないと、苦しくてスピードも出ませんよね。

ということで、来年も爆裂スタートダッシュを決められるように、入念な準備に取り掛かる。

まずは、生活リズムから整えていくというのもありなのかもしれません。
*****
【今日のうねり】
生活も仕事もリズムも一定に保つことが高いパフォーマンスに繋がる。
クロールだって、一定のリズムで息継ぎをしないとスピードが出ない。
何をどのようにするのか?という以前に、生活の土台となる、リズムを整える。
ここから、全てが始まるのだ。