『”サラリーマンNEO”計画。あなたを組織のネオにする会』のご案内

==========
令和4年2月6日  今日もクルクル通信1264号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

15年ほど前に『サラリーマンNEO』という、途轍もなくふざけたTV番組がありました。

生瀬勝久、沢村一樹、田口浩正、原史奈、中田有紀、中越典子、など実力派?俳優が堂々と真顔でコントをやっているこの番組が好きで、毎週見ていました。

沢村一樹の「セクスィー部長」の番組といえば分かる人もいるかもしれませんが、個人的には、「サラリーマン体操」が、傑作中の傑作でした。

中には、カルロス・ゴーンが登場していたこともあったのですが…今じゃ笑えません。

「これ、アウトじゃないの?」NHKらしからぬギリギリのラインを攻めていて、最高でした。

実際、番組のコンセプトは、「NHKにはない、NHKにしかできない番組」だったようです。

後に、志村けんの『となりのシムラ』やウッチャンの『LIFE』などのコント番組がNHKにも登場しますが、全ての起源は『サラリーマンNEO』にあったのではないか?と思っております。

ただ、未だに、何が”NEO”だったのか?何が”for the new age of office workers”(番組サブタイトル)なのか?は分かりません。

先日、とある方から

「サラリーマンが高い成果を上げるにどうしたら良いのか?中田さんの経験を踏まえて話してもらうことはできませんか?」

というお話を頂戴しました。

振り返ってみれば、以前も同じようなお話を頂戴したことがありましたから、これはもう”シグナル”。見逃すことはできません。

ということで、今回、この辺りをテーマに放談会を実施させて頂くことにしました!

このご依頼は、「サラリーマンとして進化したい」ということですから、超訳をさせて頂けば、

“サラリーマンNEO”になりたい

ってことですよね。ということで、放談会のタイトルは、あの大好きだった、あの番組に倣って、

『”サラリーマンNEO”計画。あなたを組織のネオ(救世主)にする会』

とさせて頂きました。

「どんだけ強引な展開だよ!」というツッコミは今日のところはご勘弁を!

私は、「年次の差は海より深い」という超年功序列?の会社、株式会社電通に新卒で入社し、サラリーマンとしての足腰を10年に渡って鍛えました。

その後、今やグローバルコンサルファームとして上場しているYCP、同じく上場中のエードット(現バードマン)で、さらに、サラリーマンとして進化をし続けてきました。

独立後も、創業したてベンチャーから100億規模、数1000億規模のクライアントとお仕事をさせて頂き、のべ数百名のサラリーマンの方々とお仕事をご一緒させて頂きました。

今回は、その経験の中から、

これができたら、他者と一線を画した、”サラリーマンNEO”になれるだろう。

と、思われるテーマを厳選し、放談形式でお話をさせて頂きます。

現状、テーマは以下を想定しています。(変更する場合もございますが、ご容赦ください。)

・そもそもサラリーマンにとっての”成果”とは何か?

・やっぱり、”ホウレンソウ”が大事。でも、ちゃんとできていますか?”ホウレンソウ”

・言われたことないですか?「君さ、話、長いんだけど。」

・ちゃんとできていますか?質問。「答えてくれない。」は、ぜんぶ、”雪”ではく、自分のせい。

・”イタコ力”、ありますか?

・”ホウレンソウ”のその先へ。言ったことありますか?「”ホウレンソウ”なんてくそくらえ!」。

主な対象者は、上記のテーマの通り、管理職ではなく、平社員の方になりますが、管理職になられていらっしゃる方にとっても、

「確かに、部下がこう動いてくれたらラクだな。明日から部下にこう指示をしよう」というような気づきをご提供できると思いますので、宜しければご参加下さいませ。

2日前のブログで、ティザー的に本件書かせていただきましたが、既に数名の方から参加意向を頂いております!

前のめりなご連絡、ありがとうございます。めっちゃ嬉しいです。

【開催概要】

■日時:2月20日(日)13時~15時 本編90分+質疑応答30分を予定しております。

■形式:オンライン

既に90分の尺では収まらない予感しかしないので、ご好評を頂けるでしたら、番組に倣って、”season化”も検討して行きたいと考えております。

新春のモンストの限定キャラの名前もネオ。

年末年始に公開されていた『マトリックス・リザレクション』の主人公も、救世主ネオ。(発音は、ニィオですかね)

進化系サラリーマンとして、組織のネオ=救世主になりたい、そんなあなたのご参加をお待ちしております。

参加ご希望の方はメッセンジャー、あるいはブログのお問い合わせフォームよりご連絡を下さいませ。詳細、ご連絡を申し上げます。

「ちょっと、気になるかも?」なんて、思った、そこのアナタ、ノリで勢いで申し込めば『ええねん』