誰かの「抜きん出た存在」になる。これだけで人生は、豊かになる

==========
令和4年4月3日  今日もクルクル通信1320号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

聞くのはタダ」大好きな言葉の一つです。「質問するのはタダ」と言い換えても良いかもしれません。

(もちろん、聞くだけで費用がかかる人もいるので、注意が必要なこともありますが)

昨日も、2つ聞いてしまいました。

一つ目は、今週1泊で出張があるのですが、「その町に美味しいお店はないのか?」です。聞いた先はもちろん、ピザと言えばココ!!ピッツェリアロマーナ・イルペンティートの生田さん。

見知らぬ土地に行く時はほぼ100%、彼にお店を聞いています笑

いつも通り、「ここです」と返事をくれました。もちろんですが、必ず行きます。

そして、もう1つは、そのセミナー仲間に、「こういった仕事していませんでしたっけ?ご相談できませんか?」です。

ちょうど、昨日、毎月の恒例鮒谷周史さんのセミナーがあったのですが、聞くだけではなく、セミナー終了後にお時間までもらってしまいました。私の厚かましさ、この上ない!?

だって、彼とはリアルにお会いしたことがなく、といいますか、そもそも連絡を差し上げることも初めてでしたからね。

にもかからず、快く、丁寧にご対応頂き、実際のお仕事に発展するかも分かりません。これはこれで楽しみです。Iさん、本当に有難うございました!

さて、後者に関しては、「同じ釜の飯を食っている」仲間なので、お互い氏素性は分かってるし、いきなり「聞いた」としても、門前払いをされることはないでしょう。

では、前者の生田さんに関しては、どうか?なぜ、気軽に聞けるのか?

もうお付き合いも10年以上になり、氏素性が分かっているから。と言えば、そうかもしれませんが、10年前は、「お前、誰やねん」状態でした。

一瞬逸れますが、「どうして、そんなにお店の人と仲が良いんですか?」という質問をけっこうされるのですが、答えは極めて簡単です。

そのお店(店主)が好きだから。美味いから。そんなお店には、自分のことも好きになってもらいたいから。

これ以外にありません。

じゃあ、どうやってその気持ちを先方に伝えているのか?

これもシンプルな話で、「幸せなら手を叩こう、幸せなら態度で示そうよ。」これだけです。

“頻繁”に通う。行けば、美味いです。と言いまくる。帰る時は、店主に「ご馳走様」を伝える。ただ、これだけです。

どれくらいが、”頻繁”なのか?具体的に言えば、例えば、ランチ営業のお店であれば、週3,4回。これを2週間連続で行う。これを一回やるだけ。

生田さんのお店のように夜だけ営業であれば、週に1回毎週通うを1ヶ月。あるいは、月一回を5か月連続くらいやる。こうすれば、顔なじみになれる=人間関係が構築できるはずです。

理由は簡単、そんなことやる人が、ほとんどいないからです。だから、覚えてもらえるのです。

そんなことやる人がいない。という話で言えば、生田さんに美味しいお店を聞く人もあまりいないそうです。

より正確に言えば、聞く人はいないこともないけど、実際に行く人はほぼいない。らしいです。

「あり得ん!だったら最初から質問すんなよ!」って話なんですが、でも、世の中はこうなっとるようなのです。

でも、私は、行きます。今日も、横浜に行く予定があったので、生田さんに数年前に教えて頂いた、『同發』でチャーシュー買ってきましたw

あれと同じですよ。セミナーや、講演会。古くは、学校の授業でも、質問をする人ってほとんどいない。ことと。

でも、ちゃんと質問すれば、講師に覚えてもらうこともできるし、個別で会う機会に繋がることもありますよね。少なくとも、何もしていない人よりは、人間関係ができることは間違いないじゃないですか。

これとほぼ同じだと思います。

だとすれば、

聞くのはタダ。分からないことがあれば、”しかるべき人”に聞く。聞いたことを実際に行動に移す。

というだけで、少なくとも、その人の中では「抜きん出た存在」になれる。

誰かにとっての「抜きん出た存在」。その誰かの数が増えれば増えるほど、そのジャンルが拡がれば拡がるほど、人生は豊かになっていく。

と思うのですが、いかがでしょうか?

一方で、「しれっと、”しかるべき人”って書いているけどさ、それ、どうやって見つけるの?出会うの?」という質問があるかもしれませんが、

それはまた別の機会に書きたいと思います。
*****
【今日のうねり】
誰かにとっての「抜きん出た存在」になる。これだけで人生は、豊かになる
そのために、欠かせないのが質問をすること。聞くこと。それがご縁を繋ぐ方法だから。
ほとんどの人がそれをしないのだ。だから、こんな簡単でシンプルなことを繰り返すだけで。ご縁は紡がれるし、「抜きん出た」存在にもなれるのだ。
これだ!ッと思った出会いがあれば、聞く。これしかないのだ。