気分だけは”ロッキー”だった件

==========
令和4年3月27日  今日もクルクル通信1313号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

目覚まし時計を止め、体を起こそうとすると、腹筋に妙なテンションを感じました。ベッドから降りようと右手を付くと、二の腕にも。

床に足をつき、歩き出すと、脇腹、腰周りにも同じようなテンションが。

これは、軽めの筋肉痛だ。と、自覚しました。

あの程度の運動で、筋肉痛になっちゃったのか? 驚きと悲しさが半々。そんな朝でした。

昨日久しぶりに運動をしました。その運動とは、縄跳びです。

ちょうど1週間前、「人間、やればできる」ということをまざまざと示してくれた、幼稚園児にインスパイアされた私は、縄跳びをポチったんです。

二重跳びを100回やりたい!というよりは、お父さんが言っていた、「縄跳びは基礎トレーニングとして良くて、心肺機能まで高まる」に興味を持ったからです。

昼飯を食べた後に、散歩がてら公園に縄跳びを持って出かけました。すると、偶然にも小学校高学年くらいの男女二人も縄跳びをしていました。

彼らがやっていたのは二重跳びの練習。二人とも、10回を超えることができるかどうか?のレベル感です。

改めて、わずか3ヶ月で二重跳びが100回できるようになった幼稚園児6歳児は恐ろしいですよね。

そんな小学生にも触発された私は、二重跳びなんてやるつもりはなかったのに、急にやる気が湧いてきてしまいましたw

まずは、ウォーミングアップに前跳び100回。軽ーく縄を飛び始めました。

10回、20回、30回。気分は完全に「エイドリアーン!!」でお馴染み、ロッキー・バルボアです。さすがに古すぎるか笑

ところが、50回を超えたぐらいからでしょうか。急激に、ふくらはぎに乳酸がたまり始めました。追撃するかのように、腹筋と呼吸も苦しくなってきました。

「ウソでしょ?もしかして、100回もできない?」そんなことが頭によぎった矢先、65回で足がかかってしまいました。

その現実を受け入れることができず、続けざまにもう一度!と思ったのですが、身体がついてきません。

敢え無く、65回で休憩をとることになりましたw

一方で、小学生2人組は、顔を真っ赤にしながら、何度も二重跳びを繰り出しています。

上手くできないから、右手に縄を二つ持って”エア”二重跳びをやるなど、練習をし続けていたのですが、その体力に驚愕しました。いや、驚愕したのは私の体力の低下の方ですね。

5分ぐらい休憩した後、意を決して、前跳び100回に再チャレンジ。

今回はなんとかクリアできましたが、残り20回を切ったあたりからは、ふくらはぎ、腹筋、呼吸に加えて、腕にも疲労を感じるようになり、「早く終わってくれ!」とひたすらに願うっていましたw

100回はクリアできたので、二重跳びにチャレンジをすることにしました。

最初の数回は、小学生同様10回前後で縄が引っかかってしまいましたが、5,6回目のチャレンジで、40回を超えることができました。

100回にはまるで届きませんが、小学生たちを圧倒することはでき、充分満足した私は、そこで縄跳びを切り上げましたw

彼らが私のことを見ていたかどうか?までをチェックする勇気はなかったですが…「おっさん、やるね」って、きっと、見ていたはずです。

さて、運動をしていた正味の時間は10分もなかったとは思いますが、この筋肉痛っぷりにびびった私は、起きて早々、「縄跳び 効果」とかググってしまいましたw

やはり、めちゃ良い運動のようです。

例えば、「METS」という運動の強度を図る指標で言うと、時速8キロのランニングよりも1分100回の縄跳びの方が高い。同じ時間の運動をするなら、縄跳びの方がキツイそうです。

って、100回って容易じゃねーから。と、体験者の私は声を大にして言いたいですが。

他にも、「毎日2000回30日でこんな体ができた」みたいなブログもあるので、ご興味の持った方はぜひ見てみてください。

本当に縄跳びだけですか?と疑わずにはいられないそんな写真もアップされています。まあ私は、今もなお他にもトレーニングをしているだろ!と疑ってもいますがw

自分の体力の低下を除けば、一番想定外だったのは、縄をただ回す。これだけで、二の腕が筋肉痛になるということですね。

確かに思い返してみれば、100回チャレンジ中も、二重跳びをやっている時も、少し腕や手首に疲労がありました。

ダイエットにはまったく関心のない私ですが、これ、間違いなく効果があると思われます。

畳一畳もいらないし、手軽にできますしね。

散歩からの縄跳び。3分×3セットなんてやり続けていたら、けっこう健康が増進されるのではないか?って気がしました。

ということで、まずは、毎日ではないですが、オフィスに縄跳びを常備して、リフレッシュが必要な、15時前後の時間に、これを試してみることにします。

効果が実感出来たら、ここでもレポートいたします。

ススメられたら、とりあえずやってみる。

毎度のことですが、

実際に行動をするのと、しないのとでは、天地の差があります。

相変わらず行動派でいきましょう。
*****
【今日のうねり】
言われたことを実際にやってみるか?
やるか?やらないか?ここに天地の開きがあるのだ。
やるから分かることが沢山あり、それが変化を与えてくれるのだ。
身体を動かす。行動派であり続けるのだ。