“素直さ”は成果に通ずる

==========
令和4年3月22日  今日もクルクル通信1308号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨日は、大学部活同期の田中くん(仮称)と数年ぶりに情報交換をしました。

場所は、一昨日に引き続き東京神田須田町でしたが、変わらず人の量が凄かったです。

昨日ご紹介したかんだやぶそばではなく、同じく日本そばの名店かんだまつやは、やっぱり20人規模の行列ができていました。昼下がりの14時過ぎでこの客入りですから、お昼の時間はさぞ人が集まっていたことでしょう。

やぶそばと比べて、つまみが充実している、まつやは、”蕎麦屋で一杯”を楽しむ方で、休日は開店から閉店まで列が途絶えない印象がありますが…

とは言え、その他のお店も含めて、いつもよりも明らかに人が多かったですね。コロナが明けるから?にしては人が多すぎるので、不思議に思っていたのですが、どうやら、土曜日の『アド街』が神田の名店特集だった。これが原因のようです。

相も変わらずのテレビのメディアパワーを実感。いや、『アド街』のパワーか!?笑

さて、この田中くんは、新卒で、平均給与1,700万。高給で有名なキーエンスに入社し、今はこれまた高給で有名な日本M&Aセンターに勤務しています。

昔から話を聞いてはいましたが、高給である分、仕事がめちゃハードなんですよね。

昨日、話を聞くまでは、どちらの会社も業績連動型の給与体系だと思い込んでいたのですが、実際はまるで違うみたいです。

キーエンスは業績連動ではなく、等級で給与が決まり、成績で賞与に大幅な差が付くわけでもない。一方で、日本M&Aセンターの方は、各人に予算が割り振られ、その達成率で給与が給料が決まるとのことです。

どちらも同じ日本の会社、同じ高給取りにもかかわらず、まるで制度が異なるのがちょっと面白いですよね。それにしても、思い込みってダメっすねw

話を聞いている限りではありますが、現在の会社は、コンサルティングファームに勝るとも劣らない”アップorアウト”の世界があるように感じました。

そんな彼は今は新卒面接もやるそうです。学生と接するようになって、また、出入りの激しい中途社員も見ていて、強く感じることは、

社会人として高いパフォーマンスを発揮できるかどうか?は学生時代にやりきった経験があるか、成功体験があるかどうか?に大きく依存するのではないか?

身も蓋もないが、これって、社会人になってから”後天的”に身に着けることはきわめて難しいのではないか?

だそうです。

彼は、ややラディカルな思想の持ち主なこともありますがw学生時代のラクロスで大きな成果を上げた彼らしい発言だとも思いました。

身体能力もテクニックも特別優れたものを持っていたわけでもないですが、2年生の時から、レギュラーとして活躍をしていましたからね。

一方、私は万年ベンチ要員でしたから、この彼の考えに100%アグリーができるわけがありませんがww

たしかに、学生時代の成功体験の有無が、社会人になってからのパフォーマンスに影響はする。特に、これがある人は、立ち上がりのスピードは速いことが多いようには思います。

とは言え、その成功体験は、仕事を通して十分に得ることができると私は考えています。

ここからは、彼の話の私の勝手な”超訳”になりますが、

目的や課題があった時に、こうやってやれば達成できるのではないか?という自分なりの方法論を持っているか。

これが大事なんじゃないか。と、捉えることができると思います。方法論を”型”と言い換えることもできるでしょう。

成功体験って、結局、成果を上げる型から生まれるものだと思いますので。

実際に、これがある人は、仕事の上でも、その経験則を活かして成果を上げることが多いですからね。ただ、仮にその”型”がなかったとしても、社会に出てからでもいくらでも学ぶことが出来ます。

例えば、その方法の一つが、「”ホウレンソウ“をフル活用する」ことだと私は考えています。

もちろん、他にも方法はいくらでもあると思いますが、どんな方法であろうと、先輩・上司なり、人から学ぶ。真似る。というプロセスは欠かせません。

そのプロセスにおいては、最も重要になるのが、素直さ。ですよね。

一旦はまるッと全てを受け入れる。これがなかったら、学ぶものも学べないんですよね。体に染み込む速度がめちゃ遅くなっちゃいますから。

にもかかわらず、何もわからない、身についてもいないにもかかわらず、自分の考えや主張をしようとする人が多かったりもするんですよね、「なんでかなー」とも思うんですが。

これが、一番損するし、もったいないことだとも思うんですけどね。

素直さと学び。もっと言えば、成果は深いところで、繋がっているのです。
*****
【今日のうねり】
成果は正しい型から生まれる。
その型は、人から学ぶ、真似るのが一番良い方法だろう。
その際に、最も大事なことは、素直であることだ。
どうせ分からないのだから、全てを受け入れる。ここから始まるのだ。
素直さと成果は深いところで繋がっている。
成果は素直さから生まれるのだ。